新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

SCIENCE:DHではどの姿勢が一番速いのか、フルーム、サガン、ニーバリ、パンターニらの特徴的なDHフォームを科学的に検証 ジロ・デ・イタリア第16ステージ:デュムランに悪夢!総合リーダーの座を守るも腹痛で雉撃ち、前代未聞のタイムロス!ステージを制したのはニーバリ、総合勢上位は一気に僅差に ジロ・デ・イタリア第16ステージ選手コメント:「糞のせいでリアルにくそっ!だよ。」「流石に漏らすという選択肢はなかったよ。」「糞出して軽くなった分下りでは速かっただろ。」〜デュムラン ジロ・デ・イタリア第17ステージ選手コメント:「僕はここに野糞をしたことで歴史に名を残しに来たんじゃない。ミラノでマリア・ローザを着ていることで歴史に名を刻みたいんだよ。(笑)」〜デュムラン ジロ・デ・イタリア第17ステージ:逃げは乗らなきゃ当たらない!ローランが逃げ集団から飛び出してようやく勝利!総合勢は今日は一休み ジロ・デ・イタリア第16ステージ選手コメント:「ライバルのアクシデントでタイムが稼げても嬉しくないよ」〜デュムラン、 「ただ今年のジロが極めてレベルが高いってことだよ」〜ニーバリ ジロ・デ・イタリア第15ステージ:クラッシックレースさながらのステージは総合勢による少数スプリントに!制したのはユンゲルス!クイックステップはチーム5勝目!キンターナ2位、ピノー3位 ツアー・オブ・カリフォルニア第6ステージ:TTで総合勢シャッフル!ベネットが総合リーダーに!ステージ優勝はジョナサン・ディベンが想定外の勝利!
2008/5/6 2:18

土壇場の出場権獲得劇、アスタナのジロ出場が正式決定


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
ジロ・デ・イタリア開幕が1週間後に迫った2008年5月4日、レース主催者のRCSスポルトは出場チームリストから外していたアスタナのレース出場を正式に決定した。コンタドール、ライプハイマー、クレーデンの強力な3名を擁するアスタナは一躍マリアローザ最有力候補に名乗りを挙げた。

レース主催者RCSスポルトが2008年2月に発表した出場チームリストの中にアスタナの文字は無かった。衝撃的な「アスタナ外し」の理由としてRCSスポルトは「モチヴェーションの低さ」を挙げていた。

しかし4月にアスタナチームはRCSスポルトに「有力選手をレースに送り込むこと」を条件に出場を再申請。そして今回、レース総合ディレクターのアンジェロ・ソメニャン氏がアスタナの出場にGOサインを出した。

更にRCSスポルトはチームハイロードの出場も認め、出場チーム数は一つ増えて22チームに。アスタナとチームハイロードの出場決定により、逆にプロコンチネンタルチームのNGCメディカルOTCが出場チームリストから外れた形だ。

もちろんアスタナは今回の決定を大歓迎。ヨハン・ブリュイネール監督はチームウェブサイトの中で「出場チームを再考したRCSスポルトに感謝したい。ステージレースでのベストチーム(アスタナ)をレースに出場させないことは間違いであり、レースに損害を与えるということに気づいたのだろう」と述べている。

その反面、現実的にはレース開幕1週間前の出場決定は大きなハンデだ。ブリュイネール監督は「グランツールに向けての準備は、選手にとってもスタッフにとっても徹底したプランニングが必要。3週間のレースに出場するためには、シーズン通してのトレーニングプログラムを変更する必要がある。開幕1週間前の決定は大きなチャレンジだ。でもモチヴェーションの高いチームをレースに送り込むことを約束するよ」と、自信をのぞかせている。

アスタナの出場決定によりマリアローザ争いの勢力図は大きく描き変えられる。ディフェンディングチャンピオンのダニーロ・ディルーカ(イタリア、LPRブレーキ)や表彰台の常連ジルベルト・シモーニ(イタリア、セッラメンティPVC)を中心にマリアローザ争奪戦が繰り広げられると予想されたが、ここにアスタナ勢が大きく割って入ることに。

2007年ツール・ド・フランス総合優勝者のアルベルト・コンタドール(スペイン)、2008年ツアー・オブ・カリフォルニア総合優勝者リーヴァイ・ライプハイマー(アメリカ)、そして直前のツール・ド・ロマンディ総合優勝者のアンドレアス・クレーデン(ドイツ)。イタリアのグランツールに初出場するこの3名がチームの柱となってマリアローザを狙う。

他にもウラディミール・グセフ(ロシア)やマキシム・イグリンスキー(カザフスタン)など、強力なアシスト勢が出場予定だ。出場22チームの中で随一のチーム力を誇る。台風の目になること間違い無しだ。

ジロ・デ・イタリア2008アスタナ出場選手(暫定)
アッサン・バザイエフ(カザフスタン)
アントニオ・コロム(スペイン)
アルベルト・コンタドール(スペイン)
ウラディミール・グセフ(ロシア)
マキシム・イグリンスキー(カザフスタン)
アンドレアス・クレーデン(ドイツ)
リーヴァイ・ライプハイマー(アメリカ)
アンドレイ・ミズロフ(カザフスタン)
デミトリ・ムラフエフ(カザフスタン)

text:Kei TSUJI
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:SIXTH_310x174_20150826(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. SCIENCE:DHではどの姿勢が一番速いのか、フルーム、サガン、ニーバリ、パンターニらの特徴的なDHフォームを科学的に検証 2. ジロ・デ・イタリア第16ステージ:デュムランに悪夢!総合リーダーの座を守るも腹痛で雉撃ち、前代未聞のタイムロス!ステージを制したのはニーバリ、総合勢上位は一気に僅差に 3. ジロ・デ・イタリア第16ステージ選手コメント:「糞のせいでリアルにくそっ!だよ。」「流石に漏らすという選択肢はなかったよ。」「糞出して軽くなった分下りでは速かっただろ。」〜デュムラン 4. ジロ・デ・イタリア第17ステージ選手コメント:「僕はここに野糞をしたことで歴史に名を残しに来たんじゃない。ミラノでマリア・ローザを着ていることで歴史に名を刻みたいんだよ。(笑)」〜デュムラン 5. ジロ・デ・イタリア第17ステージ:逃げは乗らなきゃ当たらない!ローランが逃げ集団から飛び出してようやく勝利!総合勢は今日は一休み 6. ジロ・デ・イタリア第16ステージ選手コメント:「ライバルのアクシデントでタイムが稼げても嬉しくないよ」〜デュムラン、 「ただ今年のジロが極めてレベルが高いってことだよ」〜ニーバリ 7. ジロ・デ・イタリア第15ステージ:クラッシックレースさながらのステージは総合勢による少数スプリントに!制したのはユンゲルス!クイックステップはチーム5勝目!キンターナ2位、ピノー3位 8. ツアー・オブ・カリフォルニア第6ステージ:TTで総合勢シャッフル!ベネットが総合リーダーに!ステージ優勝はジョナサン・ディベンが想定外の勝利! 9. ジロ・デ・イタリア第14ステージ:デュムランが会心の一撃でライバルたちを粉砕!キンターナやニーバリもその餌食に!マイペースで粘った末に攻撃、これがデュムランスタイル 10. サイクリングウェア ブランドナビ

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013