新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

2006/11/9 13:53

ツール・ド・おきなわ2006

離島サイクリング体験ガイド


Check このエントリーをはてなブックマークに追加
バリエーション豊かな離島サイクリングの部

島サイクリング
『超初心者が楽しめるのも島サイクリングの魅力。ヘルメット着用義務もなし』
島サイクリング
『フェリーに乗って伊是名島に到着。「ハブのいない島」だとか』
名所見物
『名所見物も行程に含まれています』
島内
『島内はクルマもほとんど通らないから安心して走れます』
石垣
『石垣づくりの集落を抜けて走る』
民家
『古い民家を訪問』
カチャーシー
『夜は浜辺でカチャーシー(手踊り)で楽しむ。バンド演奏つきです』
ツール・ド・おきなわといえばレース部門と本島一周サイクリングが有名ですが、誰でも気軽に楽しむことができる離島サイクリングも魅力いっぱいです。島のサイクリングでは、沖縄における琉球の歴史、島独特の石垣がある家並みなどを見て歴史と自然を感じることができます。また、農業・漁業を体験できる、やんばる離島体験サイクルツアーとして実施されています。

離島サイクリングには、沖縄本島の北西の伊是名島・伊平屋島を巡る1泊コースと、美ら海水族館がある本部半島の西の伊江島を巡る日帰りコースがあります。

伊是名島までの道のりは、名護から今帰仁村の運天港まで走り、海上約30km沖合い、フェリーで1時間弱で到着する。トライアスロンでも有名な伊是名島は、きれいな海とサンゴ礁に囲まれた直径約5kmのほぼ円形の島だ。琉球王朝第二王統の始祖、尚円王生誕の地として知られるこの島は、旧跡や名所だけではなく、手つかずの自然がたくさん残る場所。

伊平屋島は、伊是名島と同じく運天港からフェリーが出ていて、1時間20分ほどで着く。こちらも本土の観光客などほとんどいない、美しい海岸線がみられる島。
2島とも、八重山諸島の竹富島などが有名な赤瓦屋根の家並みの民家集落がいまだに残り、琉球らしい風景と、のどかさに満ちた美ら島だ。

どんな人たちが参加する?

ここではおもに「まるごと体験・一泊2日で訪れる伊是名島サイクリング」の体験談をもとにご紹介しましょう。
参加者は沖縄好きな本土の方もいますが、多くは県内のサイクリング愛好者です。このコースの常連の方は、1年おきに伊是名コース・伊平屋コースと交互に参加する人もいるようです。

離島サイクリングの魅力
 

離島サイクリングの魅力は、走ることに加えて沖縄の風土を肌で感じたり、島の人とのふれあい、企画された面白体験が楽しめることにあるでしょう。ありきたりの観光と違い、自転車の旅では沖縄をより身近に感じることができます。

また島内では車の心配はそれほどしなくて、のんびり楽しんで走れます。自転車に慣れていない人でも安心して参加することができるのです。たとえばレースに出場するお父さんの同伴にきた家族の方々や、応援のご友人に皆さんが参加するのにもうってつけといえるでしょう。

走る+どんなことをする?

昨年の参加者(伊是名コース)の中には、なんと釣竿持参の方がいました。2日目はフェリーの出港まで自由時間でしたので、伊是名ビーチでシーカヤックに乗りました。今年の伊是名コースでは、浅瀬での追い込み漁や田植えの体験ができるそうです。楽しそうでしょう!

どんな準備が必要?

荷物は伴走する車に預けるので、持って走る必要がありません。気をつけることいえば、島には金融機関は郵便局しかありませんし、日曜の夕方にしか名護に戻ってこないので心配なら多少多めの現金を用意しましょう。島ではカードは使えません。それぐらいです。

自転車で走ること自体が不安だとすれば?

超のつく初心者の方も多いこのコース。心配は尽きないでしょう。走る際にメカニックは帯同していませんが、不測の事態に備えて伴走車がありますので、トラブったら収容してもらい、次に進みましょう。とくに1日目の運天港までの道のりでは、乗らなくてはならないフェリーの時間もありますから。

食事内容は?

昨年の伊是名コースでは島に到着したお昼はお弁当でした。夕食はビーチでのバーベキューで、そのままビーチパーティーに。最後は琉球音楽にのってみんなでカチャーシー(手踊り)で締めます。楽しいですよ!

自転車が初心者でも走れる?

昨年は小学生も参加していましたし、ママチャリ経験のみで参加した方などがいましたが、事故・トラブル無く皆さん楽しんで完走しました。コース上にとくに厳しい箇所はありません。また大会側でレンタサイクルも用意され、それで参加する方々もいます。

参加のためのワンポイントアドバイス

2日目の夕方に運天港から名護市内までは日曜日とはいえ夕方の幹線道路を走るので要注意!公道を走りますので交通ルールを守ることは他の種目と同じです。

気温だけみれば暖かいイメージの沖縄ですが、離島で北寄りの風が吹くと思ったより寒さを感じるかもしれません。動きやすくて暖かい服装の用意をお忘れなく。

特別に必要なものはありませんが、カメラの電池は新品にするか、予備の用意をしたほうが無難かも? なぜって、写真を撮りすぎてしまいますからね!
中村忍(なかむらしのぶ)
『中村忍(なかむらしのぶ)』


adviser/中村忍(なかむらしのぶ)
日本アドベンチャーサイクリスト協会所属。1985年から4年間かけて世界一周自転車旅行を走破。昨年は伊是名島のサイクリングリーダーを務めた。愛知県出身。現在沖縄に魅せられ那覇市在住。
 
AD:CyclingExpress(external)
AD:CyclingExpress(D2R)
SRM

NEWS RANKING

1. 九死に一生、ホーナーが実はひき逃げにあっていた事が判明、ひき逃げ犯が捕まり、ようやく詳細が語れるように、「不運な中でも、ラッキーだった」、ホーナーの強運はまだ続く 2. パリ〜ルーベ2014 選手コメント1〜10位:「昔から飽きることなく、変わることなく延々と続けられてきた、でもだからこそ特別で皆が心から愛するレースなんだよね。(笑)」 3. 火のないところに煙は立たぬ、来シーズンへ向けた契約をめぐる心理戦も開幕!噂が飛び交うコース外、各チームと選手たちの年俸と契約内容をめぐる駆け引きが早くも本格化 4. ブラバンツ・パイル2014:お待たせしました!ジルベールがアルデンヌクラシックへ向けて準備万端の快心の勝利!新城も終盤に見せ場を作る健闘を見せ好調さをアピール! 5. ベルキンのエース、ヘーシンクに暗雲、ストレス性の不整脈で今シーズンの予定が白紙状態に、一日も早い復帰に期待 6. 鉄人クリス・ホーナーが事故で大怪我、シーズン前半は絶望的か? 7. パリ〜ルーベ2014:Mr.逃げ男テルプストラが残り6kmから逃げ切り勝利!OPQSのチームワーク炸裂!カンチェもウィギンスもサガン動けず!2位はスプリントでデゲンコルブ! 8. サイクリングウェア ブランドナビ 9. 今あえて650cはいかが?700cがスタンダードな中で見直されるべき存在、選択肢の幅が広がれば、ライドスタイルもより細密化される? 10. ビギナー向けグレード比較 最適なコンポを選ぼう!