新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

クラシック前のステージレースが続々と開幕!ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第1ステージ:やらかした!モドロが早すぎるガッツポーズで勝利逃す ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第3ステージ:デル・ソルではモドロが正真正銘の勝利、アルガーベでトーマスはTTで圧倒的存在感 ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第2ステージ:ハースがオマーンでステージ優勝!チームスカイはアルガーベとデル・ソルでステージ勝利と総合首位 アジア選手権:山本大喜がU-23 ロードで金メダル獲得、別府文之はエリートロードで銀メダル!男子ジュニアロードは日野泰静が金、女子ジュニアは岩元杏奈が銀! フロントシングルで挑むアクアブルースポーツ、平坦から山岳まで早くも結果を出す!多段化へ一石を投じることになるか?ギア比の効率を考えれば11速でも戦えることを実証 コロンビア・オロ・イ・パズ:スカイのバーナルが大逆転総合優勝!クイーンステージ制したのはキンターナ弟、クイックステップ・フロアーズはここでも6ステージで4勝の荒稼ぎ コラム:果たしてハイエンドコンポーネントはレースで絶対なのか?プロレース現場とアマチュアの違い 結論はいつ? フルーム問題に揺れる自転車界、多くの選手はフルームに出場自粛を求める声も、チームスカイの対応で結果的にフルームへの風当たり強まる状況
2006/6/30 18:27

ツール・ド・フランス2006

ツールに衝撃走る スペインドーピング事件に関連してウルリッヒの不出走が決定


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
リバティセグロスのドーピング疑惑に端を発するスペインドーピング事件が急展開を迎えた。このドーピングに関わっていた選手のリストの一部がツール前日となる6月30日午前(現地時間)に明らかになり、この中に名前の含まれていたヤン・ウルリッヒ(ドイツ、Tモバイル)の不出走をチームが発表した。

Tモバイルは一連のスペインドーピング事件に際して選手全員に潔白を証明させるために誓約書を書かせていた。このドーピング事件を起こしたフエンテエス医師とウルリッヒが接触した事実関係がリストから明らかになり、チームは共に名前の挙がっていたオスカル・セビーリャ(スペイン、Tモバイル)とともにツールの出走を抹消した。ウルリッヒはこの宣告を受け、すぐにフランスを後にした。

ウルリッヒがドーピングをしていたかは定かではないが、フエンテス医師との接触は明らかに誓約書に違反するものだった。チームは2人の代わりに、ロレンツォ・ベルヌッチ(イタリア)、ステファン・シュレック(ドイツ)を出走させると発表した。

なお、リストには50名を超える選手の名前が載っているとされており、現在の段階でウルリッヒの他、ヨルグ・ヤクシェ(ドイツ、アスタナ・ウルト)、フランシスコ・マンセボ(スペイン、AG2R)、イヴァン・バッソ(イタリア、CSC)といった有力選手の他、多数のスペイン人選手の名前が確認されている。

今のところ、チームからこの事件について正式な発表を行ったのはTモバイルだけであり、バッソを抱えるCSC、マンセボを擁するAG2Rがどのような行動をとるか、注目が集まる。

なお、アレクサンドル・ヴィノクロフ(カザフスタン)を擁するアスタナ・ウルトも前チームのリバティセグロスのドーピングスキャンダルが尾を引き、ASOがツール出場を未だ決定していない。

前日に前代未聞の事態に見舞われたツール・ド・フランス。開催を翌日に控えて、今後どのような動きが起こるか随時CYCLINGTIME.comでお伝えしていきます。

text:Yuta.OMATA
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:SIXTH_310x174_20150826(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. クラシック前のステージレースが続々と開幕!ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第1ステージ:やらかした!モドロが早すぎるガッツポーズで勝利逃す 2. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第3ステージ:デル・ソルではモドロが正真正銘の勝利、アルガーベでトーマスはTTで圧倒的存在感 3. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第2ステージ:ハースがオマーンでステージ優勝!チームスカイはアルガーベとデル・ソルでステージ勝利と総合首位 4. アジア選手権:山本大喜がU-23 ロードで金メダル獲得、別府文之はエリートロードで銀メダル!男子ジュニアロードは日野泰静が金、女子ジュニアは岩元杏奈が銀! 5. フロントシングルで挑むアクアブルースポーツ、平坦から山岳まで早くも結果を出す!多段化へ一石を投じることになるか?ギア比の効率を考えれば11速でも戦えることを実証 6. コロンビア・オロ・イ・パズ:スカイのバーナルが大逆転総合優勝!クイーンステージ制したのはキンターナ弟、クイックステップ・フロアーズはここでも6ステージで4勝の荒稼ぎ 7. コラム:果たしてハイエンドコンポーネントはレースで絶対なのか?プロレース現場とアマチュアの違い 8. 結論はいつ? フルーム問題に揺れる自転車界、多くの選手はフルームに出場自粛を求める声も、チームスカイの対応で結果的にフルームへの風当たり強まる状況 9. J-Builders 日本が誇る職人達 : CYCLINGTIME.com 10. ドバイツアー2018:総合優勝は新天地移籍のヴィヴィアーニ!個性派集団加入でステージ2勝に総合優勝といきなり結果を残す!カベンディッシュは第3ステージで復活の狼煙の勝利

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013