新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中
2017/10/6 17:18

鉄人レベッリンが46歳でも絶好調!

鉄人レベッリンが46歳でも絶好調!衰え知らずな大ベテランが26歳年下の選手抑えて初日独走勝利から、最終日まで総合譲らずインドネシアのステージレースでパーフェクト総合優勝!


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
この男にとっては年齢などもはや関係ないのだろう。見渡せばペロトンは皆ダビデ・レベッリン(クウェート・カルトゥーチョ.es)にとってはに息子の世代、それどころかもうそろそろ孫でもおかしくない世代がプロ入りする世代なのだ。それでも現役にこだわり続ける男が、46歳にしてインドネシアで行われたツール・ド・バニュワンギ・イジェン(UCI2.2)で総合優勝を達成した。


『見事総合優勝! ©Kuwait C.es』
ステージ初日、なんと26歳年下のオーストラリア人選手ドリュー・マーレイ(トレンガヌサイクリング)に大差をつけて独走勝利、そしてそのまま最終日第4ステージまで一度も総合首位の座を明け渡さずに、ポール・トゥ・ウィン、完璧な総合優勝を達成した。なんとマーレイが生まれたのはレベッリンがジロ・デ・イタリアで初めてステージ優勝を上げた6ヶ月後に生まれているのだ。レベッリンがアルデンヌクラッシクをスイープ(3連勝)した2004年でさえマーレイはまだ7歳、そんな若い選手たちを相手に、最強おじさんはまだまだ格が違うとばかりにその強さを発揮した。このレースには日本からもキナンレーシングが参加しており、ジェイ・クロフォードが総合7位を獲得したが、日本で活躍している脂の乗り切った選手でさえ歯が立たぬ状況、これが世界レベルで走り続けている男の実力だ。


『貫禄漂う最強の鉄人 ©Kuwait C.es』
「勝てて嬉しいよ。すごい充実感だね。勝てるという確信があったし力がまだまだみなぎっているからね。コンディションもいいし次のレースでも勝ちたいね。この勝利で来年も問題なく走れると自信が持てたよ。自転車競技が大好きだし、まだまだこれからだよ。勝てるって言うことは強いってことだろ、それならまだ引退する気なんてないね。まあとこれから何年現役を続けられるかな。」レベッリンはニヤリと笑った。


『まだまだ世界レベルの走りができそうだ ©Tim D Waeles』
ここ数年はポーランドのプロコンチネンタルチーム、CCCスプランディ・ポルコウィチェでレースを続け結果を残してきたが、契約が更新されなかったこともあり昨シーズン限りで引退するものと誰もが思っていた。しかしクウェートとスペインの合同のコンチネンタルチームである クウェート・カルトゥーチョ.esと契約をすると、カテゴリー1のレースに何レースも出走、そして今年のイタリア選手権にももちろん出走すると、ファビオ・アルー(アスタナ)が優勝したこのレースでも10位に入り、世界トップクラスの選手たちと比べても遜色ない走りがまだまだできることを証明してみせた。

「オファーがあればいつでもビッグチームに移籍するよ。」この年齢でプロを続けているだけでもすごいのに、勝利を挙げてしまうこの男の凄さ、レベッリンの現役生活はまだまだ終わりそうにない。

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:SIXTH_310x174_20150826(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 2. トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 3. サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 4. サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 5. 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 6. 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 7. メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 8. 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中 9. 人が自転車で上れる限界の勾配とは?人は一体どこまで己の力のみで坂を登っていけるのだろう 10. オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感!

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013