新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中
2007/11/8 18:00

CT Clubメールマガジン

CYCLINGTIME Club Mail vol.106

0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
━━ サイクリングタイム  CYCLINGTIME.com ━━━━━━━━━━━━━

CYCLINGTIME Club Mail vol.106 2007.11.8

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

秋深し……という感じになてきましたね。
コーヒーショップで頼む飲み物も、アイス中心から
ホット中心へと変化してきた今日この頃です。
それでは、CYCLINGTIME Club Mail vol.106をお届けします!

――もくじ――――――――――――――――――――――――――――――

【1】CT Topics
   ムービー&グラフィックスを続々アップ中!

【2】今週のCTストアおすすめアイテム
   ミノウラのローラー台「VFS-G-R」を限定特価で販売中!

【3】レコメンデーション
   CYCLINGTIME.comがオススメするPR記事やイベント情報

【4】Club Mail Special Column
   サイクルモード2007 徹底攻略法 アマラオの場合

【5】From CYCLINGTIME.com DX
   今中大介が語るプロサイクリングの真実 更新!

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 CT Topics
 ムービー&グラフィックスを続々アップ中!
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

CYCLINGTIME.comでは、ニュースやイベント、レースのレポートなどのコン
テンツを日々掲載しています。それぞれの記事の中には写真も含まれていま
すが、その記事に掲載されている写真以外にも、多くの写真がフォトギャラ
リーとしてアップされているほか、動画コンテンツもご用意しています。

例えば、先日行われたスズカ8耐エンデューロ。以下のURLにある記事をご覧
いただくと、下のほうに「2007スズカ8時間エンデューロ フォトギャラ
リー」へのリンクがあり、イベントの様子を記録したたくさんの写真を見る
ことが可能です。

http://www.cyclingtime.com/modules/ctnews/view.php?p=6928

中には、あの「梅丹本舗」の松本社長が駆る小径車の写真などもあったりし
ます。Nakagawaのピンク色がカッコイイですね。
http://www.cyclingtime.com/modules/myalbum/photo.php?lid=68288&cid=1824

そしておなじみ、ホノルルセンチュリーライド関連では、絹代さんがレポー
トするムービーコンテンツもご用意。「直前走り方講座」「前日プラクティ
スライド」「ホノルルセンチュリーライド(当日編)」の3本のムービーを
掲載されています。

http://www.cyclingtime.com/modules/ctmovie/view.php?p=6924

ニュース記事だけではない、ムービーやグラフィックス等のコンテンツも、
ぜひお楽しみ下さい。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 今週のCTストアおすすめアイテム
 ミノウラのローラー台「VFS-G-R」を限定特価で販売中!
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

すべてのサイクリストにグッドアイテムをお届けする「CTストア」では、選
りすぐりのアイテムや新着アイテムを定期的にご紹介している「CTストアピッ
クアップアイテム」を配信中です。
http://www.cyclingtime.com/modules/ctnews/archive.php?c=ctstorenews

その中から、とくに今週プッシュするのはコチラ!

★ミノウラのローラー台「VFS-G-R」を限定特価で販売中!★
http://www.cyclingtime.com/modules/ctnews/view.php?p=6930

ミノウラの自重式ローラーです。毎年冬になると「ちょっとトレーニングに
出ようかな……でも寒い!!」と、心が折れてしまい自転車に股がる回数が
減ってしまう、そこのあなたにオススメです!

↓CTストアへのアクセスはコチラから!↓
http://www.cyclingtime.com/modules/shop/

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 レコメンデーション
 CYCLINGTIME.comがオススメするPR記事やイベント情報
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
◆Pearl iZUMi[PR]◆
Pearl iZUMiの秋冬ウェアを上手に着こなそう!
↓more↓
http://www.cyclingtime.com/pr/pearlizumi/09winter/index.html
───────────────────────────────────
◆ピナレロ[PR]◆
THE PRINCE RETURNS バルベルデ、プリンスカーボンを語る
↓more↓
http://www.cyclingtime.com/pr/pinarello/14prince/index.html
───────────────────────────────────
◆サイクリングとルコック・スポルティフ[PR]◆
ハイセンス、ハイクオリティのサイクリングウェアとそのヒストリー
↓more↓
http://www.cyclingtime.com/pr/lecoq/01history/

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 Club Mail Special Column
 サイクルモード2007 徹底攻略法 アマラオの場合
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

サイクルモード2007 徹底攻略法 アマラオの場合

あくまで、私ことアマラオの場合って事で、実体験に基づいてサイクルモー
ドの攻略法をご紹介したいと思います。

そのバイクがどういった素性を持っているのか、他のバイクと比べてどうな
のか。これを知るには、たくさんのバイクを乗って試して、感じてみるしか
方法はないと思います。カーボンバイクになってからはとくに「乗ってみな
いとわからない、想像がつかない」という傾向が顕著で、乗ってビックリだっ
たりガッカリだったりと様々。とにかく見て、乗って、そして話すことです。

その試乗に際して、頭に入れておいてほしいことがあります。

まず、ホイールやタイヤはバカに出来ません。すっごい変わっちゃいます。
全然違うバイクになっちゃう。深読みすれば、装着されているホイールとタ
イヤによって代理店さんの考え方が分かっちゃうんですね。中には「なんで
このホイールなのよ???」というモノもありますね。つまり、バランスが
悪いのでは?というアッセンブルのモノもあります。ホイールによって乗り
味は大きく変わるということは頭に入れておきましょう。

試乗するバイクサイズによっても印象は大きく変わりますし、コラムの高さ
やハンドルバーも影響します。サイズが合わないから乗らない人もいますけ
ど、とりあえず乗ってみる、いや、興味があるモデルなら絶対に乗ることを
オススメします。乗らないと何もわからないんです。もしいっしょに行く友
人がそのサイズでぴったりであれば、その人にも乗ってもらって印象を話し
合ってみましょう。他人の感じ方と自分の感じ方を比べてみるのもポイント
です。

サイズやパーツのアッセンブルによってバイクの印象は異なってくるという
ことを前提にしつつ、それでもとにかく「乗ってみる」ということ、そして
できれば友人といっしょに行って、意見を交換し合うこと。これが、サイク
ルモードという場を楽しみ、有意義に活用するために必要なことです。いろ
いろ乗って、話すことで、バイクごとの違い、アッセンブルによる影響、人
との感じ方の違いが見えてきます。それを積み重ねることで、自分の「バイ
ク観」ができてきます。

コンディション面では最高の試乗コースとは言えませんが、乗れないよりは
ベター。どんどん試乗してみてください。そして、みんなでワイワイ言いな
がら、感想を言い合ってみて下さい。それぞれの感じ方が違う事に驚くはず
です。(アマラオ)

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 From CYCLINGTIME.com DX
 今中大介が語るプロサイクリングの真実 Vol.2更新!
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

インターマックス代表の今中大介さんが、ヨーロッパのプロチームに所属し、
ツール・ド・フランスにも出場した経験をもとに話す「今中大介が語るプロ
サイクリングの真実」に、待望の第2弾が追加されました。

今回のお題は「入ってみなきゃわからない、プロチームの本当の話」。プロ
チームの組織の話や、所属する選手の心理的な話、日本の実業団との違いな
ど、今中さんが幅広く語っています。ぜひご覧ください。

・今中大介が語るプロサイクリングの真実 Vol.2
http://dx.cyclingtime.com/series/imanaka/imanaka02/index.html

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
┏…┓┏…┓┏…┓┏…┓
┃あ┃┃と┃┃が┃┃き┃
┗…┛┗…┛┗…┛┗…┛

フラッシュニュースでお伝えしていますが、ランス・アームストロングが
ニューヨークシティマラソンを2時間46分43秒で完走したとのこと。やっぱ
りアスリートなんですねぇ。

サイクリングライフをトータルでサポート!「ecocycle(エコサイクル)」
http://www.cyclingtime.com/modules/ecocycle/

───CYCLINGTIME Club Mail について─────────────────

 発行:「IDE サイクリングチャンネル事業部」

 ※CYCLINGTIME.comからのEメールによる情報配信が不要な方、
  配信先の変更等をご希望の方は、下記URLより手続きいただ
  けます。不要な方は「当サイトの新着情報などをメールで受
  け取る」の欄を変更してください。プロフィールの編集より、
  メールアドレスを変更ください。
  http://www.cyclingtime.com/user.php

 このメールに関するお問い合わせは
 cycling@id-e.co.jp (←退会はこちらでは出来ません)

 ご利用規約、プライバシーポリシーなどはこちらへ
 http://www.cyclingtime.com/modules/xoopsfaq/

 このメールは、cycling@id-e.co.jp宛に送信しています。

───────────────────────────────────
Copyright (C) 1998-2007 ID Enterprise. All Rights Reserved.
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 2. トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 3. サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 4. サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 5. 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 6. 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 7. メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 8. 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中 9. 人が自転車で上れる限界の勾配とは?人は一体どこまで己の力のみで坂を登っていけるのだろう 10. オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感!

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013