新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

2008/1/11 11:52

製品レビュー 東京サンエス

One By ESU ジェイカーボンハンドル 小柄な日本人にフィットする幅360mmからラインナップ


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
One By ESU ジェイカーボンハンドル 幅:360・380mm
『One By ESU ジェイカーボンハンドル 幅:360・380mm』
One By ESU ジェイカーボンハンドル 幅:400・420mm
『One By ESU ジェイカーボンハンドル 幅:400・420mm』
カーボンモノコックによるエルゴノミック形状
『カーボンモノコックによるエルゴノミック形状』
ショートリーチと握りやすさを実現した曲げ形状
『ショートリーチと握りやすさを実現した曲げ形状』
東京サンエスがリリースする新ブランド「OnebyESU=ワンバイエス」。そのカーボンハンドルに注目してみた。オリジナル設計のそれはなんと幅360mmから取り揃えられ、今まで幅が広すぎてカーボンハンドルの使用を見送っていた小柄な人に福音の製品だ。

シェイプはすでに人気の高かった同社のDixnaジェイフィットシリーズにならっているが、素材がアルミより造形の自由度が高いモノッコックカーボンだけに、より最適化が図られている。ハンドル上部は掌にフィットするエルゴノミック・シェイプ。裏面にはケーブルを沿わせる窪みもつけられている。

幅は360・380・400・420mmの4種。重量は360mm幅で209gとじゅうぶん軽量だ。同社によれば「世界的に実績のあるカーボン専門メーカーに生産を依頼するオリジナルデザインのフルカーボンモノコックモデル。世界基準のデザインに軽量化だけを追求する事なく人気のDixnaジェイフィットシリーズの流れを汲む日本人に合ったポジション設定にこだわった製品。ショートリーチと共に、上下移動が近い設定のトップより73mm以下のドロップ部分は、アール形状が自然で持ち変えを全く意識させないスムーズ性を実現し、さらに上腕がトップに接触しないようデザインされている。トップの面と曲線は手の平を置きやすいのと共に、部分的な圧迫を回避し、指のかかりも良いためトップポジションにおいてもスピードアップを図りやすい。勿論カーボンの特性である振動吸収性と、必要以上に硬すぎない剛性を確保し、レーシングシーンでの使用にも耐えうる性能を持つ」とのこと。

製品の開発に参加した同社勤務の清野慶太さん(元全日本チャンピオン)が使用した印象では「ハンドル部をまったく持ち替えないで済むほどフィット感が高く、小柄な人にも最適なものに仕上がった」ということだ。

尚セッティングのコツとしてブラケットを地面に平行に、ハンドルトップを若干前下がりに設定する事が勧められている。

One By ESU ジェイカーボンハンドル

360・380・400・420mm(C-C)

重量

209g(360mm)

ドロップ・リーチ 130・75mm
税込小売価格 23,940円(本体22,800円)  UD仕上げ、カーボンモノコック
OnebyESU=ワンバイエス

One By ESU ジェイカーボンハンドル グラフィックス

text:Ryotaro.HIRONO
photo:東京サンエス
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:Canyon_20140823 (Low)
AD:CyclingExpress (EC70)
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. ブエルタ・ア・エスパーニャ第6ステージ:始まった頂上決戦第1ラウンド、仕掛けたのはホアキン、しかし制したのはバルベルデ!フルームとコンタドールも絶好調で揃い踏み 2. MTNキュベカの大補強絶賛進行中!ボアッソン・ハーゲンが移籍決定、ボスは秒読み、さらにスプリンターをターゲットに続々補強予定、狙うはワールドツアーライセンスか? 3. ブエルタ・ア・エスパーニャ第7ステージ:デ・マルキが大金星の逃げ切り勝利!フルームはまさかの落車もゴールスプリントでライバルにタイム差をつける走り! 4. ブエルタ・ア・エスパーニャ第8ステージ:スプリント勝負は俺のもの!完璧な距離感と飛び出しと靭やかさでブーハニが強力スプリンター達を粉砕!怪童サガンがお目覚めのステージ3位 5. ブエルタ・ア・エスパーニャ第6ステージ選手コメント:「チームのエースはあくまでもキンターナだよ。でもそれでもチャンスが有れば僕も狙うよ。まあその結果はどうなるかはいずれわかるよ。」 6. ブエルタ・ア・エスパーニャ第8ステージ選手コメント:「アシストしてくれたのはベンナーティじゃなくて、”蒸気機関車”だよ。(笑)」 7. 遂にアロンソのチームF.A.C.Tが始動?UCIに正式にライセンス申請、しかしレギュレーションに沿い原則10月1日までは選手との交渉は一切なし、アロンソの夢物語一体どうなる? 8. ペダリング技術の向上で実力は上がる? 9. ブエルタ・ア・エスパーニャ第7ステージ選手コメント:「今日最後に仕掛けたのは、”僅か1秒、されど1秒”、そんな勝負になりそうな気がしているからさ。」 10. 創業125年の老舗が魅せる国産の原点とは、ミヤタから最高級のハンドメイド実用車が限定発売!究極の実用車が今ここに!コンセプトは「一生ものの自転車」

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ジロ・デ・ロンバルディア2013

ロード世界選手権2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013