新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中
 

MAP今年で95回となるロンド・ファン・フラーンデレンが、4月3日にベルギーで開催される。ワンデークラシック「モニュメント」の一つに数えられる格式あるこのレースはベルギーの中でも最も自転車が熱い地域であるフランドル地方が舞台となっており、沿道からは熱狂的な声援が飛び交う。特にラスト15kmで登場するミュール・カペルミュールでは、最大勾配19.8%を決死のダンシングで駆け上がる選手たちを目の前にした観客の盛り上がりは最高潮に達する。今年は全長258kmで18つもの急坂が設定された。

ディフェンディングチャンピオンのファビアン・カンチェラーラ(スイス、レオパード・トレック)はもちろん2連覇を狙いにいく。先月行われたE3プライス・フラーンデレンでも優勝し、コンディションは万全だ。対抗馬は昨年2位となり悔し涙を流したトム・ボーネン(ベルギー、 クイックステップ)。先週のヘント〜ウェヴェルヘムでも優勝しており、こちらもコンディションは好調だ。その他にもフースホフト、ジルベール、デヴォルデルらが優勝候補として挙っている。

ベルギー人の優勝が66回を数えるロンド・ファン・フラーンデレン。今年はどの選手が母国で英雄となるのだろうか。


  ニュース:レースプレビュー コース編:モニュメント2戦目は18つの急坂が登場
  ニュース:レースプレビュー 選手編:一流チームが一流選手で挑むフラーンデレン
  ニュース:出場選手一覧

  ライブ:ナイエンスがカンチェラーラを下す!サクソバンクが嬉しい2連覇達成
  ニュース:フランドル制覇に感涙のナイエンス!カンチェラーラの連覇はならず
  リザルト:個人成績
  ロンド・ファン・フラーンデレン2011 pics110
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check