新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中
2017/10/5 15:16

パワーメーターは果たしてレースにほんとうに必要か?

「レースでのパワーメーター使用を中止すべき」コンタドールがレース中の使用がレースをつまらなくさせていると指摘、パワーメーターは果たしてレースにほんとうに必要か?


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
今シーズン限りでの引退を決めているアルベルト・コンタドールが、現役中はなかなか口を開かなかった案件に関して自らの思いを口にした。様々な技術革新が進む今のレース界の中で、レースを面白くなくさせている要因の1つとしてパワーメーターの存在を口にした。

「正直データとにらめっこしながらのレースなんて面白い?本能で選手たちが動くから人間対人間になるのであって、データを見ながら冷静に対処しているのでは見ている側はつまらないと思うよ。例えば自分の上りでのリミットが400wであったとして、チームスカイが400wで山岳トレインを仕掛けていたら、絶対にアタックしないでしょ。でもその数値がわかっていなければ”仕掛けよう!”って本能的に動くことがあるでしょ。それがレースを面白くするんじゃない?僕はレースの場での使用は排除されるべきだと思う。」コンタドールは明確に言いきった。


『今やパワーメーターは当たり前になったが・・・ ©Tim D Waele 』
実はシーズン中もこの議論はあった。ナイロ・キンターナ(モビスター)とアレハンドロ・バルベルデ(モビスター)の二人は共にパワーメーターがレースをつまらなくしているから排除すべきとの声を上げている。「パワーメーターのレースでの使用は勝負をつまらなくする。誰もが100%の中でしか戦わなくなる。自分の限界を超えることをしない、もしかしたら120%の力が出せるかもしれないというその可能性に賭けないレースなんてつまらない。トレーニングにはうってつけだと思うけど、レースでの使用は本当に力と力の勝負をしらけさせるんだよ。」とキンターナは語り、バルベルデも「直感的や本能に任せたレースだからこそヒューマンスポーツなのに、機械のデータで管理したレースやるんだったらコンピューターゲームと変わらない。心理的な駆け引きが無いレースなんてつまらないだろ。」パワーメーターはレースから”ドラマチックな展開の楽しみ”を奪っている。」としている。

パワーメータと言えば今現在最強の男クリス・フルーム(チームスカイ)が頭に浮かぶ人も多いだろう。常に自らのパワーメーターでのデータを見ながら走り、徹底して無理をしない走りに徹しているのだ。その結果として無駄なアタックはなくなり、確実に少ない攻撃で仕留める、または遅れてもマイペースで上り続けるというのがフルームらしさとなっている。

グランツール王者の3人がパワーメーターを廃止すべきと語る背景には山岳でのバトルの減少がある。そしてコンタドールは自らの言葉の意味を示すかのように、今年のブエルタでは何度となく無茶とも思えるアタックを敢行、こういうドラマがレースには必要なんだと身をもって示したのだ。


『賛否両論が出るということは議論が必要ということ ©Tim D Waele 』
しかしクイックステップ・フロアーズのパトリック・ルフェーブルはパワーメーター廃止に関して異議を唱えている。「技術革新は止めようがないだろ。それにパワーメーターを使ったところでそのデータを気にもしないのがうちの選手たちだよ。データを完全無視してトレンティンやジルベールが今シーズン勝利を量産したからね。」と語り、結局はヒューマンスポーツなのだから、そのデータに従う従わないは個々の判断によるとしている。

ただルフェーブルの語っているのはあくまでも平坦基調や一発勝負のレース時でのパワーメーター使用のことなのに対して、グランツール覇者たちは山岳ステージでの使用を問題視している。

パワーメーターがレースを面白くしているかどうか、最近では各選手のパワーデータが配信されるなど、見る側にとってもそれは1つの面白みとなっている側面はある。ただ現場でレースを走っている選手たちが、そのデータのせいで心理的な駆け引きが減りつまらなくなっている、と感じているのだとすると、それはやはり検討をすべきタイミングに来ているのかもしれない。現場で戦う選手たちが、つまらない、エキサイティングではないと感じてレースをすれば、それはいずれ見ている側にも伝わってきてしまい、レース全体がつまらないものとなってしまう可能性を秘めている。ドーピング問題ばかりが自転車の面白さを貶めていると思われがちだが、時には技術革新さえもが自転車レースの面白さを奪いかねない可能性があるということを知っておかねばならないだろう。議論が必要な時期に来ているだろう。

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 2. トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 3. サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 4. サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 5. 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 6. 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 7. メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 8. 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中 9. 人が自転車で上れる限界の勾配とは?人は一体どこまで己の力のみで坂を登っていけるのだろう 10. オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感!

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013