新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第4ステージ:クラシックライダーのウェレンスがステージ優勝と総合リーダーに、グローネウェーゲンもステージ勝利 ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第5ステージ:オマーンでアスタナ躍動!アオガーベではクウィアトコウスキーが逆転で、デル・ソルがウェレンスが踏ん張り総合優勝 ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第3ステージ:デル・ソルではモドロが正真正銘の勝利、アルガーベでトーマスはTTで圧倒的存在感 クラシック前のステージレースが続々と開幕!ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第1ステージ:やらかした!モドロが早すぎるガッツポーズで勝利逃す ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第2ステージ:ハースがオマーンでステージ優勝!チームスカイはアルガーベとデル・ソルでステージ勝利と総合首位 フロントシングルで挑むアクアブルースポーツ、平坦から山岳まで早くも結果を出す!多段化へ一石を投じることになるか?ギア比の効率を考えれば11速でも戦えることを実証 アジア選手権:山本大喜がU-23 ロードで金メダル獲得、別府文之はエリートロードで銀メダル!男子ジュニアロードは日野泰静が金、女子ジュニアは岩元杏奈が銀! コラム:果たしてハイエンドコンポーネントはレースで絶対なのか?プロレース現場とアマチュアの違い
2017/11/24 17:51

CRCブラックフライデー最終週!

ブラックフライデー最終週!海外の大セール期間で来年度用の機材をそろえろ!自分へのご褒美に、相方へのプレゼントに、今ならほしかった商品が安く買える大チャンス!


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
海外ではクリスマス商戦の第1段階となるブラックフライデーセールもいよいよ最終周だ。もしまだほしい商品を手にできていない、来シーズンへ向けての備品やマシン新調がまだという方は要チェックだ。自分自身への一年間のご褒美にするもよし、相方や仲間へのプレゼントにするもよし、必要なものを安く手に入れて来シーズンへ向けての準備を万端にしよう。


『Easton EC90 SL ロードホイールセット (チューブラー) ©CRC』
誰もがいくつ持っていても問題ないのがホイールだ。普段から決戦用ホイールでは練習の際などに何かトラブルがあればレースやイベントへの出走を逃してしまうことになりかねないし、もう一段改ステップアップしたい人にとっては、最初のカスタマイズはホイールにすべきだろう。そんな中で、もし最新のディスクブレーキの勝負用チューブラーホイールがほしいと思ったのであれば、Easton EC90 SL ロードホイールセット (チューブラー)がうってつけだろう。まだまだ選択肢が少ないディスクブレーキ用ホイール、その中でもチューブラーとなれば探すのも一苦労だし、選択肢もまだまだ少ない。そういった意味でイーストンのホイールということでの信頼もあり、このホイールは一考の価値がある。


『Prime - Peloton ロードホイールセット ©CRC』
また普段ばきのホイールがほしいが、そこまで予算をかけたくない、」予算がないという人にとってはPrime - Peloton ロードホイールセットなどはどうだろうか。激安のホイールセットでありながらもウェイトは1730g、そして何よりもチューブレス対応ホイールであることも選択に入れる価値があるでしょう。DTのスポークやニップルを使っており、安心して乗ることができる低価格ホイールといえるでしょう。


『Vredestein Fortezza Senso Xtreme Weather Road Tyre ©CRC』
タイヤは非常に重要なパーツであり、気に入った物を探すのも楽しいものだ。まだまだ日本では知られていないオランダメーカー、フレデステインのVredestein Fortezza Senso Xtreme Weather Road Tyreはいかがだろう。靴底メーカーとして1909年に創業、そして1930年代には自転車用タイヤを製造していた老舗だが、知名度はまだ今一つだ。このタイヤはその名の通り、特に冬場のコンディションに向けて作られたエキストリームウェザー用のタイヤだけに、この冬場のトレーニングでは強い味方となりそうだ。


『Ghost Kato 3 29" Hardtail Bike 2017 ©CRC』
冬場はロードではなくマウンテンも乗りたいんだよね、それも29インチ!という人にはGhost Kato 3 29" Hardtail Bike 2017はいかがだろう。日本未入荷のGHOST(ゴースト)はドイツではメジャーブランドでもあり、ロードからマウンテンバイクまで、競技用自転車のメーカーとして有名だ。なぜモデル名がKATO(カトー)なのかはわからないが、決して加藤さん限定フレームではない。センス良くリーズナブルにまとめられたフレームには、安っぽさはなく、この価格帯でこれだけのスペックのものを他で探すのは難しいかもしれない。いいフレームなので、買ってパーツだけ手持ちとの載せ替え、というカスタマイズもありだろう。またこのモデルにはGhost Kato 3 27.5" Hardtail Bike 2017という27.5インチモデルも同じ価格で5万円台でセールとなっているので要チェックだ。


『X-Tools Essential 30ピースツールキット ©CRC』
冬は犬のように外を駆け回りたい人もいれば、猫のようにこたつで丸くなりたい人もいるはずだ。そんな冬場インドア派にとってはバイクのメンテが自分でできれば、乗れない、乗らない寂しさも吹き飛ぶのではないだろうか?それにはまずツールが必要、ならばX-Tools Essential 30ピースツールキットはいかがだろうか?ひとしきりの工具がそろったこのセットさえあれば、たいていのことはできてしまうだろう。さらに上達すれば、さらにいい工具へとステップすればいいだろうし、まずは入り口として多くの工具がそろったキットはお勧めだ。


『Race Face Agent Jacket 2017 ©CRC』
いや、やっぱり無理をしてでも外へ出よう、そう決断したのであれば、Race Face Agent Jacket 2017を着るべきだろう。MTBバイクブランドだけに、最悪の天候を考えたつくりになっており、これからの季節普段使いにもいいのではないだろうか。

冬本番はこれから、パーツはゆっくりと揃えることができるが、安いうちに買うのがお得、このブラックフライデーセールは12月30日まで、逃さぬように要チェックだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第4ステージ:クラシックライダーのウェレンスがステージ優勝と総合リーダーに、グローネウェーゲンもステージ勝利 2. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第5ステージ:オマーンでアスタナ躍動!アオガーベではクウィアトコウスキーが逆転で、デル・ソルがウェレンスが踏ん張り総合優勝 3. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第3ステージ:デル・ソルではモドロが正真正銘の勝利、アルガーベでトーマスはTTで圧倒的存在感 4. クラシック前のステージレースが続々と開幕!ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第1ステージ:やらかした!モドロが早すぎるガッツポーズで勝利逃す 5. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第2ステージ:ハースがオマーンでステージ優勝!チームスカイはアルガーベとデル・ソルでステージ勝利と総合首位 6. フロントシングルで挑むアクアブルースポーツ、平坦から山岳まで早くも結果を出す!多段化へ一石を投じることになるか?ギア比の効率を考えれば11速でも戦えることを実証 7. アジア選手権:山本大喜がU-23 ロードで金メダル獲得、別府文之はエリートロードで銀メダル!男子ジュニアロードは日野泰静が金、女子ジュニアは岩元杏奈が銀! 8. コラム:果たしてハイエンドコンポーネントはレースで絶対なのか?プロレース現場とアマチュアの違い 9. コロンビア・オロ・イ・パズ:スカイのバーナルが大逆転総合優勝!クイーンステージ制したのはキンターナ弟、クイックステップ・フロアーズはここでも6ステージで4勝の荒稼ぎ 10. J-Builders 日本が誇る職人達 : CYCLINGTIME.com

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013