新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第4ステージ:クラシックライダーのウェレンスがステージ優勝と総合リーダーに、グローネウェーゲンもステージ勝利 ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第5ステージ:オマーンでアスタナ躍動!アオガーベではクウィアトコウスキーが逆転で、デル・ソルがウェレンスが踏ん張り総合優勝 ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第3ステージ:デル・ソルではモドロが正真正銘の勝利、アルガーベでトーマスはTTで圧倒的存在感 クラシック前のステージレースが続々と開幕!ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第1ステージ:やらかした!モドロが早すぎるガッツポーズで勝利逃す ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第2ステージ:ハースがオマーンでステージ優勝!チームスカイはアルガーベとデル・ソルでステージ勝利と総合首位 フロントシングルで挑むアクアブルースポーツ、平坦から山岳まで早くも結果を出す!多段化へ一石を投じることになるか?ギア比の効率を考えれば11速でも戦えることを実証 アジア選手権:山本大喜がU-23 ロードで金メダル獲得、別府文之はエリートロードで銀メダル!男子ジュニアロードは日野泰静が金、女子ジュニアは岩元杏奈が銀! コラム:果たしてハイエンドコンポーネントはレースで絶対なのか?プロレース現場とアマチュアの違い
2017/11/27 7:29

UCIシクロクロス第5戦ツェーフェン

UCIシクロクロス第5戦ツェーフェン:世界チャンピオンの意地炸裂!泥沼コースでアートが独走でファン・デル・ポエルのUCI世界戦連勝を4でストップ!僅かワンミスで優勝遠のく


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
第2周回でチェーンを落としてしまったマシュー・ファン・デル・ポエル(ベオバンク・コレンドン)、そのたった一度のミスがUCI戦5連勝を逃すきっかけとなってしまった。そしてそれを逃さなかったのは世界チャンピオンのアルカンシエルを着用するワウト・ファン・アート(クレラン・チャールス)、ようやく世界チャンピオンがその意地で勝利をつかんで見せた。


『世界チャンピオンの意地 ©Tim D.Waele』

『安堵のガッツポーズ ©Tim D.Waele』
「ようやく勝てたよ。勝利というのはやっぱりホッとするね。今日の泥沼のコースは僕向きだったよ。勝利して次戦をホームで迎えられるのは嬉しいね。」アートは安堵の笑顔を見せた。

スタート直後は先日のレースと同じだった。ファン・デル・ポエルがいきなりのハイペースでレースを展開、それにほかの選手が必死に食らいつく展開となる。泥沼地獄では前の選手が跳ね上げる泥が目に入るため、あまり接近してその背後を走りたくないことからも、先手をとることはレースを優位に進めるには必要不可欠だ。ファン・アート、コーン・ファン・ケッセル(テレネット・フィデア・ライオンズ)らが何とかくらいつきオープニングラップをこなすと、ドラマはいきなり第2周目にいきなりやってきた。なんとファン・デル・ポエルがまさかのチェーン脱落、これにより一気に17位まで順位を下げてしまう。


『レースは序盤から動いた ©Tim D.Waele』

『何とか前を追うが… ©Tim D.Waele』
このタイミングで早くも世界チャンピオンが勝負に出る。「ファン・デル・ポエルが止まっているのが見えて、勝負はここしかないって思ったから早かったけどそのまま勝負に出たんだ。」そう語るファン・アートはそのままぐんぐん加速、2位以下の選手たちを一気に引き離し独走態勢を築いていく。その背後ではファン・デル・ポエルが抜きどころの少ない泥沼地獄をかき分け、徐々に順位を上げてくる。しかし先頭とのファン・アートとの差は全く縮まらない。トゥーン・アールツとファン・ケッセルのテレネット・フィデア・ライオンズコンビがファン・デル・ポエルの前に立ちはだかり、なかなかファン・アートの追走に入れない。


『必死の追走及ばず ©Tim D.Waele』
ようやく二人を抜き2位まで順位を上げたが、その時点でファン・アートとの差は30秒差、そこから何とか縮めようと必死の追走を見せるが時すでに遅し、余裕をもってファン・アートは頻繁にピットインしバイク交換を繰り返してペースを落とさない。そして障害物もバニーホップでクリアし、世界王者の貫録を見せつけた。

追走でスタミナを浪費したファン・デル・ポエルは最終ラップでアーツに追いつかれるも何とか踏ん張り切り2位をキープ、この二人に続く形でまたしてもアーツが表彰台を確保した。


『表彰台は若手が揃った ©Tim D.Waele』
5連勝を逃したファン・デル・ポエルは、「しょうがないよ。2位が今日のベストだったということ、今日は僕が最強ではなかったいうだけのことだよ。」とコメントした。


『担ぎもレースの一部 ©Tim D.Waele』
UCIシクロクロス第5戦順位
1位 ワウト・ファン・アート(クレラン・チャールス)   1h07’32”
2位 マシュー・ファン・デル・ポエル(ベオバンク・コレンドン)   +47’
3位 トゥーン・アーツ(テレネット・フィデア)   +50’
4位 コーン・ファン・ケッセル(テレネット・フィデア)   +1’39’
5位 マイケル・ファントゥーレンハウト(マーラックス・ナポレオン・ゲームス)   +1’57’
6位 ケヴィン・パウエルス(マーラックス・ナポレオン・ゲームス)   +2’16’
7位 クラース・ファントルノート(マーラックス・ナポレオン・ゲームス)   +2’25’
8位 マルセル・メイセン(スタイラーツ・ベットファースト)   +2’34’
9位 クインテン・ヘルマンス(テレネット・フィデア・ライオンズ)   +2’42’
10位 トム・ミーウセン(ベオバンク・コレンドン)   +2’46’

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:SIXTH_310x174_20150826(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第4ステージ:クラシックライダーのウェレンスがステージ優勝と総合リーダーに、グローネウェーゲンもステージ勝利 2. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第5ステージ:オマーンでアスタナ躍動!アオガーベではクウィアトコウスキーが逆転で、デル・ソルがウェレンスが踏ん張り総合優勝 3. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第3ステージ:デル・ソルではモドロが正真正銘の勝利、アルガーベでトーマスはTTで圧倒的存在感 4. クラシック前のステージレースが続々と開幕!ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第1ステージ:やらかした!モドロが早すぎるガッツポーズで勝利逃す 5. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第2ステージ:ハースがオマーンでステージ優勝!チームスカイはアルガーベとデル・ソルでステージ勝利と総合首位 6. フロントシングルで挑むアクアブルースポーツ、平坦から山岳まで早くも結果を出す!多段化へ一石を投じることになるか?ギア比の効率を考えれば11速でも戦えることを実証 7. アジア選手権:山本大喜がU-23 ロードで金メダル獲得、別府文之はエリートロードで銀メダル!男子ジュニアロードは日野泰静が金、女子ジュニアは岩元杏奈が銀! 8. コラム:果たしてハイエンドコンポーネントはレースで絶対なのか?プロレース現場とアマチュアの違い 9. コロンビア・オロ・イ・パズ:スカイのバーナルが大逆転総合優勝!クイーンステージ制したのはキンターナ弟、クイックステップ・フロアーズはここでも6ステージで4勝の荒稼ぎ 10. J-Builders 日本が誇る職人達 : CYCLINGTIME.com

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013