新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中
2017/10/8 21:29

イル・ロンバルディア2017

イル・ロンバルディア:今シーズングランツール無冠の男が意地の走り!独走勝利で2度めの落ち葉のクラシック制覇!アラフィリップが追走集団から飛び出し2位、お騒がせ中のモスコンが3位


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
今シーズングランツール総合系エースとして新チームの柱となった男だったが、ライバルたちの台頭とハイレベルなバトルに屈し、総合優勝は果たせなかった。しかし母国での秋のクラシック、狙いすましたような走りで見事にライバルたちを置き去り、ヴィンチェンツォ・ニーバリ(バーレーン・メリダ)が2度めの制覇を成し遂げた。


『背中で若手を引っ張るこの男 ©Tim D Waele』

『スルスルと抜け出してからが強かった ©Tim D Waele』
アップダウンと細い路地、勝負どころはゴールまで20kmを切ってからとなるこのレース、残り18kmで遂にニーバリが動いた。先行アタックを決めていたティボー・ピノー(FDJ)に追いつくと、そのまま二人は加速を続ける。しかしニーバリは協調を求めること無く、ピノーの表情を伺いながら、どんどんと攻め続ける。

苦手な下りを克服したピノーだが、やはり下りを得意とするニーバリの走りには全く対応できなかった。徐々に広がっていくその差、焦りを見せ懸命に踏み続けるピノーだが、先頭のニーバリは余裕の表情、この余裕の差はあまりにも大きすぎた。


『最後は独走勝利 ©Tim D Waele』

『ニーバリの強さ爆発 ©Tim D Waele』
下り終わって最後のサン・フェルモ・デラ・バッタリアの丘は上りに入ると、ピノーの視界からニーバリの背中は消えていった。これで勝負あり、ニーバリは余裕をもって笑顔でガッツポーズ、今大会2015年に続き2度めの優勝を果たした。


『表彰台に若手が上る ©Tim D Waele』
「正直勝利は難しかったよ。皆が僕をマークしていたからね。シーズン終盤にコンディションを維持するのは難しいんだよね。でもチームのお可げでこの結果が達成できたよ。まあ今日はいいレースができればいいと思っていたんだよね。今シーズンいいレースはしているけど、大きな勝利がなかったからね。だから今日勝ててよかったよ。」ニーバリは安堵の表情を見せた。エースの重圧をはねのけてしっかりとシーズン終盤にビッグタイトル獲得となった。


『アラフィリップは最後に飛び出し2位 ©Tim D Waele』

『モスコンが3位 ©Tim D Waele』
ピノーの後ろではリゴベルト・ウラン(キャノンデール・ドラパック)が動きを見せ飛び出すも失速、そしてピノーも徐々にペースを落とすと、1つでも上の順位を目指す後続の集団へと飲み込まれていった。そしてその後続集団からはジュリアン・アラフィリップ(クイックステップ・フロアーズ)が飛び出しそのまま単独でゴール、また一つ結果を残した。イタリアチャンピオンジャージに身を包んだファビオ・アルー(アスタナ)だったが、3位争いでは先日のレースで故意に落車させられたたとしてセバスチャン・レイエンバッハ(FDJ)に訴えられたジャンニ・モスコン(チームスカイ)が入った。今シーズンはクリス・フルーム(チームスカイ)のアシストとして素晴らしい走りを見せながらも、人種差別発言に落車引き金問題と話題に事欠かないが、きっちりとレースでもと表彰台を獲得してみせた。

「良かったね。今日は表彰台は難しいと思っていたし、世界選手権のあと何かこうしっくり来ていなかったんだけど、でも集中はできていたからね。ニーバリがアタックしたときにはついて行けなかったよ。だからそれを除外した中では最良の走りができたと思うよ。だからこの表彰台には大満足だよ。」アラフィリップは満足気に語った。

「勝利できなくてもここで表彰台を獲得できたのは嬉しいね。最高の形でシーズンを締めくくれたよ。まあ一番強かったのがニーバリで、僕らはそれに対応できなかったから負けたんだよ。無理してついて行ってたらピノーの二の舞いになっていてこの3位もなかっただろうね。」モスコンは冷静に状況判断をした。


『まさかのガードレール飛び越え ©Tim D Waele』
このレースでは多くの落車も発生、ローレンス・デ・プラス(クイックステップ・フロアーズ)がテレビカメラの前で時速40kmでガードレールを飛び越えて崖下に落下する姿が飛び込んできた。幸いなことにデ・プラスは軽傷で済んだが、他にも3人が同じ場所でガードレールを飛び越え落車し、中でもヤン・バークランツ(AG2R)は肋骨7本骨折と3箇所の脊椎圧迫骨折の重傷でシーズンを終えることとなった。


『イタリアの秋 ©Tim D Waele』
イル・ロンバルディア
優勝 ヴィンチェンツォ・ニーバリ(バーレーン・メリダ)
2位 ジュリアン・アラフィリップ(クイックステップ・フロアーズ)   6h15’29”
3位 ジャンニ・モスコン(チームスカイ)   +28”
4位 アレクシス・ヴイエルモーズ(AG2R)   +38”
5位 ティボー・ピノー(FDJ)
6位 ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(AG2R)
7位 ファビオ・アルー(アスタナ)
8位 ミケル・ニエベ(チームスカイ)   +40”
9位 ナイロ・キンターナ(モビスター)   +42”
10位 セルジオ・チェルネツキー(アスタナ)   +47”

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:SIXTH_310x174_20150826(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 2. トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 3. サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 4. サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 5. 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 6. 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 7. メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 8. 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中 9. 人が自転車で上れる限界の勾配とは?人は一体どこまで己の力のみで坂を登っていけるのだろう 10. オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感!

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013