RACE / レース

CULTURE / カルチャー

PRODUCT / プロダクト

COLUMN / コラム

ジロ・デ・イタリア第14ステージ:ゾンコランを制したのはフルーム!イェーツもそれに対応しライバルとのタイム差をさらに広げることに成功!デュムラン踏ん張るも40秒を失う!総合大シャッフル

[caption id="attachment_2356" align="alignnone" width="700"] ©Tim D.Waele/Getty Images[/caption] 戦前から総合勢による大バトルになることはわかっていた。しかし誰が主導権を握るかは未知数だった。そんなステ……

ジロ・デ・イタリア第13ステージ:針の穴を通すように進路をこじ開ける技術!ヴィヴィアーニが他を圧倒する巧みな走りでステージ3勝目!

昨日は脱落して勝機を逃したエリア・ヴィヴィアーニ(クイックステップ・フロアーズ)、そしてそれに対してその大チャンスをきちんと制して勝利をつかんだサム・ベネット(ボーラ・ハンスグロエ)だったが、二日連続で同じ轍は踏まないとばかりに組織力を見せたクイックステップ・フロアーズの組織力をバックに、ヴィヴィア……

ジロ・デ・イタリア第12ステージ・雨のイモラで跳ね馬となったのはサム・ベネット!荒れた展開の中でスプリントらしからぬ混戦でタイミングよく飛び出し勝利!

イモラサーキットと言えばフェラーリ、そして雨のイモラはF1で多くのドラマを生み出してきた。そして土砂降りとなった今年のジロ・デイタリア第12ステージのイモラサーキットゴールは混沌とした展開となった。スプリント勝負が予測されたが、天気も影響して完全に入り乱れた状態で、どのチームが主導権を握っているのか……

ジロ・デ・イタリア第11ステージ:激坂頂上決戦を制したのはマリアローザのサイモン・イェーツ!独走でデュムラン振り切り勝利!フルームはまた大きくタイムロスで激動の総合バトル続く!

今大会は連覇を狙うトム・デュムラン(チームサンウェブ)と、3大グランツール連続総合優勝を狙うクリス・フルーム(チームスカイ)が圧倒的な総合優勝候補に挙げられていた。しかしながらふたを開けてみれば、デュムランは好調さを維持しているものの、それ以外にダークホースや予想にも上がらなかった名前がズラリと総合……

ジロ・デ・イタリア第10ステージ:最長ステージでミッチェルトン・スコットのチャベスが餌食に!ライバル総出でチャベスを脱落させることに成功、ステージは途中から飛び出したモホリッチが制す!

総合優勝争いに向け数的優位に立ったと思われていたミッチェルトン・スコットだったが、休息日明けの今大会最長ステージにまさかの落とし穴が待っていた。前ステージで総合2位へとジャンプアップしたエステバン・チャベス(ミッチェルトン・スコット)だったが、アレルギーにより体調が芳しくなく前半で遅れてしまう。追い……

ジロ・デ・イタリア第9ステージ:休息日前の頂上決戦、制したのは総合リーダーのイェーツ!チャベスと共に総合ワン・ツー!デュムランは12秒、フルームとアルーは1分以上のタイムロス!

[caption id="attachment_2318" align="alignnone" width="700"] ©Tim D.Waele/Getty Images[/caption] 休息日前の頂上ゴールは、間違いなく頂上決戦となるのだ。今年もその慣習は健在ながらも、積極的ではなく地味に……

ジロ・デ・イタリア第8ステージ:新鋭カラパズが飛び出し単独ゴール!新人賞ジャージをキープしながらチームのエースに!フルーム終盤落車も盛り返す、ピノーはボーナスタイム削り総合4位浮上

最後は雨が強く選手たちを打ち付ける中、優勝候補のクリス・フルーム(チームスカイ)が終盤でまさかの落車、何とかタイムロスは防いだものの、今大会ここまでまだ何か歯車があっていないようだ。そんなステージを制したのはエクアドル人初のグランツールライダーとなったリチャード・カラパズ(モビスター)だった。最後に……

ジロ・デ・イタリア第7ステージ:サム・ベネットがヴィヴィアーニ撃破!ようやく今大会初勝利!総合勢は安泰の一日

勝てなかった日々にさようなら、サム・ベネット(ボーラ・ハンスグロエ)が渾身のスプリントでポイント賞ジャージを着用するエリア・ヴィヴィアーニ(クイックステップ・フロアーズ)に真っ向勝負を挑み、そして見事今大会初ステージ優勝を獲得した。 [caption id="attachment_2303……

ジロ・デ・イタリア第6ステージ:ミッチェルトン・スコットのダブルエース炸裂!エトナ火山頂上バトルで大逃げのチャベスが勝利!S.イェーツが2位で総合リーダーへとジャンプアップ!

[caption id="attachment_2291" align="alignnone" width="700"] ©Tim D.Waele/Getty Image[/caption] あまりにも見事なミッチェルトン・スコットのダブルエースによるワン・ツーだった。逃げ集団にいたエステバン・チ……

ジロ・デ・イタリア第5ステージ:バッタリンが昨日の雪辱!タイミングよく飛び出し見事勝利!アスタナのエースロペスは残り5kmで落車で大きく順位を失う

毎ステージのように新しい顔が優勝争いに加わり、誰かが泣き、誰かが笑うのが勝負の世界。昨日のステージでティム・ウェレンス(ロット・フィックスオール)の加速についていくことができずに3位に沈んだエンリコ・バッタリン(ロットNLジャンボ)だったが、この日は完全に主役の座を奪い勝利をもぎ取って見せた。 ……