新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感! 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中
2007/1/12 12:16

ジョラジャ・マレーシア2007

イランの総攻撃受け飯島首位失う


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
アスカリ、ソラビ、ミズバニ
『アスカリ、ソラビ、ミズバニの3人のイラン人選手が仕掛けて逃げ切った』
集団
『イラン3人を逃がしてしまった集団』
ミズバニ
『ステージ優勝はミズバニ。イランの1,2,3フィニッシュが決まった』
アスカリ、ソラビ、ミズバニ
『アスカリ、ソラビ、ミズバニの3人のイラン人の1,2,3フィニッシュが決まった。』
ジョラジャ・マレーシア(UCI2.2)第1ステージで優勝し、リーダーを守っていた飯島誠(日本ナショナルチーム/ブリヂストンアンカー)だが、第4ステージの山岳でイランチーム3人の攻撃を受けて遅れてしまった。

第2ステージは雨でコース短縮。第3ステージでも飯島はリーダーを堅く守った。

タイ国境に近いブキット・ブンガ〜ゲリックで行われた第4ステージは、今大会中でもっとも難しい本格的な山岳ステージ。ここでアスカリ、ソラビ、ミズバニの3人のイラン人選手が仕掛けて逃げ切った。飯島はこの作戦の前に8分24秒の遅れを喫し、リーダージャージをソラビに明け渡す結果になった。ステージ優勝はミズバニ。イランの1,2,3フィニッシュが決まった。

スタートから豪雨となったこのステージだが、イランの勢いは止められなかった。アスカリは「スタートからゴールまでハードなレースになったが、狙い通り。僕らはこのステージが山岳賞と総合優勝を決めるということを知っていた。そしてイイジマが山岳でそれほど強くないことも知っていた。この日に備えて待っていたんだ」と語った。

第3ステージ終了時点で飯島は「もしチームメイトがリーダーになるなら構わないが、イランと香港チームがとても強力に思える。彼らはここまで力を溜めているように見える。しかし日本ナショナルチームは皆が調子いい」と語っていた。

イラン勢の攻撃の前に、調子の良いアジア大会金メダリストのワン・カンポー(香港)でさえ3分36秒の遅れをとり、総合6位に転落。残るチャンスはステージ争いのみとなっている。

レースは12日までだが、残りステージは平坦路中心のため飯島や日本ナショナルチームの逆転は難しそうだ。


第3ステージ結果(161.4km)
1 MANAN, Anuar L2A 3:44:53
2 ANUAR AZIZ, Mohd Saiful MSN 3:44:53
3 SERGEY, Kudentsov DMP 3:44:53
13 飯島  誠 JPN 3:44:53
42 阿部 良之 JPN 3:44:53
44 廣瀬  敏 JPN 3:44:53
95 清水 良行 JPN 3:47:38
96 増田 成幸 JPN 3:47:38
98 飯野 嘉則 JPN 3:49:21

第4ステージ結果(139.3km)
1 ASHKARI, Hossein GNT  3:25:55
2 SOHRABI, Mehdi TPC   3:25:55
3 MIZBANI, Ghader GNT   3:25:55
11 阿部 良之  JPN 3:29:31
29 飯島  誠  JPN 3:34:19
39 廣瀬  敏  JPN 3:34:19
45 増田 成幸  JPN 3:41:45
66 清水 良行 JPN 3:42:28
79 飯野 嘉則  JPN 3:55:52


第4ステージを終えての個人総合成績
1 SOHRABI, Mehdi TPC 11:40:49
2 ASHKARI, Hossein GNT 11:41:12
3 JUST, Thomas TFC 11:44:42
8 阿部 良之 JPN 11:45:00
15 飯島  誠 JPN 11:48:43
26 廣瀬  敏 JPN 11:49:48
65 増田 成幸 JPN 12:04:00
68 清水 良行 JPN 12:04:43
80 飯野 嘉則 JPN 12:20:03


ジョラジャ・マレーシア2007後半 グラフィックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 2. トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 3. サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 4. サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 5. 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 6. オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感! 7. 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 8. 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中 9. バレットから新年のプレゼント!デザイン無料キャンペーンでメイド・イン・ジャパンのこだわりを体感せよ!さらに期間限定福袋でバレットを体感せよ! 10. 説明が求められるフルームと新体制のUCI、データ公表の遅れとともに、その扱いに対して選手や多くのチームが加盟するMPCC(自転車レース信頼回復団体)なども懸念と意見

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013