新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

2008/1/11 11:52

製品レビュー 東京サンエス

One By ESU ジェイカーボンハンドル 小柄な日本人にフィットする幅360mmからラインナップ


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
One By ESU ジェイカーボンハンドル 幅:360・380mm
『One By ESU ジェイカーボンハンドル 幅:360・380mm』
One By ESU ジェイカーボンハンドル 幅:400・420mm
『One By ESU ジェイカーボンハンドル 幅:400・420mm』
カーボンモノコックによるエルゴノミック形状
『カーボンモノコックによるエルゴノミック形状』
ショートリーチと握りやすさを実現した曲げ形状
『ショートリーチと握りやすさを実現した曲げ形状』
東京サンエスがリリースする新ブランド「OnebyESU=ワンバイエス」。そのカーボンハンドルに注目してみた。オリジナル設計のそれはなんと幅360mmから取り揃えられ、今まで幅が広すぎてカーボンハンドルの使用を見送っていた小柄な人に福音の製品だ。

シェイプはすでに人気の高かった同社のDixnaジェイフィットシリーズにならっているが、素材がアルミより造形の自由度が高いモノッコックカーボンだけに、より最適化が図られている。ハンドル上部は掌にフィットするエルゴノミック・シェイプ。裏面にはケーブルを沿わせる窪みもつけられている。

幅は360・380・400・420mmの4種。重量は360mm幅で209gとじゅうぶん軽量だ。同社によれば「世界的に実績のあるカーボン専門メーカーに生産を依頼するオリジナルデザインのフルカーボンモノコックモデル。世界基準のデザインに軽量化だけを追求する事なく人気のDixnaジェイフィットシリーズの流れを汲む日本人に合ったポジション設定にこだわった製品。ショートリーチと共に、上下移動が近い設定のトップより73mm以下のドロップ部分は、アール形状が自然で持ち変えを全く意識させないスムーズ性を実現し、さらに上腕がトップに接触しないようデザインされている。トップの面と曲線は手の平を置きやすいのと共に、部分的な圧迫を回避し、指のかかりも良いためトップポジションにおいてもスピードアップを図りやすい。勿論カーボンの特性である振動吸収性と、必要以上に硬すぎない剛性を確保し、レーシングシーンでの使用にも耐えうる性能を持つ」とのこと。

製品の開発に参加した同社勤務の清野慶太さん(元全日本チャンピオン)が使用した印象では「ハンドル部をまったく持ち替えないで済むほどフィット感が高く、小柄な人にも最適なものに仕上がった」ということだ。

尚セッティングのコツとしてブラケットを地面に平行に、ハンドルトップを若干前下がりに設定する事が勧められている。

One By ESU ジェイカーボンハンドル

360・380・400・420mm(C-C)

重量

209g(360mm)

ドロップ・リーチ 130・75mm
税込小売価格 23,940円(本体22,800円)  UD仕上げ、カーボンモノコック
OnebyESU=ワンバイエス

One By ESU ジェイカーボンハンドル グラフィックス

text:Ryotaro.HIRONO
photo:東京サンエス
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:SIXTH_310x174_20150826(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. ランプレが中国資本受け入れで、来シーズンは史上初の中国登録のワールドツアーチーム誕生へ、この裏で追い込まれたのはバーレン・メリダ、選手獲得に暗雲立ち込める 2. ブエルタ・ア・エスパーニャ第7ステージ:ファン・へネッチェンが予想外のスプリント勝利!不運再び!コンタドールまさかのゴール前落車!連日の救済措置で総合は順位変わらず 3. ブエルタ・ア・エスパーニャ第8ステージ:総合バトル勃発!激坂カンペローナ頂上ゴールで総合シャッフル!キンターナ、バルベルデが総合ワン・ツー!ラグティンが逃げ切りステージ優勝 4. ブエルタ・ア・エスパーニャ第6ステージ:双子のアダムにゃ〜負けられん!サイモン・イェーツが独走勝利で吠えた!総合勢のバトルが予測されたが誰も動かず、沈黙の山岳に 5. ブエルタ・ア・エスパーニャ第9ステージ:天晴デラ・クルズ!プロ初勝利はブエルタでの逃げ切りステージ優勝!そしてそのまま一気に総合リーダージャージまでをも奪取! 6. サイクリングウェア ブランドナビ 7. ブエルタ・ア・エスパーニャ第5ステージ:ミアーズマンが快心のスプリント勝利で2勝目!主催者が不手際を陳謝もクライズワイクが落車で鎖骨骨折リタイア、救済措置で総合は変わらず 8. RIVELLOから限定でCATチタン製チェーンリングが登場!10月に日本上陸が決定の新たな非真円チェーンリングブランドが限定で「真円」チェーンリングを先行発売!期間限定の限定生産! 9. 人が自転車で上れる限界の勾配とは?人は一体どこまで己の力のみで坂を登っていけるのだろう 10. ブエルタ・ア・エスパーニャ第4ステージ:連日の逃げ切り勝利、カルメジャーネがグランツール初出場でいきなりの勝利!逃げたアタプマが総合リーダーに!総合有力勢タイム差つかず

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013