新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

揺らぐチームスカイ、”もう一人のエース”ゲラント・トーマスが移籍を示唆、問われているのはスキャンダル続きのチームスカイの倫理観 ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第5ステージ:オマーンでアスタナ躍動!アオガーベではクウィアトコウスキーが逆転で、デル・ソルがウェレンスが踏ん張り総合優勝 ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第4ステージ:クラシックライダーのウェレンスがステージ優勝と総合リーダーに、グローネウェーゲンもステージ勝利 フロントシングルで挑むアクアブルースポーツ、平坦から山岳まで早くも結果を出す!多段化へ一石を投じることになるか?ギア比の効率を考えれば11速でも戦えることを実証 ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第3ステージ:デル・ソルではモドロが正真正銘の勝利、アルガーベでトーマスはTTで圧倒的存在感 クラシック前のステージレースが続々と開幕!ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第1ステージ:やらかした!モドロが早すぎるガッツポーズで勝利逃す コラム:果たしてハイエンドコンポーネントはレースで絶対なのか?プロレース現場とアマチュアの違い ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第2ステージ:ハースがオマーンでステージ優勝!チームスカイはアルガーベとデル・ソルでステージ勝利と総合首位
2018/2/1 22:33

ブエルタ・ア・サン・ホァンは今年も下克上

もう一つの開幕戦、アルゼンチンのブエルタ・ア・サン・ホァンは今年も下克上で幕、世界の強豪選手相手に地元勢が大暴れでナハールがクイーンステージ制覇からそのまま総合優勝!


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

『I am No.1! @Tim D Waele』
地元の利とはよく言ったものだ。南米で唯一ワールドツアーチームが参加するビッグレースでは、今年も下克上が成立、ジャイアント・キリングを地元選手が達成してのけた。母国のレースで格下の選手が大物食いを果たすのは南米では当たり前の光景になりつつあり、いかにポテンシャルを秘めた選手が多いかを物語っている。サッカーではヨーロッパと南米が世界のトップクラスに君臨するが、サイクリングでも南米勢が今後世界勢力となる可能性を秘めている。


『圧倒的な足を見せての勝利 @Tim D Waele』

『コンドルポーズで勝利を祝う @Tim D Waele』
第5ステージのクイーンステージ、最後の山岳でするすると抜け出したのは現アルゼンチンロードチャンピオンのゴンザロ・ナハール(S.E.Pデ・サン・ホァン)、前日までの総合リーダーフィリッポ・ガンナ(UAEチームエミレーツ)、オスカル・セビーリャ(メデリン・インテル)、ルドルフォ・トーレス(アンドローニ・ジョカットリ・シダーメック)らが猛追をするが、テンポよく快走を続けるナハールには全く問題がなかった。そのまま後続に2分近い差をつけてのゴールで、一気に総合リーダーに躍り出た。


『逃げから飛び出しキッチリ勝利 @Tim D Waele』

『ワールドツアーチームの意地を見せた @Tim D Waele』
第6ステージではワールドツアーチームが意地を見せた。ロット・ソウダルのイェーレ・ワレイスが逃げ集団から飛び出しそのままトップでゴールし、ローカルチームの大躍進に歯止めをかけた。しかし2位には今や一大勢力となりつつあるコロンビアのロビグソン・オヨラ(メデリン・インテル)がトラヴィス・マッカベ(ユナイテッドヘルスケア)とイリヨ・カイセ(クイックステップ・フロアーズ)を抑えるなど、下克上は続く。


『早くもシーズン初勝利 @Tim D Waele』

『ニッツォーロが勝利 @Tim D Waele』
最終日第7ステージはスプリントステージ、もうこうなれば総合優勝のナハールは確定的、2位に51秒の大差は最後まで変わることはなかった。ステージを制したのはジャコモ・ニッツォーロ(トレック・セガフレド)、ステージ2勝目を狙ったマキシミリアーノ・リケーゼ(クイックステップ・フロアーズ)は2位に沈んだ。

今年もまさかの下克上、ナショナルチャンピオンではあるが前評判の高くなかった24歳のナハールがまさかの総合優勝、頂上ゴールの際はコンドルのポーズで勝利を祝い、そしてそのまま最後までその座を譲らなかった。思い切りよく勝負し、可能性に欠けるそのハングリーさは次へつながる大きなステップとなるかもしれない。

今年も新たな才能が多くみられた南米での開幕戦、南米勢力がどこまでその勢いを強めていくのか、まだまだ自転車レース後進国でありながらも多くの才能を抱える可能性秘めたこのレースは今後もいろいろな意味での指針となりそうだ。

ブエルタ・ア・サン・ホァン
優勝 ゴンザロ・ナハール(S.E.Pデ・サン・ホァン)   21h59’06”
2位 オスカル・セヴィーリャ(メデリン・インテル)   +51”
3位 フィリッポ・ガンナ(UAEチームエミレーツ)   +1’01”
4位 ルドルフォ・トーレス(アンドローニ・ジョカットリ・シダーメック)   +1’41”
5位 ラファル・マイカ(ボーラ・ハンスグロエ)   +1’58”
6位 ティス・ベノート(ロット・ソウダル)   +1’59”
7位 オマール・メンドーザ(メデリン・インテル)   +2’08”
8位 ダイヤー・キンターナ(モビスター)   +2’58”
9位 カンスタンティン・シウトソウ(バーレーン・メリダ)   +3’19”
10位 レミ・カヴァーニャ(クイックステップ・フロアーズ)   +3’26”

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. 揺らぐチームスカイ、”もう一人のエース”ゲラント・トーマスが移籍を示唆、問われているのはスキャンダル続きのチームスカイの倫理観 2. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第5ステージ:オマーンでアスタナ躍動!アオガーベではクウィアトコウスキーが逆転で、デル・ソルがウェレンスが踏ん張り総合優勝 3. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第4ステージ:クラシックライダーのウェレンスがステージ優勝と総合リーダーに、グローネウェーゲンもステージ勝利 4. フロントシングルで挑むアクアブルースポーツ、平坦から山岳まで早くも結果を出す!多段化へ一石を投じることになるか?ギア比の効率を考えれば11速でも戦えることを実証 5. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第3ステージ:デル・ソルではモドロが正真正銘の勝利、アルガーベでトーマスはTTで圧倒的存在感 6. クラシック前のステージレースが続々と開幕!ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第1ステージ:やらかした!モドロが早すぎるガッツポーズで勝利逃す 7. コラム:果たしてハイエンドコンポーネントはレースで絶対なのか?プロレース現場とアマチュアの違い 8. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第2ステージ:ハースがオマーンでステージ優勝!チームスカイはアルガーベとデル・ソルでステージ勝利と総合首位 9. オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感! 10. アジア選手権:山本大喜がU-23 ロードで金メダル獲得、別府文之はエリートロードで銀メダル!男子ジュニアロードは日野泰静が金、女子ジュニアは岩元杏奈が銀!

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013