新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中
第73回ヘント〜ウェヴェルヘムが3月27日に開催される。昨年からミラノ〜サンレモの翌週開催となり、コースも難化。スプリンター向けからクラシックスペシャリスト向けのレースと変化した。全205kmで登場する坂は全部で16つ。このアップダウンが容赦なく選手たちの脚を消耗させるのだ。さらにベルギーの変わりやすい天候と海岸から吹き付ける強風がレースをさらに厳しいものにする。

ディフェンディングチャンピオンのベルンハルト・アイゼル(オーストリア、HTCハイロード)はカヴェンディッシュ、ゴス、レンショーらと共に最強チームでタイトル防衛に挑む。またトム・ボーネン(クイックステップ)、フィリップ・ジルベール(オメガファーマ・ロット)は地元ベルギーでの勝利を獲得しようと士気は高い。今大会は日本人選手2人が両者ともチームのエースとして参戦する。別府史之(レディオシャック)と新城幸也(ヨーロッパカー)だ。日本への想いを胸に、心打つ走りを見せてくれることだろう。
MAP

  ニュース:石畳2戦目でハイロードが席巻するか?別府、新城が出場
  ニュース:出場選手一覧

  ライブ:ボーネンが快心のスプリントでクラシック1勝目!
  ニュース:春のクラシックにボーネン復活!強力ライバルを抑え込んでスプリントを制す
  リザルト:個人成績
  ヘント〜ウェベルヘム2011 pics72
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check