新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

クラシック前のステージレースが続々と開幕!ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第1ステージ:やらかした!モドロが早すぎるガッツポーズで勝利逃す ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第3ステージ:デル・ソルではモドロが正真正銘の勝利、アルガーベでトーマスはTTで圧倒的存在感 ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第2ステージ:ハースがオマーンでステージ優勝!チームスカイはアルガーベとデル・ソルでステージ勝利と総合首位 アジア選手権:山本大喜がU-23 ロードで金メダル獲得、別府文之はエリートロードで銀メダル!男子ジュニアロードは日野泰静が金、女子ジュニアは岩元杏奈が銀! フロントシングルで挑むアクアブルースポーツ、平坦から山岳まで早くも結果を出す!多段化へ一石を投じることになるか?ギア比の効率を考えれば11速でも戦えることを実証 コロンビア・オロ・イ・パズ:スカイのバーナルが大逆転総合優勝!クイーンステージ制したのはキンターナ弟、クイックステップ・フロアーズはここでも6ステージで4勝の荒稼ぎ コラム:果たしてハイエンドコンポーネントはレースで絶対なのか?プロレース現場とアマチュアの違い 結論はいつ? フルーム問題に揺れる自転車界、多くの選手はフルームに出場自粛を求める声も、チームスカイの対応で結果的にフルームへの風当たり強まる状況
2008/8/5 8:40

宮澤崇史、新フレームで1週間後の北京へ

GDRカーボンパイプ使用の新マシンは2種類、北京では「逃げの展開に乗りたい」


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
待ちに待ったGDRカーボン製フレーム。これは山岳仕様だ
『待ちに待ったGDRカーボン製フレーム。これは山岳仕様だ』
実際にこれを6日後の北京オリンピックへ持ち込む
『実際にこれを6日後の北京オリンピックへ持ち込む』
決戦はいよいよ9日(土)だ
『決戦はいよいよ9日(土)だ』
8月2日(土)、レース会場に宮澤崇史(梅丹本舗・GDR)は2台のマシンを持ち込んだ。出来立てと言うそのマシンはGDRカーボンパイプを東洋フレーム製のラグで組み上げたカーボンフレーム。それぞれ山岳用と平地用の設定だ。

このフレーム、宮澤は「かかりがとてもいい、よく進む」とお気に入り。ためしに乗せてもらった。フロント回りがきびきび動いてくれる。そしてリアもクイックな印象。でも安定感はある。スプリント時の動物的勘での一瞬の動きに反応するためのものだろうか。これで山岳用というから恐れ入る。平地用はどれだけスパルタンなのか。万人向けの仕様ではない、明らかにトップレーサーの宮澤が乗りこなす前提で作られている、そう感じられた。北京オリンピックへはこのマシンを実際に持ち込む。

その北京オリンピック男子個人ロードレースは9日(土)に行われる。アップダウンの厳しいコースだが宮澤は「できたら逃げの展開に乗りたい。集団にいたら何かできる状態ではなくなるから。逃げられなかったら集団で最後までいけるように。とにかく全力で頑張ってきます」と語る。宮澤は5日(火)に日本を出発、北京入りする。

text&photo:Hideaki.TAKAGI

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:SIXTH_310x174_20150826(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. クラシック前のステージレースが続々と開幕!ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第1ステージ:やらかした!モドロが早すぎるガッツポーズで勝利逃す 2. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第3ステージ:デル・ソルではモドロが正真正銘の勝利、アルガーベでトーマスはTTで圧倒的存在感 3. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第2ステージ:ハースがオマーンでステージ優勝!チームスカイはアルガーベとデル・ソルでステージ勝利と総合首位 4. アジア選手権:山本大喜がU-23 ロードで金メダル獲得、別府文之はエリートロードで銀メダル!男子ジュニアロードは日野泰静が金、女子ジュニアは岩元杏奈が銀! 5. フロントシングルで挑むアクアブルースポーツ、平坦から山岳まで早くも結果を出す!多段化へ一石を投じることになるか?ギア比の効率を考えれば11速でも戦えることを実証 6. コロンビア・オロ・イ・パズ:スカイのバーナルが大逆転総合優勝!クイーンステージ制したのはキンターナ弟、クイックステップ・フロアーズはここでも6ステージで4勝の荒稼ぎ 7. コラム:果たしてハイエンドコンポーネントはレースで絶対なのか?プロレース現場とアマチュアの違い 8. 結論はいつ? フルーム問題に揺れる自転車界、多くの選手はフルームに出場自粛を求める声も、チームスカイの対応で結果的にフルームへの風当たり強まる状況 9. J-Builders 日本が誇る職人達 : CYCLINGTIME.com 10. ドバイツアー2018:総合優勝は新天地移籍のヴィヴィアーニ!個性派集団加入でステージ2勝に総合優勝といきなり結果を残す!カベンディッシュは第3ステージで復活の狼煙の勝利

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013