新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう
2006/5/16 23:40

日本人ライダーに最適設計されたカーボンバイク

アンカー RFX8


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
アンカーの'06ニューモデル“RFX8”は、チームブリヂストン・アンカーによるR&Dを生かした“レーシングマシーン”らしい味付けが、マニア心をくすぐってくれるバイクだ。

インプレッション

アンカーの強みは、レーシングチームを持っていて、そこからのフィードバックがダイレクトに生かせるという点。今回試乗したアンカーの“RFX8”も、アテネオリンピック代表の田代恭崇や世界選代表の福島晋一(現TEAM VANG)らのR&Dがしっかりと反映されている。

このRFX8、外観は比較的スマートなのだが、乗り味はなかなかスパルタンだ。特にフォークからフレーム前半部にかけての剛性感が高く、路面の良い日本で走るには最適な設計となっている。

上りのダンシングでフレームの前半部に体重をかけてもフォークがよじれることはないし、ハイスピードのコーナリング時でもライントレース能力が高い。

一方、バックの剛性はそこそこに抑えられていて、路面のトラクション性が高い。日本の路面に合わせた、実に絶妙な味付けだ。まさに「日本人の、日本人による、日本人のためのバイク」といえるだろう。

トップモデルの“RHM9”はバック、特にシートステーの形状にかなりアクがあり。そこが好みの分かれるところであるが、このRFX8はRHM9よりもずっとノーマルな雰囲気で、誰にでも受け入れやすいテイストを持つ。

ブリヂストンらしく、全体的に極めてマジメに作られた雰囲気があり、そこがこのバイクの最大の魅力といえるだろう。逆に、そこがツマらない部分といえなくもないが…。

いずれにしても、とてもピシッとした印象のバイクであるが、フレーム単体重量は1000gと超軽量で、かなりグレードの高いカーボンを使用していることが伺える。

小気味よいハンドリングを楽しむことができるRFX8、セカンドグレードながら非常に完成された乗り味のバイクであるといえるだろう。

アンカー RFX8
フレーム オリジナルTPCカーボン
フォーク フルカーボンモノコック
重量 1,000g(フレームのみ)
コンポ アルテグラ、または105
ホイール キシリウム エキップ、またはアクシウム
タイヤ IRC レッドストーム、またはレッドストームスプリント
サイズ 420、450、480、510mm
価格 150,000円(フレーム)、320,000円(アルテグラ仕様完成車)、260,000円(105仕様完成車)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:SIXTH_310x174_20150826(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. 訃報:今年のジロのエースが決まっていたミケーレ・スカルポーニがトレーニング中に事故死、RIP Scarponi 2. Dear Scarponi, I'll always remember your smile. 〜写真で振り返るスカルポーニの軌跡〜 3. 史上最強の安定感と言われるバルベルデはどれだけ安定しているのか、その戦績を見れば一目瞭然の安定度!またその安定感の秘訣とは 4. 短気は損気、キッテルをレース中に殴ったグリヴコに45日の出場停止命令 5. フレッシュ・ワロンヌ2017:最強すぎる絶好調男!バルベルデがユイの壁で圧倒的加速で圧勝!これで今大会前人未到の4連覇で5勝目!Dマーティンが2位争いを制すも笑顔なし 6. リエージュ・バスt−ニュ・リエージュ2017:止まらぬ最強おじさん!バルベルデがアルデンヌクラシック連勝!亡き友スカルポーニに捧げる勝利!D.マーティンはまたしても2位 7. チームスカイに暗雲、回復薬の使用を元関係者が内部告発、ウィギンス問題を発端にチームスカイに内部崩壊の危機、グレーゾーンで推移する現状に選手たちも苛立ちを見せる 8. サイクリングウェア ブランドナビ 9. 新世代アルミレーサー、孤高のファイターのスピットファイヤーに新色登場!今や希少なアルミホリゾンタルフレームに同色ステムなどアクセントが随所に 10. ジルベールが腎臓損傷で残りのアルデンヌクラシック出場せず休養へ!落車で腎臓損傷しながらもアムステルを制したメンタルの強さ

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013