新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第4ステージ:クラシックライダーのウェレンスがステージ優勝と総合リーダーに、グローネウェーゲンもステージ勝利 ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第5ステージ:オマーンでアスタナ躍動!アオガーベではクウィアトコウスキーが逆転で、デル・ソルがウェレンスが踏ん張り総合優勝 ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第3ステージ:デル・ソルではモドロが正真正銘の勝利、アルガーベでトーマスはTTで圧倒的存在感 クラシック前のステージレースが続々と開幕!ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第1ステージ:やらかした!モドロが早すぎるガッツポーズで勝利逃す ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第2ステージ:ハースがオマーンでステージ優勝!チームスカイはアルガーベとデル・ソルでステージ勝利と総合首位 フロントシングルで挑むアクアブルースポーツ、平坦から山岳まで早くも結果を出す!多段化へ一石を投じることになるか?ギア比の効率を考えれば11速でも戦えることを実証 アジア選手権:山本大喜がU-23 ロードで金メダル獲得、別府文之はエリートロードで銀メダル!男子ジュニアロードは日野泰静が金、女子ジュニアは岩元杏奈が銀! コラム:果たしてハイエンドコンポーネントはレースで絶対なのか?プロレース現場とアマチュアの違い
2017/11/22 18:49

UCIシクロクロス第4戦 ボヘンセ

UCIシクロクロス第4戦 ボヘンセ:強すぎるファン・デル・ポエル、UCIシリーズは全戦全勝の4連勝!世界チャンピオンのファン・アートは上り調子も全く歯が立たず


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シクロクロスは、最強の鉄人と呼ばれたスヴェン・ネイスが引退したあと、完全に2強の時代となっていた。20台前半の二人のバトルがどこまで続くのかと思われたが、今シーズンはその二人の明暗がくっきりと別れている。マシュー・ファン・デル・ポエル(ベオバンク・コレンドン)は今シーズンここまで絶好調、ベルギー国内戦、ヨーロッパシリーズ、そしてUCI世界選手権シリーズの全てで勝利を量産、特にUCI戦ではこの第4戦も制して4戦4勝、圧倒的なパフォーマンスで余裕の勝利を飾った。


『圧倒的なファン・デル・ポエルの強さにライバルも脱帽 ©Tim D.Waele』
対して2度の世界チャンピオンになるなど大舞台での強さを見せているワウト・ファン・アート(クレラン・チャールス)だが、ここ数シーズンロードと並行して一年を通してレースをしているせいか、シクロクロスシーズンが開幕しても疲れのせいか調子が上がってきておらず、常にファン・デル・ポエルの背中を見ながらのレースが続いている。

「正直日差しがないせいで路面状況が読み取りにくかったんだよ。練習のときに比べてだいぶコンディションが変化していたんで、だからリズムよく走るまでに時間がかかったよ。」圧勝していながらもこの冷静な発言が、いかにファン・デル・ポエルが好調かの証だ。「練習で以前手術した膝を痛めてしまったけど、本番のレースではなんともなかったよ。」若干22歳とは思えない貫禄がすでに漂っており、ロード転向も噂されているだけに多くの関係者が注目している。


『向かい風も何のその ©Tim D.Waele』

『現在最強の男は速い ©Tim D.Waele』
スタート直後からファン・デル・ポエルの走りは圧巻だった。今シーズン好調な小さな巨人、ラース・ファン・デル・ハール(テレネット・フィデア・ライオンズ)をあっさりとパス、一度はミスをしてファン・アールトとファン・デル・ハールに追いつかれるが、2周回目に再びアタック、するとついて行けたのはヨーロッパチャンピオンのトゥーン・アールツ(テレネット・フィデア・ライオンズ)だけだった。

2トップとなった先頭はそのまま快調にとばすなか、その背後ではファン・アートが単独3位で猛追を仕掛ける。強風の影響をモロに受けたのが小柄なファン・デル・ハール、それでもしっかりと4位の座を守り続けた。


『アールツが粘った ©Tim D.Waele』
優勝い争いは一瞬だった。アールツが泥まみれのバイクの交換にピットに入り数秒を失うと、その間にファン・デル・ポエルは一気に加速、そこでついた数メートルの差が勝負の分かれ目となったそのままアールツをお置き去りにしたのだ。そして背後からはファン・アートとがこのアールツを徐々に追い詰めていく。


『圧勝のファン・デル・ポエル ©Tim D.Waele』

『アートが猛追 ©Tim D.Waele』
独走で優勝を決めたファン・デル・ポエルの後ろで、2位争いはスプリント勝負に持ち込まれ、ファン・アートが意地の2位獲得、アールツはは2強には屈したが、それでもヨーロッパチャンピオンになった実力がこの二人に次ぐものであることを証明してみせた。

「バイク交換が失敗だったかもしれない。あそこまでは必死について行ったんだけど、その数メートルで勝負がついてしまった。一度離れた距離はもう詰められなかったよ。」アールツは悔しそうな表情を見せた。

「アールツと僕は同じくらいのコンディションだったけど、ファン・デル・ポエルがただ強すぎるんだよ。現状の僕らのままでは今の彼には勝てないよ。」世界チャンピオンのアルカンシエルを着用するファン・アートは力量の差を素直に認めた。

これで総合ランキングではファン・デル・ポエルが大きく独走、年間チャンピオンへ向け順調に帆を進めている。


『本場のシクロ ©Tim D.Waele』
UCIシクロクロス第4戦 ボヘンセ
1位 マシュー・ファン・デル・ポエル(ベオバンク・コレンドン)   1h02’58”
2位 ワウト・ファン・アート(クレラン・チャールス)   +08”
3位 トゥーン・アールツ(テレネット・フィデア・ライオンズ)   +09”
4位 ラース・ファン・デル・ハール(テレネット・フィデア・ライオンズ)   +47”
5位 ティム・メリエール(クレラン・チャールス)   +1’21”
6位 コーン・ファン・ケッセル(テレネット・フィデア・ライオンズ)   +1’28”
7位 ローレンス・スウィーク(ERAサーカス)   +1’48”
8位 クインテン・ヘルマンス(テレネット・フィデア・ライオンズ)   +1’52”
9位 ミカエル・ファントゥーレンハウト(マーラックス・ナポレオンゲームス)   +2’05”
10位 ケヴィン・パウエルス(マーラックス・ナポレオンゲームス)   +2’06”

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第4ステージ:クラシックライダーのウェレンスがステージ優勝と総合リーダーに、グローネウェーゲンもステージ勝利 2. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第5ステージ:オマーンでアスタナ躍動!アオガーベではクウィアトコウスキーが逆転で、デル・ソルがウェレンスが踏ん張り総合優勝 3. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第3ステージ:デル・ソルではモドロが正真正銘の勝利、アルガーベでトーマスはTTで圧倒的存在感 4. クラシック前のステージレースが続々と開幕!ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第1ステージ:やらかした!モドロが早すぎるガッツポーズで勝利逃す 5. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第2ステージ:ハースがオマーンでステージ優勝!チームスカイはアルガーベとデル・ソルでステージ勝利と総合首位 6. フロントシングルで挑むアクアブルースポーツ、平坦から山岳まで早くも結果を出す!多段化へ一石を投じることになるか?ギア比の効率を考えれば11速でも戦えることを実証 7. アジア選手権:山本大喜がU-23 ロードで金メダル獲得、別府文之はエリートロードで銀メダル!男子ジュニアロードは日野泰静が金、女子ジュニアは岩元杏奈が銀! 8. コラム:果たしてハイエンドコンポーネントはレースで絶対なのか?プロレース現場とアマチュアの違い 9. コロンビア・オロ・イ・パズ:スカイのバーナルが大逆転総合優勝!クイーンステージ制したのはキンターナ弟、クイックステップ・フロアーズはここでも6ステージで4勝の荒稼ぎ 10. J-Builders 日本が誇る職人達 : CYCLINGTIME.com

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013