新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

2007/5/26 18:01

チームCSCのリース監督が過去のドーピングを告白


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
バッソ
『チームCSCの監督を務めるビャルヌ・リース監督』
1996年のツール・ド・フランス覇者であり、現在はチームCSCの監督を務めるビャルヌ・リース監督が母国デンマークで記者会見を開き、1993年から1998年までドーピングを行なっていたと告白した。ツール歴代王者の中でドーピングを告白したのはリースが初めて。

テレコム時代のかつてのチームメートであるツァベルとアルダグの告白から一夜明けた5月25日、ビャルヌ・リース監督はデンマークのCSC本社で予定されていた記者会見に姿を現した。

会見の中でリースは「かつてドーピングを行なっていた。EPO(エリスロポエチン)を自分で購入して自ら使用していたんだ。これは選手生活の一部になっていた」と述べ、ドーピングの使用を全面的に認めた。しかしチームCSCについてはその潔白を主張。リースは用意していたプレスリリースを会見内で発表している。

また「EPO以外の薬物も使用していたか?」という記者の質問に対してリースは「ホルモン剤とコーチゾン(ホルモンの一種で痛みを抑える働きがある)を摂取していた」と答えている。

1996年ツールで獲得したマイヨジョーヌについては「家に飾ってあるんだ。欲しかったら取りにくればいい。何の値打ちも無いものだ。価値ある戦歴は記憶に刻まれている。私はツールの総合優勝者として値しない。全てがクリーンなものではないが、成し遂げた勝利には誇りを持っている」と、インドゥラインの6連覇を阻止した名将は述べた。

今回のリース監督の告白に対してUCI(国際自転車競技連盟)はプレスリリースを出し、「世界反ドーピング規程(WADC) の定めるタイムリミットは過ぎているが、リースには勝利のシンボルであるマイヨジョーヌの返還を求める」という姿勢を見せている。

またプレスリリースの中でUCI会長のパトリック・マックエイド氏は「今サイクリング界は大きなターニングポイントを迎えようとしている。この苦しい自己批判は健全なスポーツを目指すために必要なことだ」と述べている。

チームCSCとUCIのプレスリリース、cyclingnews及びガゼッタ紙の記事より

text:Kei.TSUJI
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:Canyon (Low)
AD:CyclingExpress (EC70)
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. ツール・ド・フランス第21ステージ選手コメント:「これがレースさ。時に勝ち、時に負け。多くの犠牲を払っても、それが実りにつながらないことなってよくあること。」 2. ツール・ド・フランス第21ステージ:締めはやっぱりキッテル!今大会4勝目でニンマリ、総合優勝はニーバリ!コンタドールに続く現役2人目、史上6人目のグランドスラム達成! 3. ツール・ド・フランス第20ステージ:個人TTをマルティンが宣言通り制す!総合優勝はステージ4位のニーバリでほぼ確定!ペローが逆転で総合2位に!TTで総合はまたシャッフル 4. ツール・ド・フランス第20ステージ選手コメント:「結果が重要なんじゃないんだよ。とにかくチームが一丸となって闘いぬいたということが重要な事なんだよ。」 5. 勝者の肖像:ニーバリはどうしてツールを勝てたのか、戦前の予想を覆しての圧倒的総合優勝に隠されたニーバリの凄さとは?戦略、積極性、危機回避能力の高さ、そして”運” 6. ツール・ド・フランス第19ステージ選手コメント:「多くの人達に助けられ支えられ、僕は好きなことを仕事にするという幸運に恵まれ、そして幼いことからの夢をかなえることができたんだよ。」 7. カチューシャの選手たちが実戦で使用したキャニオンバイクが特価で販売中!現品のみの大チャンス!ホアキンが、パオリーニが!世界トップクラスの選手達が使ったバイクが手に入る! 8. ツール・ド・フランス第19ステージ:雨のスプリントステージは最後に落とし穴、集団から飛び出していたナヴァルダスカスが鮮やかに逃げ切り勝利!サガンは落車でしかめっ面 9. サイクリングウェア ブランドナビ 10. マルコ・パンターニ・メモリアル〜海賊、そして哲学者と呼ばれた世代最高の伝説のクライマー、時代に翻弄され続けた人生と選手生活、そして短すぎる一生

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ジロ・デ・ロンバルディア2013

ロード世界選手権2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013