新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感! 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中
2006/5/16 23:40

日本人ライダーに最適設計されたカーボンバイク

アンカー RFX8


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
アンカーの'06ニューモデル“RFX8”は、チームブリヂストン・アンカーによるR&Dを生かした“レーシングマシーン”らしい味付けが、マニア心をくすぐってくれるバイクだ。

インプレッション

アンカーの強みは、レーシングチームを持っていて、そこからのフィードバックがダイレクトに生かせるという点。今回試乗したアンカーの“RFX8”も、アテネオリンピック代表の田代恭崇や世界選代表の福島晋一(現TEAM VANG)らのR&Dがしっかりと反映されている。

このRFX8、外観は比較的スマートなのだが、乗り味はなかなかスパルタンだ。特にフォークからフレーム前半部にかけての剛性感が高く、路面の良い日本で走るには最適な設計となっている。

上りのダンシングでフレームの前半部に体重をかけてもフォークがよじれることはないし、ハイスピードのコーナリング時でもライントレース能力が高い。

一方、バックの剛性はそこそこに抑えられていて、路面のトラクション性が高い。日本の路面に合わせた、実に絶妙な味付けだ。まさに「日本人の、日本人による、日本人のためのバイク」といえるだろう。

トップモデルの“RHM9”はバック、特にシートステーの形状にかなりアクがあり。そこが好みの分かれるところであるが、このRFX8はRHM9よりもずっとノーマルな雰囲気で、誰にでも受け入れやすいテイストを持つ。

ブリヂストンらしく、全体的に極めてマジメに作られた雰囲気があり、そこがこのバイクの最大の魅力といえるだろう。逆に、そこがツマらない部分といえなくもないが…。

いずれにしても、とてもピシッとした印象のバイクであるが、フレーム単体重量は1000gと超軽量で、かなりグレードの高いカーボンを使用していることが伺える。

小気味よいハンドリングを楽しむことができるRFX8、セカンドグレードながら非常に完成された乗り味のバイクであるといえるだろう。

アンカー RFX8
フレーム オリジナルTPCカーボン
フォーク フルカーボンモノコック
重量 1,000g(フレームのみ)
コンポ アルテグラ、または105
ホイール キシリウム エキップ、またはアクシウム
タイヤ IRC レッドストーム、またはレッドストームスプリント
サイズ 420、450、480、510mm
価格 150,000円(フレーム)、320,000円(アルテグラ仕様完成車)、260,000円(105仕様完成車)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:SIXTH_310x174_20150826(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 2. トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 3. サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 4. サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 5. 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 6. オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感! 7. 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 8. 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中 9. メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 10. バレットから新年のプレゼント!デザイン無料キャンペーンでメイド・イン・ジャパンのこだわりを体感せよ!さらに期間限定福袋でバレットを体感せよ!

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013