新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

2007/5/26 18:01

チームCSCのリース監督が過去のドーピングを告白


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
バッソ
『チームCSCの監督を務めるビャルヌ・リース監督』
1996年のツール・ド・フランス覇者であり、現在はチームCSCの監督を務めるビャルヌ・リース監督が母国デンマークで記者会見を開き、1993年から1998年までドーピングを行なっていたと告白した。ツール歴代王者の中でドーピングを告白したのはリースが初めて。

テレコム時代のかつてのチームメートであるツァベルとアルダグの告白から一夜明けた5月25日、ビャルヌ・リース監督はデンマークのCSC本社で予定されていた記者会見に姿を現した。

会見の中でリースは「かつてドーピングを行なっていた。EPO(エリスロポエチン)を自分で購入して自ら使用していたんだ。これは選手生活の一部になっていた」と述べ、ドーピングの使用を全面的に認めた。しかしチームCSCについてはその潔白を主張。リースは用意していたプレスリリースを会見内で発表している。

また「EPO以外の薬物も使用していたか?」という記者の質問に対してリースは「ホルモン剤とコーチゾン(ホルモンの一種で痛みを抑える働きがある)を摂取していた」と答えている。

1996年ツールで獲得したマイヨジョーヌについては「家に飾ってあるんだ。欲しかったら取りにくればいい。何の値打ちも無いものだ。価値ある戦歴は記憶に刻まれている。私はツールの総合優勝者として値しない。全てがクリーンなものではないが、成し遂げた勝利には誇りを持っている」と、インドゥラインの6連覇を阻止した名将は述べた。

今回のリース監督の告白に対してUCI(国際自転車競技連盟)はプレスリリースを出し、「世界反ドーピング規程(WADC) の定めるタイムリミットは過ぎているが、リースには勝利のシンボルであるマイヨジョーヌの返還を求める」という姿勢を見せている。

またプレスリリースの中でUCI会長のパトリック・マックエイド氏は「今サイクリング界は大きなターニングポイントを迎えようとしている。この苦しい自己批判は健全なスポーツを目指すために必要なことだ」と述べている。

チームCSCとUCIのプレスリリース、cyclingnews及びガゼッタ紙の記事より

text:Kei.TSUJI
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:mizuma_310x174_20141231(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. ツール・ド・サン・ルイ第7ステージ:お待たせいたしました!マン島ミサイル、カベンディッシュがアルゼンチンで遂にお目覚め!総合はディアスが2度めの総合優勝! 2. ツアー・ダウン・アンダー第6ステージ:デニスが総合優勝!エヴァンスは引退レースで表彰台を獲得!最終ステージはウィッパートが力勝負で競り勝つ! 3. 見苦しいドタバタ劇、根拠ないままベルギー有力選手ミーウセンらにUCIシクロクロス世界選手権の出場許可おりず、スポーツ裁判所へ提訴の結果逆転で出場へ、選手達の人権を考えるべき時 4. UCIシクロクロス最終戦フーゲルハイド:今シーズン台頭のマシュー・ファン・デル・ポエルが圧巻の走りで最終戦独走勝利!パウエルスは年間総合王者を獲得! 5. サイクリングウェア ブランドナビ 6. ツール・ド・サン・ルイ第6ステージ:脅威の南米チーム再び!ダ・シルヴァがエースの総合勝利を前祝いのステージ勝利!地元南米勢が圧倒的に大暴れの今大会の凄さ 7. 誰もが憧れる華麗なるクライミング!気持ちの切り替えと簡単な意識改革でクライミングテクをスキルアップ!考えで変わる走りの質を実感せよ 8. ツアー・ダウン・アンダー第5ステージ:激戦のウィルンガの丘決戦はリッチー・ポートが復活の勝利!しかしデニスが意地と根性で喰らいつき総合は譲らず! 9. 冬場の室内で60分で出来る簡単トレーニング、室内トレーナーを使って外でのトレーニング並の効果あるトレーニングを行おう! 10. ツール・ド・サン・ルイ第5ステージ:マローリが会心のTT勝利!クウィアトコウスキーも2位で真価を見せつける、総合リーダーのディアスがまさかの走りで総合リーダーの座をさらに強固に

SHOP

AD:K&M CYCLE_130x80_20141009

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013