新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

SCIENCE:DHではどの姿勢が一番速いのか、フルーム、サガン、ニーバリ、パンターニらの特徴的なDHフォームを科学的に検証 ジロ・デ・イタリア第16ステージ:デュムランに悪夢!総合リーダーの座を守るも腹痛で雉撃ち、前代未聞のタイムロス!ステージを制したのはニーバリ、総合勢上位は一気に僅差に ジロ・デ・イタリア第16ステージ選手コメント:「糞のせいでリアルにくそっ!だよ。」「流石に漏らすという選択肢はなかったよ。」「糞出して軽くなった分下りでは速かっただろ。」〜デュムラン ジロ・デ・イタリア第17ステージ選手コメント:「僕はここに野糞をしたことで歴史に名を残しに来たんじゃない。ミラノでマリア・ローザを着ていることで歴史に名を刻みたいんだよ。(笑)」〜デュムラン ジロ・デ・イタリア第17ステージ:逃げは乗らなきゃ当たらない!ローランが逃げ集団から飛び出してようやく勝利!総合勢は今日は一休み ジロ・デ・イタリア第16ステージ選手コメント:「ライバルのアクシデントでタイムが稼げても嬉しくないよ」〜デュムラン、 「ただ今年のジロが極めてレベルが高いってことだよ」〜ニーバリ ジロ・デ・イタリア第15ステージ:クラッシックレースさながらのステージは総合勢による少数スプリントに!制したのはユンゲルス!クイックステップはチーム5勝目!キンターナ2位、ピノー3位 ツアー・オブ・カリフォルニア第6ステージ:TTで総合勢シャッフル!ベネットが総合リーダーに!ステージ優勝はジョナサン・ディベンが想定外の勝利!
2007/10/20 20:54

パリ〜ブレスト〜パリ2007参加レポート vol.2

夜明けに迎えたピンチ


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
− 第2日目 8月21日(火) −

PBPでおなじみのパン屋
『PBPでおなじみのパン屋。LA FLEUR DE PAINS』
強い雨が降ってきた
『第1CPのモルターニュの手前で強い雨が降ってきた』
どの街の中心にも教会がある
『どの街の中心にも教会がある』
やっと明るい空が見えてきた
『やっと明るい空が見えてきた』
シュラフにくるまって仮眠する飯塚氏
『シュラフにくるまって仮眠する飯塚氏』
一番左はブルターニュの旗
『第3CPのフジュール手前。一番左はブルターニュの旗だ。』
デアックのカフェテリアの様子
『デアックのカフェテリアの様子』
■ランタンルージュの帯

大集団に包まれて、交通規制が敷かれたサンカンタン市街を快適に進んだ。雨も小降りになってきた。もう深夜だというのに、ロンポワン(ロータリー)ごとに、街の人々から熱心な応援を受けた。飯塚氏のペースが上がり気味なので「押さえていきましょう」とアドバイスする。

30分も走るとサンカンタン市を抜け出て、真っ暗闇になってしまった。雨は止んだようだ。寒さもさほど厳しくない。向かう先の丘には幻想的なランタンルージュ(テールランプ)の帯が続いている。嬉しくなり「またPBPに帰ってこれたね」と須藤氏に声をかけた。

アップダウンを繰り返しつつ、10数kmごとに小さな街を通り抜けていく。コース上のすべての交差点には反射素材の矢印が出ているので、これを見逃さなければミスコースの心配はない。街の中では中央分離帯に要注意だ。集団内から何度も「アタンシオーン(気をつけて)」と声があがる。

■早くも単独走に

8/21(火) 午前2時、65km地点。大勢のサイクリストが止まっている。水やコーヒーをふるまってくれるPBPでおなじみのパン屋だ。夜中なのに小さな子供がボトルに水を満たしてくれて驚いた。沿道の住民にとってもPBPは4年に1回のお祭りで、日本の大晦日のような感覚なのだろう。

午前4時半。きのうの昼はずっと仮眠していたのでまだ眠気は感じない。最初のチェックポイント(CP)まであと10kmくらいだ。パワーバーをかじりながら長い登りを進んでいると、いきなり強い雨が降ってきた。脱いでいたレインウェアを慌てて身に着けた。

5時半前。140km地点 第1CPのモルターニュ到着。センチュリーライドならあと20kmでゴールだけど、まだ全行程の10分の1強に過ぎない。カフェテリアへ行きハムサンドを食べて6時15分に出発。

まだ真っ暗で雨も降っている。モルターニュを出てしばらくすると、後ろにいた飯塚氏と須藤氏がいない。パンクで遅れたのだろうか。30分ほど待ったけどやって来ない。仕方なく単独で進むことにした。

■フランスの大地を走る

夜が明けた。北海道を思わせるようなゆるやかな丘がいくつも広がっている。はるか遠くに教会の尖塔が霞んで見えている。フランスを走っている実感が湧き上がってくる。雨は止んだけれど代わりに向かい風が強くなってきた。いいペースで進む集団が来た。これに合流させてもらうことにしよう。

10時半。222km地点 第2CPのビレイン到着。スタートからほぼ12時間。膝を労わるため初日はペースを控えて走るつもりなので予定通りのペースだ。ここで飯塚氏と須藤氏に合流できた。どうやら私が止まっている間に先行してしまったらしい。軽く食事して1時間ほどで出発。

途中から雨が降ってきたけれどすぐに止み、雲間から明るい空が見えてきた。長い登りが増えてきた。途中で、飯塚氏が「ガマンできない」とシュラフを道端に広げて眠り始めた。私も少し眠かったので付き合って30分ほどまどろんだ。

17時15分。310km地点 第3CPのフジュール到着。雨や仮眠のせいもあるけど、少々ペース悪し。450km地点のルデアックに行けばサポート隊が設営してくれたテントでじっくり寝ることができるが、このままだと到着がかなり遅れそうだ。チキンとパスタで腹ごしらえして50分ほどで出発。

■早くもピンチ

単調な景色に退屈していたら、左ひざの靭帯に微かな違和感を感じ始めた。やばい、今までもブルベで何回か痛めているので、このPBPでも膝痛に苦しむ覚悟はしていたけど、まさか序盤から調子が悪くなるとは思わなかった。まだ800kmもある。どうしよう。

20時40分。365km地点 第4CPのタンテニアック到着。本格的に膝が痛み始めたら飯塚氏、須藤氏と一緒に走れない。少しでも早く先に進みたかったので、彼らに先立って21時15分に出発。すぐに日が暮れて、また真っ暗闇の世界だ。ここはもうブルターニュ地方だ。丘のアップダウンのスケールが大きくなってきた。

膝痛との付き合いは長いのでコツは分かっている。私の場合はトライアスリートのようにサドルの前に座り、バー下を握り前傾を深くすると、膝へのダメージが少なくなるようだ。快調に距離を稼いでいたが、日付が変わる頃また雨が落ちてきた。夜の雨は辛い。

冷えのせいか左膝の違和感が強くなってきた。とたんにペースがガクンと落ちる。やがて須藤氏と飯塚氏が追いついてきた。しばらく一緒に走ってもらったが、あまりにペースが違いすぎる。申し訳ないので「別行動で行きましょう」と告げて、先に行ってもらった。

8月22日(水)1時50分 450km地点 第5CP ルデアック着。通過チェックと食事を手早く済ませて、サポート隊が設営してくれたテントへ。タオルで体を拭き、Tシャツと短パンに着替えてすっきりできた。膝にモビラート軟膏を塗ってケア。3時過ぎに寝袋にもぐりこんで、夢を見ることもなく熟睡した。


パリ〜ブレスト〜パリ2007 グラフィックス

photo&text:tb1

←パリ〜ブレスト〜パリ2007参加レポート vol.1 vol.3→
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:SIXTH_310x174_20150826(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. SCIENCE:DHではどの姿勢が一番速いのか、フルーム、サガン、ニーバリ、パンターニらの特徴的なDHフォームを科学的に検証 2. ジロ・デ・イタリア第16ステージ:デュムランに悪夢!総合リーダーの座を守るも腹痛で雉撃ち、前代未聞のタイムロス!ステージを制したのはニーバリ、総合勢上位は一気に僅差に 3. ジロ・デ・イタリア第16ステージ選手コメント:「糞のせいでリアルにくそっ!だよ。」「流石に漏らすという選択肢はなかったよ。」「糞出して軽くなった分下りでは速かっただろ。」〜デュムラン 4. ジロ・デ・イタリア第17ステージ選手コメント:「僕はここに野糞をしたことで歴史に名を残しに来たんじゃない。ミラノでマリア・ローザを着ていることで歴史に名を刻みたいんだよ。(笑)」〜デュムラン 5. ジロ・デ・イタリア第17ステージ:逃げは乗らなきゃ当たらない!ローランが逃げ集団から飛び出してようやく勝利!総合勢は今日は一休み 6. ジロ・デ・イタリア第16ステージ選手コメント:「ライバルのアクシデントでタイムが稼げても嬉しくないよ」〜デュムラン、 「ただ今年のジロが極めてレベルが高いってことだよ」〜ニーバリ 7. ジロ・デ・イタリア第15ステージ:クラッシックレースさながらのステージは総合勢による少数スプリントに!制したのはユンゲルス!クイックステップはチーム5勝目!キンターナ2位、ピノー3位 8. ツアー・オブ・カリフォルニア第6ステージ:TTで総合勢シャッフル!ベネットが総合リーダーに!ステージ優勝はジョナサン・ディベンが想定外の勝利! 9. ジロ・デ・イタリア第14ステージ:デュムランが会心の一撃でライバルたちを粉砕!キンターナやニーバリもその餌食に!マイペースで粘った末に攻撃、これがデュムランスタイル 10. サイクリングウェア ブランドナビ

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013