新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

2008/1/11 11:52

製品レビュー 東京サンエス

One By ESU ジェイカーボンハンドル 小柄な日本人にフィットする幅360mmからラインナップ


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
One By ESU ジェイカーボンハンドル 幅:360・380mm
『One By ESU ジェイカーボンハンドル 幅:360・380mm』
One By ESU ジェイカーボンハンドル 幅:400・420mm
『One By ESU ジェイカーボンハンドル 幅:400・420mm』
カーボンモノコックによるエルゴノミック形状
『カーボンモノコックによるエルゴノミック形状』
ショートリーチと握りやすさを実現した曲げ形状
『ショートリーチと握りやすさを実現した曲げ形状』
東京サンエスがリリースする新ブランド「OnebyESU=ワンバイエス」。そのカーボンハンドルに注目してみた。オリジナル設計のそれはなんと幅360mmから取り揃えられ、今まで幅が広すぎてカーボンハンドルの使用を見送っていた小柄な人に福音の製品だ。

シェイプはすでに人気の高かった同社のDixnaジェイフィットシリーズにならっているが、素材がアルミより造形の自由度が高いモノッコックカーボンだけに、より最適化が図られている。ハンドル上部は掌にフィットするエルゴノミック・シェイプ。裏面にはケーブルを沿わせる窪みもつけられている。

幅は360・380・400・420mmの4種。重量は360mm幅で209gとじゅうぶん軽量だ。同社によれば「世界的に実績のあるカーボン専門メーカーに生産を依頼するオリジナルデザインのフルカーボンモノコックモデル。世界基準のデザインに軽量化だけを追求する事なく人気のDixnaジェイフィットシリーズの流れを汲む日本人に合ったポジション設定にこだわった製品。ショートリーチと共に、上下移動が近い設定のトップより73mm以下のドロップ部分は、アール形状が自然で持ち変えを全く意識させないスムーズ性を実現し、さらに上腕がトップに接触しないようデザインされている。トップの面と曲線は手の平を置きやすいのと共に、部分的な圧迫を回避し、指のかかりも良いためトップポジションにおいてもスピードアップを図りやすい。勿論カーボンの特性である振動吸収性と、必要以上に硬すぎない剛性を確保し、レーシングシーンでの使用にも耐えうる性能を持つ」とのこと。

製品の開発に参加した同社勤務の清野慶太さん(元全日本チャンピオン)が使用した印象では「ハンドル部をまったく持ち替えないで済むほどフィット感が高く、小柄な人にも最適なものに仕上がった」ということだ。

尚セッティングのコツとしてブラケットを地面に平行に、ハンドルトップを若干前下がりに設定する事が勧められている。

One By ESU ジェイカーボンハンドル

360・380・400・420mm(C-C)

重量

209g(360mm)

ドロップ・リーチ 130・75mm
税込小売価格 23,940円(本体22,800円)  UD仕上げ、カーボンモノコック
OnebyESU=ワンバイエス

One By ESU ジェイカーボンハンドル グラフィックス

text:Ryotaro.HIRONO
photo:東京サンエス
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:mizuma_310x174_20141231(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. 見苦しいドタバタ劇、根拠ないままベルギー有力選手ミーウセンらにUCIシクロクロス世界選手権の出場許可おりず、スポーツ裁判所へ提訴の結果逆転で出場へ、選手達の人権を考えるべき時 2. UCIシクロクロス最終戦フーゲルハイド:今シーズン台頭のマシュー・ファン・デル・ポエルが圧巻の走りで最終戦独走勝利!パウエルスは年間総合王者を獲得! 3. ツール・ド・サン・ルイ第7ステージ:お待たせいたしました!マン島ミサイル、カベンディッシュがアルゼンチンで遂にお目覚め!総合はディアスが2度めの総合優勝! 4. ツアー・ダウン・アンダー第6ステージ:デニスが総合優勝!エヴァンスは引退レースで表彰台を獲得!最終ステージはウィッパートが力勝負で競り勝つ! 5. サイクリングウェア ブランドナビ 6. 誰もが憧れる華麗なるクライミング!気持ちの切り替えと簡単な意識改革でクライミングテクをスキルアップ!考えで変わる走りの質を実感せよ 7. ツール・ド・サン・ルイ第6ステージ:脅威の南米チーム再び!ダ・シルヴァがエースの総合勝利を前祝いのステージ勝利!地元南米勢が圧倒的に大暴れの今大会の凄さ 8. ツアー・ダウン・アンダー第5ステージ:激戦のウィルンガの丘決戦はリッチー・ポートが復活の勝利!しかしデニスが意地と根性で喰らいつき総合は譲らず! 9. 冬場の室内で60分で出来る簡単トレーニング、室内トレーナーを使って外でのトレーニング並の効果あるトレーニングを行おう! 10. ツアー・ダウン・アンダー第4ステージ:大落車発生で怪我人続出!免れたヴァン・ホフが渾身のスプリントでUniSAに今大会2勝目をもたらす!波乱のレースは今後に影響の可能性

SHOP

AD:K&M CYCLE_130x80_20141009

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013