新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中
 
世界中が熱狂したツール・ド・フランス閉幕から1週間。選手たちは休む間もなく次のレースへと移っていく。熱狂的な自転車ファンでお馴染みのスペイン・バスク地方を舞台にクラシカ・サンセバスティアンが7月30日に開催される。2009年シーズン後半戦の幕開けとなるこのレースは、「クラシカ(クラシック)」と言えど初開催は1981年。今年で31回目の開催と比較的歴史の浅いワンデーレースだ。

アップダウンを繰り返す過酷なコースでの勝負所はゴール前の1級山岳ハイスキベル峠。平均勾配5.8%の上りが7.8kmに渡って続き、最大勾配は8%という1級カテゴリーの山岳だ。難易度がそこまで高いわけではないが、選手を振るいにかけるには十分だろう。

出場選手は全日本を制した別府史之(レディオシャック)、ツール2位3位のシュレク兄弟(ルクセンブルク、レオパード・トレック)、世界王者トル・フースホフト(ノルウェー、ガーミン・サーヴェロ)、今季絶好調のフィリップ・ジルベール(ベルギー、オメガファーマ・ロット)と期待を裏切らないラインナップだ。

  ニュース:レースプレビュー コース編:バスクを舞台にした白熱のワンデーレース
  ニュース:レースプレビュー 注目選手編:山岳バトルで栄光のベレー帽を手にするのは?
  ニュース:出場選手一覧

  ニュース:クラシック王ジルベール!ドノステアも制覇
  リザルト:個人成績 山岳賞 スプリント賞 チーム成績
  クラシカ・サンセバスティアン2011 pics50
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check