新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

2008/1/11 11:52

製品レビュー 東京サンエス

One By ESU ジェイカーボンハンドル 小柄な日本人にフィットする幅360mmからラインナップ


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
One By ESU ジェイカーボンハンドル 幅:360・380mm
『One By ESU ジェイカーボンハンドル 幅:360・380mm』
One By ESU ジェイカーボンハンドル 幅:400・420mm
『One By ESU ジェイカーボンハンドル 幅:400・420mm』
カーボンモノコックによるエルゴノミック形状
『カーボンモノコックによるエルゴノミック形状』
ショートリーチと握りやすさを実現した曲げ形状
『ショートリーチと握りやすさを実現した曲げ形状』
東京サンエスがリリースする新ブランド「OnebyESU=ワンバイエス」。そのカーボンハンドルに注目してみた。オリジナル設計のそれはなんと幅360mmから取り揃えられ、今まで幅が広すぎてカーボンハンドルの使用を見送っていた小柄な人に福音の製品だ。

シェイプはすでに人気の高かった同社のDixnaジェイフィットシリーズにならっているが、素材がアルミより造形の自由度が高いモノッコックカーボンだけに、より最適化が図られている。ハンドル上部は掌にフィットするエルゴノミック・シェイプ。裏面にはケーブルを沿わせる窪みもつけられている。

幅は360・380・400・420mmの4種。重量は360mm幅で209gとじゅうぶん軽量だ。同社によれば「世界的に実績のあるカーボン専門メーカーに生産を依頼するオリジナルデザインのフルカーボンモノコックモデル。世界基準のデザインに軽量化だけを追求する事なく人気のDixnaジェイフィットシリーズの流れを汲む日本人に合ったポジション設定にこだわった製品。ショートリーチと共に、上下移動が近い設定のトップより73mm以下のドロップ部分は、アール形状が自然で持ち変えを全く意識させないスムーズ性を実現し、さらに上腕がトップに接触しないようデザインされている。トップの面と曲線は手の平を置きやすいのと共に、部分的な圧迫を回避し、指のかかりも良いためトップポジションにおいてもスピードアップを図りやすい。勿論カーボンの特性である振動吸収性と、必要以上に硬すぎない剛性を確保し、レーシングシーンでの使用にも耐えうる性能を持つ」とのこと。

製品の開発に参加した同社勤務の清野慶太さん(元全日本チャンピオン)が使用した印象では「ハンドル部をまったく持ち替えないで済むほどフィット感が高く、小柄な人にも最適なものに仕上がった」ということだ。

尚セッティングのコツとしてブラケットを地面に平行に、ハンドルトップを若干前下がりに設定する事が勧められている。

One By ESU ジェイカーボンハンドル

360・380・400・420mm(C-C)

重量

209g(360mm)

ドロップ・リーチ 130・75mm
税込小売価格 23,940円(本体22,800円)  UD仕上げ、カーボンモノコック
OnebyESU=ワンバイエス

One By ESU ジェイカーボンハンドル グラフィックス

text:Ryotaro.HIRONO
photo:東京サンエス
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:Canyon_310x174_20141009(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
AD:SIXTH_310x174_20141009(lower)
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. UCIの改革案とその内容とは?レーススケジュールの再編とチーム構成変更、サラリーキャップ制の導入など、現実できだがどこまで実現可能か全く読めない改革案のその行方は? 2. ツール・ド・フランス2015プレゼンテーション:オランダスタートの第102回大会は再び山岳クライマー決戦か?ユイの壁に石畳、クラシックレースがそのままステージとなる難関大会の予感 3. ツール・ド・フランス2015へのそれぞれの思い、コンタドールとニーバリはジロ〜ツールダブルをターゲットに!フルームはツールスキップを示唆し、ジロ〜ブエルタのダブル狙いか? 4. ジャパンカップ2014:勝ち方を知った男の先制攻撃ズバリ!ハースがスプリントを制し2度目の栄冠!ホーム戦虚しく、日本勢惨敗、上位勢は外国人選手が独占、これが現実的世界との差か 5. アスタナ大ピンチ!ドーピング問題が連続したことでプロツールライセンスの発行見直しへ!?ニーバリ、アルーらの運命やいかに?アスタナブルーは何処へゆく? 6. サイクリングウェア ブランドナビ 7. UCIシクロクロスワールドカップ第1戦:ラース・ファン・デル・ハールが昨年度の再現!オープニングレースを快走で制す!鉄人ネイスはチェーン切れでリタイア 8. UCIが2017シーズンを目処にロードレースの大改革を断行予定?思惑とは裏腹に進まぬ交渉、果たしてどうなる?問題山積、反対の声も多数、クックソンの目指す改革は果たしてどうなる? 9. カーボンってそんなにいいの?カーボンフレームのメリット&デメリット、カーボンの可能性とこれからの方向性を考える 其の一 10. 2014/2015シクロクロスシーズンが開幕、ところでシクロクロスってどんな競技?前知識を持ってみるともっと面白いシクロクロス!これであなたもシクロクロスに首ったけ!

SHOP

AD:K&M CYCLE_130x80_20141009

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013