新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

揺らぐチームスカイ、”もう一人のエース”ゲラント・トーマスが移籍を示唆、問われているのはスキャンダル続きのチームスカイの倫理観 ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第5ステージ:オマーンでアスタナ躍動!アオガーベではクウィアトコウスキーが逆転で、デル・ソルがウェレンスが踏ん張り総合優勝 ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第4ステージ:クラシックライダーのウェレンスがステージ優勝と総合リーダーに、グローネウェーゲンもステージ勝利 フロントシングルで挑むアクアブルースポーツ、平坦から山岳まで早くも結果を出す!多段化へ一石を投じることになるか?ギア比の効率を考えれば11速でも戦えることを実証 ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第3ステージ:デル・ソルではモドロが正真正銘の勝利、アルガーベでトーマスはTTで圧倒的存在感 クラシック前のステージレースが続々と開幕!ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第1ステージ:やらかした!モドロが早すぎるガッツポーズで勝利逃す コラム:果たしてハイエンドコンポーネントはレースで絶対なのか?プロレース現場とアマチュアの違い ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第2ステージ:ハースがオマーンでステージ優勝!チームスカイはアルガーベとデル・ソルでステージ勝利と総合首位
2018/2/4 20:36

フロントシングルで挑むアクアブルースポーツ

フロントシングルで挑むアクアブルースポーツ、平坦から山岳まで早くも結果を出す!多段化へ一石を投じることになるか?ギア比の効率を考えれば11速でも戦えることを実証


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
今シーズン様々な注目があるが、その中で多くの人の関心を寄せていたのがアクアブルースポーツの1Xシステム(フロント1速のみのフロントシングル)の採用だ。マウンテンバイクやシクロクロスではよく見かける光景であったが、ロードでは多段化ばかりが進んでいく中で、それに一石を投じるかの如くスラムが導入したフロントシングルが果たしてどこまで通用するのかは全く未知数だった。しかしそんな心配は無用だったようだ。まだシーズン開幕直後にもかかわらず、早くもすでにスプリント勝利に山岳賞獲得とキッチリと結果を残して見せている。

現在主力を占めるコンポーネント業界が、リア12速(フロント2速でトータルで24速)に、さらにはそのためにリアエンドのワイド化まで視野に入れているのに対し、あえて段数を減らすことを選択するというスラムの選択はまさに時代逆行と言えるかもしれない。多段化が進めば進むほど、似たようなギア比はより多く発生することとなる。なのであればあえてリアは11速のままでフロントを1枚にし、重量とメカトラのリスクを軽減するように考えられたのがフロントシングルだ。その代わりに重要となるのがリアとフロントのギアの選択だ。それを使いこなしたアクアブルースポーツは一発でフロントシングルの可能性を示して見せた。


『フロントシングルで早くも結果を出した @3T』
開幕を迎えたばかりのオーストラリアでの今シーズンのレース、まずはカデル・エヴァンスグレートオーシャンロードレースでラッセ・ノーマ・ハンセンがフロント44Tにリア11−36T を使用して最大勾配22%の山岳を制して山岳賞を獲得、さらにはヘラルドサンツアーではフロント54T、リア11−36T を使用して並みいる強豪を抑えてのスプリントステージ勝利と、その力をいかんなく発揮している。

そんなフロントシングルのバイクに関してハンセンは、「最初はフロントが変速できないことでリアのギアの間隔がすごく気になるかと思ったんだけど、実際使ってみたらそうでもないどころか、フロントの変速がなくなったことで変速の意識がリアのみになりすごく楽に走れるよ。余計なトラブルの心配も減ったしね。まあ山岳ステージなどでのフロントのギアの選択は今後実際に走っての課題だね。」と語り、現状このセットアップで戦えるという手ごたえをつかんでいるようだ。

しかしまだまだシーズンは長いし、これからのレースでは多様なステージが待ち構えることとなる。そのコースに合わせたギア設定を選手たち各自がしっかりと見極めることとなるだろう。それでもシーズン序盤で結果を残した功績は大きい。それはフロントシングルの一つの可能性を明確に示したと言えるだろう。今シーズンアクアブルースポーツがどのような結果を残すかによっては、来シーズン以降スラムへの変更を検討する強豪チームが出てもおかしくはない。

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. 揺らぐチームスカイ、”もう一人のエース”ゲラント・トーマスが移籍を示唆、問われているのはスキャンダル続きのチームスカイの倫理観 2. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第5ステージ:オマーンでアスタナ躍動!アオガーベではクウィアトコウスキーが逆転で、デル・ソルがウェレンスが踏ん張り総合優勝 3. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第4ステージ:クラシックライダーのウェレンスがステージ優勝と総合リーダーに、グローネウェーゲンもステージ勝利 4. フロントシングルで挑むアクアブルースポーツ、平坦から山岳まで早くも結果を出す!多段化へ一石を投じることになるか?ギア比の効率を考えれば11速でも戦えることを実証 5. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第3ステージ:デル・ソルではモドロが正真正銘の勝利、アルガーベでトーマスはTTで圧倒的存在感 6. クラシック前のステージレースが続々と開幕!ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第1ステージ:やらかした!モドロが早すぎるガッツポーズで勝利逃す 7. コラム:果たしてハイエンドコンポーネントはレースで絶対なのか?プロレース現場とアマチュアの違い 8. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第2ステージ:ハースがオマーンでステージ優勝!チームスカイはアルガーベとデル・ソルでステージ勝利と総合首位 9. オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感! 10. アジア選手権:山本大喜がU-23 ロードで金メダル獲得、別府文之はエリートロードで銀メダル!男子ジュニアロードは日野泰静が金、女子ジュニアは岩元杏奈が銀!

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013