新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

UCIシクロクロス第4戦 ボヘンセ:強すぎるファン・デル・ポエル、UCIシリーズは全戦全勝の4連勝!世界チャンピオンのファン・アートは上り調子も全く歯が立たず コラム:シマノという巨人、ツールで機材バトルで圧勝、ツール全ステージDi2が勝利で見えてきたライバルコンポーネントメーカーとの力の差、スラムは北米と女子プロレースを中心に転換 シマノがロードレースでのディスクブレーキ普及への足固めか、RCSとニュートラルサポート契約で懸念払拭を狙う アルベルト・コンタドール:王者であり続けたロードレース界のアイコン、パンターニに憧れた少年がパンターニ超えを目指し駆け抜けた現役生活 コラム:アジアバイクショーから思うこと、日本と同じ道を途中まで辿ってきた中国が向かう独自の歩み、OEM卒業ではなく続けながらの歩みを選択の理由とは コンタドールがコンチネンタルチームを始動!バッソとともにトレック・セガフレドの育成チームとなるポーラーテック・コメタが動き出す! バレットから冬の定番パッカブルの新デザインが登場、普段使いからサイクリング、ゴルフ等様々なシーンを選ばず使える万能ウェアで冬の寒さの中でも楽しもう! ブラックフライデーセールがさらに加速!海外通販の激安月間、CRCの第2週のセール品をチェック!来シーズンへ向けて買い揃えるなら今がチャンス
2017/11/3 7:59

新UCI会長ラパルティアンの目指すツール

新UCI会長ラパルティアンの目指すツールは選手が僅か6人でショートステージ、果たして実現は可能なのか?レースの選手削減で各チーム契約人数を縮小へ、トッププロ全体も縮小へ


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
来年度から選手が削減され1チーム8人となるツール・ド・フランス、新UCI会長となったラパルティアンにはその縮小はまだまだ足りないようだ。将来的には1ステージ100kmほど、1チーム6人がベストと考えているようだ。果たしてそれは可能なのか?そしてそれは面白いのか?全く未知数なそのイメージの全貌は全く想像がつかない。


『果たして新会長が目指すところは? ©Tim D Waele 』
すでに決定されてるグランツールの8人体制に加え、今まで8人だったクラシックレースなども来シーズンからは7人となる。すでにその意影響は出始めており、ワールドツアーチームの幾つか、モビスターやBMCなどはすでにトータルの選手契約数を縮小して、チームのスリム化を決めている。これは言い換えればワールドツアーレベル全体での選手数縮小となり、ワールドツアープロとなるのはますます狭き門となるということだ。

選手の縮小は機材の進化とともにレーススピードが上がり、集団走行での危険が増しているということが理由の一つとされている。たしかにその側面もあるとは言えるが、過度の縮小は果たしてレースを面白くするのだろうか?戦略的パターンが減り、面白みが無くなる可能性もそこにはあるだろう。ショートステージにすることでより攻撃的になることは容易に想像でき、疲れを残さず翌日のステージへと進めることも理解できるが、選手を少なくすることがレース自体をワンパターン化したパワープレイレース、レッドブルなどで見かけるようなエンターテイメント性のみが追求されるショーレースになる危険を孕んではいないだろうか。

どちらにせよ即6人までの縮小やコース短縮は行われることはないだろう。しかし今そのようなことが議論され始めているというのは紛れもない現実、変わりゆくレース界は一体どこへと向かっていくのだろう。過度の機材競争とエンターテイメント性重視へとシフトしつつあるロードレースは今転換期に差し掛かっているのかもしれない。

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. UCIシクロクロス第4戦 ボヘンセ:強すぎるファン・デル・ポエル、UCIシリーズは全戦全勝の4連勝!世界チャンピオンのファン・アートは上り調子も全く歯が立たず 2. コラム:シマノという巨人、ツールで機材バトルで圧勝、ツール全ステージDi2が勝利で見えてきたライバルコンポーネントメーカーとの力の差、スラムは北米と女子プロレースを中心に転換 3. シマノがロードレースでのディスクブレーキ普及への足固めか、RCSとニュートラルサポート契約で懸念払拭を狙う 4. アルベルト・コンタドール:王者であり続けたロードレース界のアイコン、パンターニに憧れた少年がパンターニ超えを目指し駆け抜けた現役生活 5. コラム:アジアバイクショーから思うこと、日本と同じ道を途中まで辿ってきた中国が向かう独自の歩み、OEM卒業ではなく続けながらの歩みを選択の理由とは 6. コンタドールがコンチネンタルチームを始動!バッソとともにトレック・セガフレドの育成チームとなるポーラーテック・コメタが動き出す! 7. バレットから冬の定番パッカブルの新デザインが登場、普段使いからサイクリング、ゴルフ等様々なシーンを選ばず使える万能ウェアで冬の寒さの中でも楽しもう! 8. ブラックフライデーセールがさらに加速!海外通販の激安月間、CRCの第2週のセール品をチェック!来シーズンへ向けて買い揃えるなら今がチャンス 9. フルームを倒すための包囲網作戦?モビスターが来年のツール・ド・フランスではトリプルエースという対フルーム対策の可能性、フルームという時代の絶対王者の存在 10. 東京五輪の自転車ロードレースのコース案が判明、調布スタートから、富士山麓、山中湖、そして富士スピードウェイでゴールの270km!女子はその一部を利用した140kmに

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013