新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

2008/1/11 11:52

製品レビュー 東京サンエス

One By ESU ジェイカーボンハンドル 小柄な日本人にフィットする幅360mmからラインナップ


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
One By ESU ジェイカーボンハンドル 幅:360・380mm
『One By ESU ジェイカーボンハンドル 幅:360・380mm』
One By ESU ジェイカーボンハンドル 幅:400・420mm
『One By ESU ジェイカーボンハンドル 幅:400・420mm』
カーボンモノコックによるエルゴノミック形状
『カーボンモノコックによるエルゴノミック形状』
ショートリーチと握りやすさを実現した曲げ形状
『ショートリーチと握りやすさを実現した曲げ形状』
東京サンエスがリリースする新ブランド「OnebyESU=ワンバイエス」。そのカーボンハンドルに注目してみた。オリジナル設計のそれはなんと幅360mmから取り揃えられ、今まで幅が広すぎてカーボンハンドルの使用を見送っていた小柄な人に福音の製品だ。

シェイプはすでに人気の高かった同社のDixnaジェイフィットシリーズにならっているが、素材がアルミより造形の自由度が高いモノッコックカーボンだけに、より最適化が図られている。ハンドル上部は掌にフィットするエルゴノミック・シェイプ。裏面にはケーブルを沿わせる窪みもつけられている。

幅は360・380・400・420mmの4種。重量は360mm幅で209gとじゅうぶん軽量だ。同社によれば「世界的に実績のあるカーボン専門メーカーに生産を依頼するオリジナルデザインのフルカーボンモノコックモデル。世界基準のデザインに軽量化だけを追求する事なく人気のDixnaジェイフィットシリーズの流れを汲む日本人に合ったポジション設定にこだわった製品。ショートリーチと共に、上下移動が近い設定のトップより73mm以下のドロップ部分は、アール形状が自然で持ち変えを全く意識させないスムーズ性を実現し、さらに上腕がトップに接触しないようデザインされている。トップの面と曲線は手の平を置きやすいのと共に、部分的な圧迫を回避し、指のかかりも良いためトップポジションにおいてもスピードアップを図りやすい。勿論カーボンの特性である振動吸収性と、必要以上に硬すぎない剛性を確保し、レーシングシーンでの使用にも耐えうる性能を持つ」とのこと。

製品の開発に参加した同社勤務の清野慶太さん(元全日本チャンピオン)が使用した印象では「ハンドル部をまったく持ち替えないで済むほどフィット感が高く、小柄な人にも最適なものに仕上がった」ということだ。

尚セッティングのコツとしてブラケットを地面に平行に、ハンドルトップを若干前下がりに設定する事が勧められている。

One By ESU ジェイカーボンハンドル

360・380・400・420mm(C-C)

重量

209g(360mm)

ドロップ・リーチ 130・75mm
税込小売価格 23,940円(本体22,800円)  UD仕上げ、カーボンモノコック
OnebyESU=ワンバイエス

One By ESU ジェイカーボンハンドル グラフィックス

text:Ryotaro.HIRONO
photo:東京サンエス
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. ジロ・デ・イタリア第16ステージ選手コメント:「負けは負け、それを認めなければいけないのもレース、そして勝者への尊敬の忘れてはいけないのもレースなんだよ。」〜ニーバリ 2. ジロ・デ・イタリア第17ステージ:あれ?誰もついて来ないの?でクルーゲがまさかの勝利!ニッツォーロはホームでも勝てずまたしても2位!総合勢は最終決戦前の中休み 3. ジロ・デ・イタリア第16ステージ:明暗くっきり!中級山岳で総合直接バトル!バルベルデがジロ初勝利!クルイシュウィック2位で首位盤石!ニーバリ大きく遅れ総合4位後退 4. ジロ・デ・イタリア第18ステージ:ヒーローは遅れてやってくる!トレンティンが追走から追いつきゴール前で一気にごぼう抜き!ブランビッラと1−3!山本元喜も逃げてステージ23位 5. どうなる来シーズン?2016年度末でIAMサイクリングが解散に、ティンコフも未だ解散予定のまま、なぜグランツールの放送権収益分散は行われないか?来シーズンへ向けた移籍話も早くも浮上 6. ジロ・デ・イタリア第19ステージ:大波乱!クルイシュウィックとザッカリンが下りで落車で骨折!チャベス大逆転で総合リーダーに!ステージ優勝は先手を打ち続けたニーバリ、総合でも2位に! 7. アメリカ自転車産業界に激震、トゥルーテンパーが自転車用鋼管製造停止を発表、アメリカのビルダー達にとっては厳しい状況に、ハンドメイドフレーム再興に水を差す格好となる可能性も 8. サイクリングウェア ブランドナビ 9. ジロ・デ・イタリア第15ステージ:山岳TTで波乱の連続!総合リーダーのクルイシュウィックが爆走でライバル全員にタイム差!ニーバリ大ブレーキ!プロコンチのフォリフォロフが大金星! 10. 上達するには正しいフォームで登って登りまくるべし!

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013