新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

2007/5/26 18:01

チームCSCのリース監督が過去のドーピングを告白


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
バッソ
『チームCSCの監督を務めるビャルヌ・リース監督』
1996年のツール・ド・フランス覇者であり、現在はチームCSCの監督を務めるビャルヌ・リース監督が母国デンマークで記者会見を開き、1993年から1998年までドーピングを行なっていたと告白した。ツール歴代王者の中でドーピングを告白したのはリースが初めて。

テレコム時代のかつてのチームメートであるツァベルとアルダグの告白から一夜明けた5月25日、ビャルヌ・リース監督はデンマークのCSC本社で予定されていた記者会見に姿を現した。

会見の中でリースは「かつてドーピングを行なっていた。EPO(エリスロポエチン)を自分で購入して自ら使用していたんだ。これは選手生活の一部になっていた」と述べ、ドーピングの使用を全面的に認めた。しかしチームCSCについてはその潔白を主張。リースは用意していたプレスリリースを会見内で発表している。

また「EPO以外の薬物も使用していたか?」という記者の質問に対してリースは「ホルモン剤とコーチゾン(ホルモンの一種で痛みを抑える働きがある)を摂取していた」と答えている。

1996年ツールで獲得したマイヨジョーヌについては「家に飾ってあるんだ。欲しかったら取りにくればいい。何の値打ちも無いものだ。価値ある戦歴は記憶に刻まれている。私はツールの総合優勝者として値しない。全てがクリーンなものではないが、成し遂げた勝利には誇りを持っている」と、インドゥラインの6連覇を阻止した名将は述べた。

今回のリース監督の告白に対してUCI(国際自転車競技連盟)はプレスリリースを出し、「世界反ドーピング規程(WADC) の定めるタイムリミットは過ぎているが、リースには勝利のシンボルであるマイヨジョーヌの返還を求める」という姿勢を見せている。

またプレスリリースの中でUCI会長のパトリック・マックエイド氏は「今サイクリング界は大きなターニングポイントを迎えようとしている。この苦しい自己批判は健全なスポーツを目指すために必要なことだ」と述べている。

チームCSCとUCIのプレスリリース、cyclingnews及びガゼッタ紙の記事より

text:Kei.TSUJI
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
AD:SIXTH_310x174_20141009(lower)
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. アスタナ大ピンチ!ドーピング問題が連続したことでプロツールライセンスの発行見直しへ!?ニーバリ、アルーらの運命やいかに?アスタナブルーは何処へゆく? 2. ジャパンカップ2014:勝ち方を知った男の先制攻撃ズバリ!ハースがスプリントを制し2度目の栄冠!ホーム戦虚しく、日本勢惨敗、上位勢は外国人選手が独占、これが現実的世界との差か 3. UCIが2017シーズンを目処にロードレースの大改革を断行予定?思惑とは裏腹に進まぬ交渉、果たしてどうなる?問題山積、反対の声も多数、クックソンの目指す改革は果たしてどうなる? 4. UCIシクロクロスワールドカップ第1戦:ラース・ファン・デル・ハールが昨年度の再現!オープニングレースを快走で制す!鉄人ネイスはチェーン切れでリタイア 5. サイクリングウェア ブランドナビ 6. ツール・ド・北京2014第5ステージ:最終ステージを制したのはモドロ!総合優勝はなんとジルベールがそのまま死守!クラシックスペシャリストが最終開催の大会で大きな勝利を集中に! 7. カーボンってそんなにいいの?カーボンフレームのメリット&デメリット、カーボンの可能性とこれからの方向性を考える 其の一 8. 2014/2015シクロクロスシーズンが開幕、ところでシクロクロスってどんな競技?前知識を持ってみるともっと面白いシクロクロス!これであなたもシクロクロスに首ったけ! 9. 短すぎた栄光〜アンディ・シュレクが現役引退、他者のドーピング問題に翻弄された選手生活とモチベーション低下、そして元には戻らなかったメンタル、一つの時代の幕が降りた 10. ペダリング技術の向上で実力は上がる?

SHOP

AD:K&M CYCLE_130x80_20141009

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013