新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

揺らぐチームスカイ、”もう一人のエース”ゲラント・トーマスが移籍を示唆、問われているのはスキャンダル続きのチームスカイの倫理観 ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第5ステージ:オマーンでアスタナ躍動!アオガーベではクウィアトコウスキーが逆転で、デル・ソルがウェレンスが踏ん張り総合優勝 ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第4ステージ:クラシックライダーのウェレンスがステージ優勝と総合リーダーに、グローネウェーゲンもステージ勝利 フロントシングルで挑むアクアブルースポーツ、平坦から山岳まで早くも結果を出す!多段化へ一石を投じることになるか?ギア比の効率を考えれば11速でも戦えることを実証 ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第3ステージ:デル・ソルではモドロが正真正銘の勝利、アルガーベでトーマスはTTで圧倒的存在感 クラシック前のステージレースが続々と開幕!ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第1ステージ:やらかした!モドロが早すぎるガッツポーズで勝利逃す コラム:果たしてハイエンドコンポーネントはレースで絶対なのか?プロレース現場とアマチュアの違い ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第2ステージ:ハースがオマーンでステージ優勝!チームスカイはアルガーベとデル・ソルでステージ勝利と総合首位
2007/1/16 19:34

オーストラリアナショナル選手権2007

プロコンチネンタルチーム所属のラップソーンが大金星


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
1月14日、真夏のオーストラリアでオーストラリアのナショナル選手権が行なわれ、ダレン・ラップソーン(ドラパック・ポルシェ)が並みいる強豪を打ち負かして自身初のビッグタイトルを獲得した。プロツアーライダー最高位はプレディクトール・ロットのマシュー・ロイド。

他国とは開催時期の異なるオーストラリア選手権は周回コースを16周する163kmで行なわれた。過去に2度の王者に輝いたロビー・マキュアン(プレディクトール・ロット)の活躍に期待されたが、気管支系のトラブルにより不出場。これは直後に行なわれるツアー・ダウンアンダーに備えての安全策だ。

晴天に恵まれたレースはナサン・オニール(ヘルスネット)のアタックで幕が開く。しかし周を重ねるうちにオニールの逃げは吸収され、その後13人の先頭集団が形成された。

残り2周回に入り、この先頭集団の中からラップソーンがアタックして単独で逃げ始める。後続集団は追撃するも及ばず、結局ラップトーンが後続に15秒の差を広げてゴール。集団先頭2位争いのスプリントはラップソーンのチームメートであるロバート・マクラクラン(ドラパック・ポルシェ)が制している。

93名の出走者のうち、完走者は僅か19名。中盤の13人の逃げが勝負を分つポイントとなった。プロツアーライダーとしては6位にマシュー・ロイド(プレディクトール・ロット)、9位にバーデン・クック(ユニベット.com)が入っている。

オーストラリア選手権が終わると、次に控えるのがシーズンの始まりを告げるツアー・ダウンアンダーだ。いよいよ2007年シーズンがオーストラリアの地で動き出す。

オーストラリア選手権結果
1位 ダレン・ラップソーン(ドラパック・ポルシェ)
2位 ロバート・マクラクラン(ドラパック・ポルシェ)
3位 カール・メンジーズ(ヘルスネット)
4位 ヒルトン・クラーク(ナビゲイター・インシュランス)
5位 ディヴィド・マクパートランド(テナックス)
6位 マシュー・ロイド(プレディクトール・ロット)
7位 ロリー・スザーランド(ヘルスネット)
8位 ジョナサン・クラーク(サウスオーストラリア.com)
9位 バーデン・クック(ユニベット.com)
10位 ピーター・マクドナルド(FRFクーリエ)

text:Kei.TSUJI
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. 揺らぐチームスカイ、”もう一人のエース”ゲラント・トーマスが移籍を示唆、問われているのはスキャンダル続きのチームスカイの倫理観 2. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第5ステージ:オマーンでアスタナ躍動!アオガーベではクウィアトコウスキーが逆転で、デル・ソルがウェレンスが踏ん張り総合優勝 3. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第4ステージ:クラシックライダーのウェレンスがステージ優勝と総合リーダーに、グローネウェーゲンもステージ勝利 4. フロントシングルで挑むアクアブルースポーツ、平坦から山岳まで早くも結果を出す!多段化へ一石を投じることになるか?ギア比の効率を考えれば11速でも戦えることを実証 5. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第3ステージ:デル・ソルではモドロが正真正銘の勝利、アルガーベでトーマスはTTで圧倒的存在感 6. クラシック前のステージレースが続々と開幕!ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第1ステージ:やらかした!モドロが早すぎるガッツポーズで勝利逃す 7. コラム:果たしてハイエンドコンポーネントはレースで絶対なのか?プロレース現場とアマチュアの違い 8. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第2ステージ:ハースがオマーンでステージ優勝!チームスカイはアルガーベとデル・ソルでステージ勝利と総合首位 9. オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感! 10. アジア選手権:山本大喜がU-23 ロードで金メダル獲得、別府文之はエリートロードで銀メダル!男子ジュニアロードは日野泰静が金、女子ジュニアは岩元杏奈が銀!

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013