新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

2007/5/26 18:01

チームCSCのリース監督が過去のドーピングを告白


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
バッソ
『チームCSCの監督を務めるビャルヌ・リース監督』
1996年のツール・ド・フランス覇者であり、現在はチームCSCの監督を務めるビャルヌ・リース監督が母国デンマークで記者会見を開き、1993年から1998年までドーピングを行なっていたと告白した。ツール歴代王者の中でドーピングを告白したのはリースが初めて。

テレコム時代のかつてのチームメートであるツァベルとアルダグの告白から一夜明けた5月25日、ビャルヌ・リース監督はデンマークのCSC本社で予定されていた記者会見に姿を現した。

会見の中でリースは「かつてドーピングを行なっていた。EPO(エリスロポエチン)を自分で購入して自ら使用していたんだ。これは選手生活の一部になっていた」と述べ、ドーピングの使用を全面的に認めた。しかしチームCSCについてはその潔白を主張。リースは用意していたプレスリリースを会見内で発表している。

また「EPO以外の薬物も使用していたか?」という記者の質問に対してリースは「ホルモン剤とコーチゾン(ホルモンの一種で痛みを抑える働きがある)を摂取していた」と答えている。

1996年ツールで獲得したマイヨジョーヌについては「家に飾ってあるんだ。欲しかったら取りにくればいい。何の値打ちも無いものだ。価値ある戦歴は記憶に刻まれている。私はツールの総合優勝者として値しない。全てがクリーンなものではないが、成し遂げた勝利には誇りを持っている」と、インドゥラインの6連覇を阻止した名将は述べた。

今回のリース監督の告白に対してUCI(国際自転車競技連盟)はプレスリリースを出し、「世界反ドーピング規程(WADC) の定めるタイムリミットは過ぎているが、リースには勝利のシンボルであるマイヨジョーヌの返還を求める」という姿勢を見せている。

またプレスリリースの中でUCI会長のパトリック・マックエイド氏は「今サイクリング界は大きなターニングポイントを迎えようとしている。この苦しい自己批判は健全なスポーツを目指すために必要なことだ」と述べている。

チームCSCとUCIのプレスリリース、cyclingnews及びガゼッタ紙の記事より

text:Kei.TSUJI
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:SIXTH_310x174_20150826(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. ツール・ド・フランスを走ったバイクたち2:5年連続スプリント賞のサガンらスプリント選手、パンチャー、プロコンチネンタル選手たちのバイクを紹介、新城幸也の勝負バイクも大紹介 2. 変化するレースシーン:最新技術がもたらしたレースの高速化と落車一発で壊れる機材、たった一度のミスが命運を分ける高速バトルのスリルとリスク、表裏一体の機材進化のメリット・デメリット 3. ツール・ド・フランスを走ったバイクたち:総合系選手のバトルマシンを紹介、最先端技術で武装された最強バイクたちが狙った総合優勝 4. サイクリングウェア ブランドナビ 5. ツール・ド・フランス第21ステージ選手コメント:「国籍を超えたファンの熱狂、フランスの美しい田舎風景、そして変わらぬ友情。こういったものは何時の時代でも変わることはないね。」〜フルーム 6. ツール・ド・フランス第21ステージ:厳戒態勢のシャンゼリゼを制したのはグライペル!サガンは僅かに及ばずステージ2位も5年連続ポイント賞!フルーム2年連続3度めの総合優勝! 7. ボーラ・アルゴン18が、2017度はボーラ・ハンスグローエ、使用バイクはスペシャライズド、そしてなんとピーター・サガン、ラファル・マイカら大物を一気に獲得?決め手は使用バイクか? 8. ドーピングという闇の力に屈しなかった男、クリストフ・バッソンス〜なぜ正しきが責められ引退にまで追い込まれたのか? 9. ツール・ド・フランス第20ステージ選手コメント:「大会前半”命”を削って走ってきたことが、結果として最終週に繋がり、そしてライバル達にタイム差をつけることにも繋がったんだよ。」〜バルデ 10. ペダリング技術の向上で実力は上がる?

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013