新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

ジロ・デ・イタリア第14ステージ:デュムランが会心の一撃でライバルたちを粉砕!キンターナやニーバリもその餌食に!マイペースで粘った末に攻撃、これがデュムランスタイル ジロ・デ・イタリア第16ステージ選手コメント:「ライバルのアクシデントでタイムが稼げても嬉しくないよ」〜デュムラン、 「ただ今年のジロが極めてレベルが高いってことだよ」〜ニーバリ ジロ・デ・イタリア第15ステージ:クラッシックレースさながらのステージは総合勢による少数スプリントに!制したのはユンゲルス!クイックステップはチーム5勝目!キンターナ2位、ピノー3位 ジロ・デ・イタリア第13ステージ選手コメント:「 ガヴィリアが頭の回転が速いからなんだよ。だからあんなややこしい中でもきっちりとゴールまでの進路を思い描けるんだよ」〜リケーゼ ツアー・オブ・カリフォルニア第6ステージ:TTで総合勢シャッフル!ベネットが総合リーダーに!ステージ優勝はジョナサン・ディベンが想定外の勝利! ジロ・デ・イタリア第13ステージ:スプリントステージを制したのはまたしてもがヴィリア!ステージ連勝で今大会早くも4勝目!冴えるリケーゼのアシストワーク!ベネットまた勝てず ジロ・デ・イタリア第12ステージコメント:「誰かステージスタートの会場まで乗せてくれない?チームバスは僕を置いていくことを決めて行ってしまったよ(笑)。」〜ゲシュケ ツアー・オブ・カリフォルニア第5ステージ:勝利がなかったキャノンデール・ドラパックにようやく美酒の味、タランスキーが山岳ステージ勝利で総合でもジャンプアップ!
日本最大のステージレース「ツール・ド・北海道国際大会」は、今年で20周年を迎える。今年は道北の中心都市旭川市をスタートし、最終日を札幌市の中心部にある大通(おおどおり)公園のクリテリウムで終える。5ステージ6日間、総延長734kmのロードレースである。参加チームは、海外6カ国、国内登録チーム8チーム、学生6チームの全20チーム。100名の選手が参加する。
出場選手一覧

  速報:盛一大(愛三工業)がプロローグ2連覇達成
  リザルト:ステージ成績
  フォトギャラリー:プロローグ

  速報・ライブ:ウェズリー・サルツバーガーが集団スプリントを制す
  リザルト:サルツバーガーが33人のゴール勝負を制し勝利 マラカイトは盛が死守
  リザルト:ステージ成績 総合成績
  フォトギャラリー:第1ステージ

  速報・ライブ:宮澤崇史が逃げ切りステージ優勝
  リザルト:ラスト2kmからの逃げ!チームバンの宮澤がステージ、総合、ポイント賞総なめ
  リザルト:ステージ成績 総合成績
  フォトギャラリー:第2ステージ

  速報・ライブ:西谷泰治(愛三工業)がスプリントを制し個人総合も獲得
  リザルト:北のスプリンター・西谷が愛三工業に再びマラカイトを取り戻す
  リザルト:ステージ成績 総合成績
  フォトギャラリー:第3ステージ

  速報・ライブ:スプリントを制したヴィズィアック(NIPPO)が昨年に続きステージ2勝目
  リザルト:岡崎の後を継ぎヴィズィアックが勝利。愛三工業は西谷のマラカイトを死守
  リザルト:ステージ成績 総合成績
  フォトギャラリー:第4ステージ

  速報・ライブ:ヴィズイアックが優勝。総合優勝は西谷の手に
  リザルト:西谷泰治(愛三工業)が第20回記念大会覇者に
  リザルト:ステージ成績 総合成績
  フォトギャラリー:第5ステージ
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check