新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感! 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中
記事アーカイブ

2018年

1月

2017年

4月
8月
11月

2016年

6月 11月 12月

2014年

5月 7月 11月

2013年

1月 2月 6月

2011年

9月

2006年

6月 9月 11月
2006/9/1 23:50

全日本マウンテンサイクリングin乗鞍


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
2位に23秒の大差をつけ、両手を挙げてゴールした山本和弘(日本アイランド・ラヴニールMBK)
『2位に23秒の大差をつけ、両手を挙げてゴールした山本和弘(日本アイランド・ラヴニールMBK)』

国内ヒルクライムイベントの頂点、全日本マウンテンサイクリングin乗鞍が8月27日に開催された。数あるヒルクラの中でも開催21回目を誇る本大会は、距離20kmで標高差1250mを上らされるキョーレツなもの。乗鞍岳の大雪渓を見渡す頂上付近は晴れれば北アルプスの大展望が得られるが、悪天となると強風のため大会が中止になることさえある。今年のエントリー総数は4200名、脚自慢はタイムを競い、サイクルツーリストも足切り制限時間と戦いながら乗鞍エコーラインを上った。

注目のチャンピオンの部は、昨年の勝者筧五郎(コムレイド)の連覇が期待された。7時30分にレースが始まると、昨年過激な独走を見せた下林伸行(シルベスト)に加えてMTBのXCライダー山本和弘(日本アイランド・ラヴニールMBK)が集団をリードする。2人はペースを上げて先頭集団の人数をどんどん減らしていき、筧も脱落してしまう。

中盤に現れるコンクリ舗装の急坂で山本がアタックすると、さらに人数は絞られ、藤田晃三(OLD&NEW)と下林、山本の3人に。村山利男(東京電力)もマイペースで食い下がるが、山本のペースアップについていくことはできない。ラスト3kmを過ぎ、ハイマツ帯の間から山頂が見えるようになると山本が再びアタック! 2km以上の距離を残したアタックを藤田は「早すぎる」と反応せず、下林とランデヴー。逆に山本は一定の距離を保って逃げ続け、長野/岐阜県境のフィニッシュでは2位の下林に23秒の大差をつけ、両手を挙げてゴールした。


全日本マウンテンサイクリングin乗鞍 グラフィックス

photo&text:Hitoshi.OMAE
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:SIXTH_310x174_20150826(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 2. トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 3. サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 4. サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 5. 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 6. オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感! 7. 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 8. 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中 9. バレットから新年のプレゼント!デザイン無料キャンペーンでメイド・イン・ジャパンのこだわりを体感せよ!さらに期間限定福袋でバレットを体感せよ! 10. 説明が求められるフルームと新体制のUCI、データ公表の遅れとともに、その扱いに対して選手や多くのチームが加盟するMPCC(自転車レース信頼回復団体)なども懸念と意見

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013