新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

2008/1/11 11:52

製品レビュー 東京サンエス

One By ESU ジェイカーボンハンドル 小柄な日本人にフィットする幅360mmからラインナップ


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
One By ESU ジェイカーボンハンドル 幅:360・380mm
『One By ESU ジェイカーボンハンドル 幅:360・380mm』
One By ESU ジェイカーボンハンドル 幅:400・420mm
『One By ESU ジェイカーボンハンドル 幅:400・420mm』
カーボンモノコックによるエルゴノミック形状
『カーボンモノコックによるエルゴノミック形状』
ショートリーチと握りやすさを実現した曲げ形状
『ショートリーチと握りやすさを実現した曲げ形状』
東京サンエスがリリースする新ブランド「OnebyESU=ワンバイエス」。そのカーボンハンドルに注目してみた。オリジナル設計のそれはなんと幅360mmから取り揃えられ、今まで幅が広すぎてカーボンハンドルの使用を見送っていた小柄な人に福音の製品だ。

シェイプはすでに人気の高かった同社のDixnaジェイフィットシリーズにならっているが、素材がアルミより造形の自由度が高いモノッコックカーボンだけに、より最適化が図られている。ハンドル上部は掌にフィットするエルゴノミック・シェイプ。裏面にはケーブルを沿わせる窪みもつけられている。

幅は360・380・400・420mmの4種。重量は360mm幅で209gとじゅうぶん軽量だ。同社によれば「世界的に実績のあるカーボン専門メーカーに生産を依頼するオリジナルデザインのフルカーボンモノコックモデル。世界基準のデザインに軽量化だけを追求する事なく人気のDixnaジェイフィットシリーズの流れを汲む日本人に合ったポジション設定にこだわった製品。ショートリーチと共に、上下移動が近い設定のトップより73mm以下のドロップ部分は、アール形状が自然で持ち変えを全く意識させないスムーズ性を実現し、さらに上腕がトップに接触しないようデザインされている。トップの面と曲線は手の平を置きやすいのと共に、部分的な圧迫を回避し、指のかかりも良いためトップポジションにおいてもスピードアップを図りやすい。勿論カーボンの特性である振動吸収性と、必要以上に硬すぎない剛性を確保し、レーシングシーンでの使用にも耐えうる性能を持つ」とのこと。

製品の開発に参加した同社勤務の清野慶太さん(元全日本チャンピオン)が使用した印象では「ハンドル部をまったく持ち替えないで済むほどフィット感が高く、小柄な人にも最適なものに仕上がった」ということだ。

尚セッティングのコツとしてブラケットを地面に平行に、ハンドルトップを若干前下がりに設定する事が勧められている。

One By ESU ジェイカーボンハンドル

360・380・400・420mm(C-C)

重量

209g(360mm)

ドロップ・リーチ 130・75mm
税込小売価格 23,940円(本体22,800円)  UD仕上げ、カーボンモノコック
OnebyESU=ワンバイエス

One By ESU ジェイカーボンハンドル グラフィックス

text:Ryotaro.HIRONO
photo:東京サンエス
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
AD:SIXTH_310x174_20141009(lower)
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. 今年も追い込まれたサミュエル・サンチェス、BMCが契約延長を打診せず再び引退の危機、迷走する元オリンピック金メダリスト、大してベテランのマンセーボはスカイダイブ 2. 2015年度はアワーレコードが大ブームの予感!次々現る挑戦者、誰が世界最速の男の称号を奪い取るのか?思わぬ伏兵にもチャンスが有るのがこの競技、アラーレコード戦国時代突入か 3. バレットからA-Lineのウィンタージャージが新発売!大人気のSPEEDが全6色で登場!今年の冬はこれでキメろ! 4. 究極のカーボンホイールを引っさげSIXTH componenntsがいよいよ販売開始!数少ない日本発のパーツブランドが遂に暴れだす!ハイセンスと機能美をストイックに追い求める異端児降臨! 5. 6%の資金不足はライセンス拒否、チームの半数がドーピング疑惑はライセンス発行の怪:いったい自転車レースは誰のもの?信頼回復という名の夢物語 6. どうする新城?選手は自由意志で移籍可能に?ヨーロッパカーが予算不足でプロツールライセンス発行されず 7. サイクリングウェア ブランドナビ 8. 部屋でも楽しめる自転車ライフ:自転車関係の有名な歌といえば・・・青春サイクリング、Bicycle Race・・・etc 9. アスタナに条件付きでライセンス発行へ、多くの関係者からUCIに対し失望の声、「これでどうやって信頼を回復するのか?」、果たして今回のライセンス発行は妥当なのか? 10. パドヴァ調査報告書オペレーション”ミト”がドーピングの泥沼を明らかに、アスタナには組織的ドーピング関与の疑い、カチューシャとランプレも所属、元所属選手の名前がリストにズラリ

SHOP

AD:K&M CYCLE_130x80_20141009

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013