新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中
2007/10/20 20:54

パリ〜ブレスト〜パリ2007参加レポート vol.2

夜明けに迎えたピンチ


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
− 第2日目 8月21日(火) −

PBPでおなじみのパン屋
『PBPでおなじみのパン屋。LA FLEUR DE PAINS』
強い雨が降ってきた
『第1CPのモルターニュの手前で強い雨が降ってきた』
どの街の中心にも教会がある
『どの街の中心にも教会がある』
やっと明るい空が見えてきた
『やっと明るい空が見えてきた』
シュラフにくるまって仮眠する飯塚氏
『シュラフにくるまって仮眠する飯塚氏』
一番左はブルターニュの旗
『第3CPのフジュール手前。一番左はブルターニュの旗だ。』
デアックのカフェテリアの様子
『デアックのカフェテリアの様子』
■ランタンルージュの帯

大集団に包まれて、交通規制が敷かれたサンカンタン市街を快適に進んだ。雨も小降りになってきた。もう深夜だというのに、ロンポワン(ロータリー)ごとに、街の人々から熱心な応援を受けた。飯塚氏のペースが上がり気味なので「押さえていきましょう」とアドバイスする。

30分も走るとサンカンタン市を抜け出て、真っ暗闇になってしまった。雨は止んだようだ。寒さもさほど厳しくない。向かう先の丘には幻想的なランタンルージュ(テールランプ)の帯が続いている。嬉しくなり「またPBPに帰ってこれたね」と須藤氏に声をかけた。

アップダウンを繰り返しつつ、10数kmごとに小さな街を通り抜けていく。コース上のすべての交差点には反射素材の矢印が出ているので、これを見逃さなければミスコースの心配はない。街の中では中央分離帯に要注意だ。集団内から何度も「アタンシオーン(気をつけて)」と声があがる。

■早くも単独走に

8/21(火) 午前2時、65km地点。大勢のサイクリストが止まっている。水やコーヒーをふるまってくれるPBPでおなじみのパン屋だ。夜中なのに小さな子供がボトルに水を満たしてくれて驚いた。沿道の住民にとってもPBPは4年に1回のお祭りで、日本の大晦日のような感覚なのだろう。

午前4時半。きのうの昼はずっと仮眠していたのでまだ眠気は感じない。最初のチェックポイント(CP)まであと10kmくらいだ。パワーバーをかじりながら長い登りを進んでいると、いきなり強い雨が降ってきた。脱いでいたレインウェアを慌てて身に着けた。

5時半前。140km地点 第1CPのモルターニュ到着。センチュリーライドならあと20kmでゴールだけど、まだ全行程の10分の1強に過ぎない。カフェテリアへ行きハムサンドを食べて6時15分に出発。

まだ真っ暗で雨も降っている。モルターニュを出てしばらくすると、後ろにいた飯塚氏と須藤氏がいない。パンクで遅れたのだろうか。30分ほど待ったけどやって来ない。仕方なく単独で進むことにした。

■フランスの大地を走る

夜が明けた。北海道を思わせるようなゆるやかな丘がいくつも広がっている。はるか遠くに教会の尖塔が霞んで見えている。フランスを走っている実感が湧き上がってくる。雨は止んだけれど代わりに向かい風が強くなってきた。いいペースで進む集団が来た。これに合流させてもらうことにしよう。

10時半。222km地点 第2CPのビレイン到着。スタートからほぼ12時間。膝を労わるため初日はペースを控えて走るつもりなので予定通りのペースだ。ここで飯塚氏と須藤氏に合流できた。どうやら私が止まっている間に先行してしまったらしい。軽く食事して1時間ほどで出発。

途中から雨が降ってきたけれどすぐに止み、雲間から明るい空が見えてきた。長い登りが増えてきた。途中で、飯塚氏が「ガマンできない」とシュラフを道端に広げて眠り始めた。私も少し眠かったので付き合って30分ほどまどろんだ。

17時15分。310km地点 第3CPのフジュール到着。雨や仮眠のせいもあるけど、少々ペース悪し。450km地点のルデアックに行けばサポート隊が設営してくれたテントでじっくり寝ることができるが、このままだと到着がかなり遅れそうだ。チキンとパスタで腹ごしらえして50分ほどで出発。

■早くもピンチ

単調な景色に退屈していたら、左ひざの靭帯に微かな違和感を感じ始めた。やばい、今までもブルベで何回か痛めているので、このPBPでも膝痛に苦しむ覚悟はしていたけど、まさか序盤から調子が悪くなるとは思わなかった。まだ800kmもある。どうしよう。

20時40分。365km地点 第4CPのタンテニアック到着。本格的に膝が痛み始めたら飯塚氏、須藤氏と一緒に走れない。少しでも早く先に進みたかったので、彼らに先立って21時15分に出発。すぐに日が暮れて、また真っ暗闇の世界だ。ここはもうブルターニュ地方だ。丘のアップダウンのスケールが大きくなってきた。

膝痛との付き合いは長いのでコツは分かっている。私の場合はトライアスリートのようにサドルの前に座り、バー下を握り前傾を深くすると、膝へのダメージが少なくなるようだ。快調に距離を稼いでいたが、日付が変わる頃また雨が落ちてきた。夜の雨は辛い。

冷えのせいか左膝の違和感が強くなってきた。とたんにペースがガクンと落ちる。やがて須藤氏と飯塚氏が追いついてきた。しばらく一緒に走ってもらったが、あまりにペースが違いすぎる。申し訳ないので「別行動で行きましょう」と告げて、先に行ってもらった。

8月22日(水)1時50分 450km地点 第5CP ルデアック着。通過チェックと食事を手早く済ませて、サポート隊が設営してくれたテントへ。タオルで体を拭き、Tシャツと短パンに着替えてすっきりできた。膝にモビラート軟膏を塗ってケア。3時過ぎに寝袋にもぐりこんで、夢を見ることもなく熟睡した。


パリ〜ブレスト〜パリ2007 グラフィックス

photo&text:tb1

←パリ〜ブレスト〜パリ2007参加レポート vol.1 vol.3→
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:SIXTH_310x174_20150826(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 2. トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 3. サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 4. サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 5. 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 6. 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 7. メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 8. 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中 9. 人が自転車で上れる限界の勾配とは?人は一体どこまで己の力のみで坂を登っていけるのだろう 10. オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感!

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013