新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

揺らぐチームスカイ、”もう一人のエース”ゲラント・トーマスが移籍を示唆、問われているのはスキャンダル続きのチームスカイの倫理観 ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第5ステージ:オマーンでアスタナ躍動!アオガーベではクウィアトコウスキーが逆転で、デル・ソルがウェレンスが踏ん張り総合優勝 ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第4ステージ:クラシックライダーのウェレンスがステージ優勝と総合リーダーに、グローネウェーゲンもステージ勝利 フロントシングルで挑むアクアブルースポーツ、平坦から山岳まで早くも結果を出す!多段化へ一石を投じることになるか?ギア比の効率を考えれば11速でも戦えることを実証 ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第3ステージ:デル・ソルではモドロが正真正銘の勝利、アルガーベでトーマスはTTで圧倒的存在感 クラシック前のステージレースが続々と開幕!ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第1ステージ:やらかした!モドロが早すぎるガッツポーズで勝利逃す コラム:果たしてハイエンドコンポーネントはレースで絶対なのか?プロレース現場とアマチュアの違い ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第2ステージ:ハースがオマーンでステージ優勝!チームスカイはアルガーベとデル・ソルでステージ勝利と総合首位
2017/12/30 16:23

Q36.5 というフィット感

オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感!


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
世の中にはすでに多くのウェアブランドが存在している。しかしケイリンアジアチャンピオン脇本雄太選手(右)、北京・リオ五輪日本代表の渡邉一成選手(左)、スプリント日本チャンピオンの前田佳代乃選手 らオリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)トラックチームはその中からイタリア生まれのQ36.5 を選んだ。Q36.5はロンドンオリンピックでも多くのメダリストが着用するなど、その空力性能とフィット感においてプロ選手たちの評価は高く、着ているだけでさらに一歩その先へと漕ぎ出すことができる最強のウェアと言えるだろう。


『JPCも使用している @RGT』
Q36.5とは、ラテン語で研究を意味するQuarereの頭文字であるQと、健康体の人間の平均体温である36.5度から来ている。人間が最良の状態で活動できることをサポートするその体温を維持してくれるウェアこそがQ36.5 なのだ。ブランド自体は2013年と新しいが、率いるルイジ・ベルガモはその分野で20年以上の経験を持つ大ベテランだ。

元プロ選手でもあるベルガモが行き着いたのが「シンプルさ」という答えだった。シンプルで無駄のないウェアこそが最速である、という信念のもと、繰り返しデザインと素材選びが行われた。イタリアのオートクチュールがそうであるように、ウェアとは体にフィットするだけではなく、それを着用しての行動がいかにスムースに行えるのかに真価がある。それに加えイタリアの技術と職人技にこだわり、すべての素材はイタリア製、そしてその作業工程もすべてイタリアで行われるという徹底したこだわりから生み出されるのがQ36.5なのだ。


『ベルガモの理論がそこにはある @RGT』
厳選された素材と独自の理論に裏付けされたデザインは、「最速」を目指すために作られた武器ともいえるだろう。それほどまでにQ36.5の着用感はほかのジャージのそれと異なる。素材へのこだわりだけではない、とにかく最優先されたのはいかにフィットしたうえで動きやすいかということ、人体とその動きを研究し生み出された答えが、「動作を一切妨げない快適性の追求」だった。そしてその結論として生み出されたサイクリングウェアは結果的に最軽量のサイクリングウェアとなった。一切の耐久性を犠牲にすることなく、それどころか耐久性をさらに上げながら軽量化しながらも、従来のウェアに比べて100g以上も軽量になっているのだ。


『最高級素材を厳選して使用 @RGT』
着心地を説明するのは極めて難しいが、従来のウェアが服を着ているのに近い感覚だったと例えるならば、Q36.5のそれはまるで自分の皮膚の上にもう一枚の皮膚があるように感じる自然さなのだ。だからこそ着用しての動きは滑らかそのもの、一切の違和感なく極めてナチュラルな感覚でペダルを漕ぐことができるのだ。


『このメタリック感が何とも言えずそそられる @RGT』
そのデザインもまた独特だ。一目見ただけでQ36.5 とわかるデザインが多く、個性的だ。比較的シンプルなものが多く、着こなしやすいだろう。中でも個性的なのがテルミカジャケットだろう。中でもシルバーはまるで宇宙服のようにメタリックに輝き、どこにいても一目瞭然だ。薄型にもかかわらず体温がキープでき、ピタッとフィットするその構造は、動きが緩慢になりがちな冬場でも体のキレを維持してくれそうだ。


『フィット感最高のグローブ @RGT』
また秀逸なのがサイクリンググローブだ。とにかくはめ心地がいいのだ。グローブは様々なものを愛用してきたが、その中で間違いなくナンバーワンのはめ心地だろう。ウェア同様にフィット感に優れ、手袋をしているというゴワゴワ感が少ないのだ。

ラインナップはキャップからジャージ、インナー、グローブ、靴下、レインジャケットなど多岐にわたる。ウェアは決して安いものではないが、機能性に特化しフィット感を追い求めたQ36.5 を試す価値は十二分にある。この究極のフィット感の虜にあなたもなるだろう。


『独特の素材感と着心地 @RGT』

RGTエンタープライズ HP Q36.5トップ
https://www.rgtenterprises.com/brand-list-1/q36-5/
Q36.5 Japan Facebook ページ
https://www.facebook.com/pages/Q365-Japan/225019294362467

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. 揺らぐチームスカイ、”もう一人のエース”ゲラント・トーマスが移籍を示唆、問われているのはスキャンダル続きのチームスカイの倫理観 2. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第5ステージ:オマーンでアスタナ躍動!アオガーベではクウィアトコウスキーが逆転で、デル・ソルがウェレンスが踏ん張り総合優勝 3. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第4ステージ:クラシックライダーのウェレンスがステージ優勝と総合リーダーに、グローネウェーゲンもステージ勝利 4. フロントシングルで挑むアクアブルースポーツ、平坦から山岳まで早くも結果を出す!多段化へ一石を投じることになるか?ギア比の効率を考えれば11速でも戦えることを実証 5. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第3ステージ:デル・ソルではモドロが正真正銘の勝利、アルガーベでトーマスはTTで圧倒的存在感 6. クラシック前のステージレースが続々と開幕!ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第1ステージ:やらかした!モドロが早すぎるガッツポーズで勝利逃す 7. コラム:果たしてハイエンドコンポーネントはレースで絶対なのか?プロレース現場とアマチュアの違い 8. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第2ステージ:ハースがオマーンでステージ優勝!チームスカイはアルガーベとデル・ソルでステージ勝利と総合首位 9. オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感! 10. アジア選手権:山本大喜がU-23 ロードで金メダル獲得、別府文之はエリートロードで銀メダル!男子ジュニアロードは日野泰静が金、女子ジュニアは岩元杏奈が銀!

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013