新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

コラム:シマノという巨人、ツールで機材バトルで圧勝、ツール全ステージDi2が勝利で見えてきたライバルコンポーネントメーカーとの力の差、スラムは北米と女子プロレースを中心に転換 シマノがロードレースでのディスクブレーキ普及への足固めか、RCSとニュートラルサポート契約で懸念払拭を狙う バレットから冬の定番パッカブルの新デザインが登場、普段使いからサイクリング、ゴルフ等様々なシーンを選ばず使える万能ウェアで冬の寒さの中でも楽しもう! アルベルト・コンタドール:王者であり続けたロードレース界のアイコン、パンターニに憧れた少年がパンターニ超えを目指し駆け抜けた現役生活 コラム:アジアバイクショーから思うこと、日本と同じ道を途中まで辿ってきた中国が向かう独自の歩み、OEM卒業ではなく続けながらの歩みを選択の理由とは コンタドールがコンチネンタルチームを始動!バッソとともにトレック・セガフレドの育成チームとなるポーラーテック・コメタが動き出す! ブラックフライデーセールがさらに加速!海外通販の激安月間、CRCの第2週のセール品をチェック!来シーズンへ向けて買い揃えるなら今がチャンス フルームを倒すための包囲網作戦?モビスターが来年のツール・ド・フランスではトリプルエースという対フルーム対策の可能性、フルームという時代の絶対王者の存在
2017/9/11 17:54

7thASIA BIKE TRADE SHOW

7thASIA BIKE TRADE SHOW:世界の自転車生産の中心となった中国で行われる世界最大規模のバイクショーとは?今年も9月14から17に南京で行われるこのイベントに注目


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
皆さんは中国で行われているアジア・バイク・トレードショーをご存知だろうか?今や世界最大の自転車生産国は中国である。イタリアやアメリカなどの大手ブランドのみならず、多くのハイエンドブランドまでもが中国生産を行っており、OEM生産で培った技術を独自発展させ、今では自社ブランドで世界へ挑むメーカーも次々と現れている。そんな中国で行われているアジア・バイク・トレードショーはあまり知られてはいないが、ユーロバイク、インターバイクに匹敵する世界最大規模のバイクショーとなっている。


『会場となる南京国際エキスポセンター ©ASIA BIKE 』

『会場内は落ち着いた雰囲気 ©ASIA BIKE 』
実はアジア・バイク・トレードショーの歴史はまだ浅い。中国初の自転車関連総合ショーとして初めて南京で開催されたのが2011年、それ以降も毎年行われ今年で7回目を迎える。最大規模となった2014年には世界中から487のブランドが顔を揃え、名実ともに世界最大規模となった。またユーロバイクとも連動しており、今や世界の自転車マーケットには欠かせないショーとなっている。


『個性的なブランドも台頭 ©ASIA BIKE 』
中国では今や自転車業界は世界最大規模の経済を支える1つの大きな産業となっている。UCIレースも多く国内で行われるようになり、プロ選手も輩出、一生産拠点から徐々にその可能性の幅を大きく広げている。


『トークイベントなども多く用意されている ©ASIA BIKE 』

『昨年は会場内にはダートコースも設置されていた ©ASIA BIKE 』
会場となっている南京国際エキスポセンターでは、展示以外にもセミナーやトークショー、ファッションショー、試乗会など様々なイベントが行われる。今年も多くのブランドが参加し、9月14日から17日まで行われる。まだ世に出ていないアイディアや商品なども多く飛び出すショーだけに、今や世界をリードする生産大国からどんな商品が世界へと飛び出していくのか、今年も楽しみだ。


『ツーリングバイクが伸びている ©ASIA BIKE 』
会場は細分化されており、トライアスロン関連グッズなども人気だ。また最近では中国でも自転車で旅をするシクロツーリズムが普及し始めている。海外からの自転車による旅人が増えたこともあり、そのあたりの商品開発はかなり充実しているようだ。


『キッズ講習会も大盛況 ©ASIA BIKE 』
そしてイベントの一つの柱となっているのが、子どもたちへの安全講習教室だ。教習場のような模擬コースが用意され、交通ルールや自転車に乗る際のマナーなどをきちんと教え、またその関連商品が多く見られてのも特徴的といえるだろう。中国国内での自転車文化の広がりに対して、これからの次代を担う世代へのバトンはしっかりと受け継がれているようだ。

同じアジアの隣国であり、多くのジャパンブランドも生産拠点を中国においているだけに、アジアバイクショーはこれから要注目だ。

7th ASIA BIKE TRADE SHOW HP

H.Moulinette


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:SIXTH_310x174_20150826(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. コラム:シマノという巨人、ツールで機材バトルで圧勝、ツール全ステージDi2が勝利で見えてきたライバルコンポーネントメーカーとの力の差、スラムは北米と女子プロレースを中心に転換 2. シマノがロードレースでのディスクブレーキ普及への足固めか、RCSとニュートラルサポート契約で懸念払拭を狙う 3. バレットから冬の定番パッカブルの新デザインが登場、普段使いからサイクリング、ゴルフ等様々なシーンを選ばず使える万能ウェアで冬の寒さの中でも楽しもう! 4. アルベルト・コンタドール:王者であり続けたロードレース界のアイコン、パンターニに憧れた少年がパンターニ超えを目指し駆け抜けた現役生活 5. コラム:アジアバイクショーから思うこと、日本と同じ道を途中まで辿ってきた中国が向かう独自の歩み、OEM卒業ではなく続けながらの歩みを選択の理由とは 6. コンタドールがコンチネンタルチームを始動!バッソとともにトレック・セガフレドの育成チームとなるポーラーテック・コメタが動き出す! 7. ブラックフライデーセールがさらに加速!海外通販の激安月間、CRCの第2週のセール品をチェック!来シーズンへ向けて買い揃えるなら今がチャンス 8. フルームを倒すための包囲網作戦?モビスターが来年のツール・ド・フランスではトリプルエースという対フルーム対策の可能性、フルームという時代の絶対王者の存在 9. 東京五輪の自転車ロードレースのコース案が判明、調布スタートから、富士山麓、山中湖、そして富士スピードウェイでゴールの270km!女子はその一部を利用した140kmに 10. ブラックフライデーセールが始まる!海外通販の激安月間開幕!CRCの第一週のセール品をチェック!来シーズンへ向けて買い揃えるなら今がチャンス

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013