新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

SCIENCE:DHではどの姿勢が一番速いのか、フルーム、サガン、ニーバリ、パンターニらの特徴的なDHフォームを科学的に検証 ジロ・デ・イタリア第16ステージ:デュムランに悪夢!総合リーダーの座を守るも腹痛で雉撃ち、前代未聞のタイムロス!ステージを制したのはニーバリ、総合勢上位は一気に僅差に ジロ・デ・イタリア第16ステージ選手コメント:「糞のせいでリアルにくそっ!だよ。」「流石に漏らすという選択肢はなかったよ。」「糞出して軽くなった分下りでは速かっただろ。」〜デュムラン ジロ・デ・イタリア第17ステージ選手コメント:「僕はここに野糞をしたことで歴史に名を残しに来たんじゃない。ミラノでマリア・ローザを着ていることで歴史に名を刻みたいんだよ。(笑)」〜デュムラン ジロ・デ・イタリア第17ステージ:逃げは乗らなきゃ当たらない!ローランが逃げ集団から飛び出してようやく勝利!総合勢は今日は一休み ジロ・デ・イタリア第16ステージ選手コメント:「ライバルのアクシデントでタイムが稼げても嬉しくないよ」〜デュムラン、 「ただ今年のジロが極めてレベルが高いってことだよ」〜ニーバリ ジロ・デ・イタリア第15ステージ:クラッシックレースさながらのステージは総合勢による少数スプリントに!制したのはユンゲルス!クイックステップはチーム5勝目!キンターナ2位、ピノー3位 ツアー・オブ・カリフォルニア第6ステージ:TTで総合勢シャッフル!ベネットが総合リーダーに!ステージ優勝はジョナサン・ディベンが想定外の勝利!
2006/11/4 23:26

サイクルモード2006

11月4日 会場レポート


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
試乗パスの発行
『会場に入る前に試乗パスの発行を受けよう』
MTBの試乗コース
『MTBの試乗コース』
コルナゴのブース
『試乗待ちの列ができているコルナゴのブース』
SPDヒートフォームシステム
『シマノブースにおける「SPDヒートフォームシステム」のデモンストレーション』
Team VANのトークショー
『CYCLINGTIME.comブースで行われたTeam VANGのトークショー』
国内最大のスポーツ&ブランド自転車展示・試乗イベントを標榜する「サイクルモード2006」が開幕した。会場は各種の展示会でお馴染みの幕張メッセだ。

サイクルモードの特徴は、なんと言っても試乗がメインであること。各社とも大量の試乗車を用意している。試乗をしたい人が幕張メッセに着いたらまずやることは、試乗パスを発行してもらうこと。会場の入口にあるブースで誓約書に記入してパスをもらったら、それを首から下げて展示ホールに入ろう。

各社のスポーツバイクを一斉に試乗できる機会は貴重なだけに、土曜日の会場は朝から大変な熱気に包まれた。各社のブースには試乗待ちの長い列ができており、目当ての自転車に乗れるまで時間がかかった人も多いようだ。日曜日も同様の盛り上がりが予想されるだけに、来場する人は目当てのブランドを絞っておいたほうがいいだろう。そして数を乗りたいならなるべく早い時間に来ることをおすすめする。

試乗がメインなだけあって、展示車がすべて試乗に出払っているブースがあるほか、大勢の人が各社のブースから試乗コースの間を移動している。また、会場のホール中央部分に試乗コースがせり出していることもあり、ホール内の左右を移動するのに少し難があるなど、状況によってはニューモデルをじっくりと眺めることが難しいかもしれない。それでも各ブースやメインステージでトークショーやデモンストレーションをたくさん行っているので、そういったものを片っ端から見ていくのも良いだろう。

例えばシマノブースでは、インソールを加熱成形してひとりひとりの足にフィットさせる、話題の「SPDヒートフォームシステム」のデモンストレーションを随時行っていた。また、サイクルアパレルでおなじみのパールイズミブースでも、同社の製品を使用している実業団選手を交えたトークショーが行われていた。そして、シマノやブリヂストンサイクルといったチームを擁しているメーカーでは、選手自らがブースでパンフレットを配ったり説明をしたりしているので、思い切って色々なことを聞いてみるのも良いだろう。

もちろん、CYCLINGTIME.comでも各チームの選手やメーカー担当者などを交えたトークショーを随時開催しているので、ぜひ立ち寄ってほしい。もちろん各自転車雑誌もブースを出していて、中でも「サイクルスポーツ」と「ファンライド」はゲストも用意して熱の入ったプレゼンテーションやトークショーを行っていた。

各社の新製品を見て、触れることができる「サイクルモード2006」。幕張メッセは明日の日曜日限りなので、ぜひ訪れてみてはいかがだろう。
 


CYCLEMODE2006 会場レポート グラフィックス

text&photo:Gen SUGAI
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:SIXTH_310x174_20150826(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. SCIENCE:DHではどの姿勢が一番速いのか、フルーム、サガン、ニーバリ、パンターニらの特徴的なDHフォームを科学的に検証 2. ジロ・デ・イタリア第16ステージ:デュムランに悪夢!総合リーダーの座を守るも腹痛で雉撃ち、前代未聞のタイムロス!ステージを制したのはニーバリ、総合勢上位は一気に僅差に 3. ジロ・デ・イタリア第16ステージ選手コメント:「糞のせいでリアルにくそっ!だよ。」「流石に漏らすという選択肢はなかったよ。」「糞出して軽くなった分下りでは速かっただろ。」〜デュムラン 4. ジロ・デ・イタリア第17ステージ選手コメント:「僕はここに野糞をしたことで歴史に名を残しに来たんじゃない。ミラノでマリア・ローザを着ていることで歴史に名を刻みたいんだよ。(笑)」〜デュムラン 5. ジロ・デ・イタリア第17ステージ:逃げは乗らなきゃ当たらない!ローランが逃げ集団から飛び出してようやく勝利!総合勢は今日は一休み 6. ジロ・デ・イタリア第16ステージ選手コメント:「ライバルのアクシデントでタイムが稼げても嬉しくないよ」〜デュムラン、 「ただ今年のジロが極めてレベルが高いってことだよ」〜ニーバリ 7. ジロ・デ・イタリア第15ステージ:クラッシックレースさながらのステージは総合勢による少数スプリントに!制したのはユンゲルス!クイックステップはチーム5勝目!キンターナ2位、ピノー3位 8. ツアー・オブ・カリフォルニア第6ステージ:TTで総合勢シャッフル!ベネットが総合リーダーに!ステージ優勝はジョナサン・ディベンが想定外の勝利! 9. ジロ・デ・イタリア第14ステージ:デュムランが会心の一撃でライバルたちを粉砕!キンターナやニーバリもその餌食に!マイペースで粘った末に攻撃、これがデュムランスタイル 10. サイクリングウェア ブランドナビ

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013