新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

世界選手権個人TT:ジロ覇者のデュムランがチームTTとの2冠!先に出走のフルームにあわや追いつく快走!元スキージャンプ金メダリストのログリッチが銀メダル!フルーム銅 どうなるUCI改革?UCI会長選挙でラパルシェン新会長誕生、ASOらフレンチ・コネクションがクックソンの再選を阻む!早くも世界選手権のチームTT削減を宣言、その手腕は果たして… ブエルタで存在感を示したプロコンチネンタルのアクアブルースポーツが来シーズン1Xとディスクブレーキ採用の3Tストラーダの使用を決定!新時代バイクがワールドツアーレース投入へ 世界選手権2017チームTT:ジロを制したトム・デュムランを筆頭に、今シーズン大躍進のチームサンウェブが男女チームTTを制覇!BMCは銀メダルフルーム出走のチームスカイは銅メダル! ASIA BIKE SHOW REPORT Vol.3:垣間見た自転車界の未来図、成熟途中の中国自転車界で感じたその可能性の先にあるのは?台頭する中国スポーツバイクブランド〜其の二 ASIA BIKE SHOW REPORT Vol.2:垣間見た自転車界の未来図、成熟途中の中国自転車界で感じたその可能性の先にあるのは?台頭する中国スポーツバイクブランド〜其の一 サイクリングウェア ブランドナビ 世代最強の王者クリス・フルームがダブルツールを達成出来た理由はチーム力!チームスカイの綿密な戦略が可能にした勝利
2017/8/23 20:39

ブエルタ・ア・エスパーニャ第4ステージ

ブエルタ・ア・エスパーニャ第4ステージ:混戦スプリントを制したのはトレンティン!第2ステージ勝利のランパートがきっちりアシストしてクイックステップは早くもステージ2勝!


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
個性派集団がやはり混戦では強い、すでに第2ステージで鮮やかなチームワークで勝利を収めたクイックステップが、再び勝利を奪い去った。第2ステージではアタックし勝利したアシストのイブ・ランパート(クイックステップ・フロアーズ)とそれをアシストしたエーススプリンターのマッテオ・トレンティン(クイックステップ・フロアーズ)がその役割を入れ替え、本来の形で仕事を果たして勝利、チームとして早くもステージ2勝目を挙げた。


『アシストしてもエースとしても実力がついてきたトレンティン ©Tim D Waele 』
今大会おそらくたったの3度しか無いスプリントステージ、だからこそ今大会出場しているスプリンターたちにとっては数少ないアピールのチャンス、しかしそのコースはテクニカルで難しい勝負が予想された。ランパートが本来のアシストでトレンティンを導きながら最後の右コーナーに突入するが、そこでインサイドに飛び込んだのはホァン・ホセ・ラバト(ロットNLジャンボ)だった。しかし自信を持って走るトレンティンは冷静だった。一瞬ラバトの背後につくと、それをリードアウトに自らのスプリントを開始、切れ味鋭い走りで今度は自らの勝利のためにガッツポーズを決めた。前回はあえてチームメイトのために自らを犠牲にした男は、今度はチームメイトがお膳立てしてくれた状況をきっちりと活かしてみせた。


『今回は自分のためにガッツポーズ ©Tim D Waele 』

『チーム力で勝利できるクイックステップ ©Tim D Waele 』
「今日は勝利を狙っていたよ。ツールでは落車でリタイアになったけど、ここへ来て絶好調だしね。だからブエルタへは明確にステージ勝利を狙いに来たんだよ。2日前は自分でも惚れ惚れするような鮮やかな勝利を決め、総合リーダージャージを獲得したからね。今日は僕のために勝利を狙いに行ったんだよ。チームワークが素晴らしかったし、とにかく一人ひとりがかなりしっかりとレースを牽引し続けたからね。」トレンティンはチームワークの素晴らしさを強調した。

ステージ2位にはラバト、そしてトム・ファン・アスブロック(キャノンデール・ドラパック)が3位に入った。総合争いでは総合リーダーの証、マイヨ・ロホを着用するクリス・フルーム(チームスカイ)らが順当にゴールする中、救済措置が取られる3km未満の僅か手前で発生した落車に巻き込まれたドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(AG2R)が大きくタイムロス、総合トップ10争いから大きく脱落した。またラファル・マイカ(ボーラ・ハンスグロエ)は昨日に続いてこの日もタイムロス、総合争いからは完全に脱落をしたといえるだろう。


『フルームが総合系にとってのリスクを口にした ©Tim D Waele 』
不要なタイムロスを避けるために、総合系の選手たちを擁する各チームが集団前方に集結するためにレースのペースは早くなり、また混沌とした展開になることが増えてきている。そのことがスプリントトレインを組むことを難しくしている。ツールでは3秒以上間が空いた場合のみタイム差を取られるが、ブエルタでは従来通り1秒となっており、それが総合系の位置取り合戦を活性化している。「皆スプリット(分断)を恐れて走っているからね。その為には余計に力を使ってでも前に位置取りたいね。チームワークのおかげで救われているよ。ブエルタでもツール同様にすべきだね。」フルームは現状に対して苦言を呈した。


『補給は大事! ©Tim D Waele 』
ブエルタ・ア・エスパーニャ第4ステージ
1位 マッテオ・トレンティン(クイックステップ・フロアーズ)   4h43’57”
2位 ホァン・ホセ・ラバト(ロットNLジャンボ)
3位 トム・ヴァン・アスブロック(キャノンデール・ドラパック)
4位 エドワード・トゥーンズ(トレック・セガフレド)
5位 イェンス・デブシェール(ロット・ソウダル)
6位 サッシャ・モドロ(UAEチームエミレーツ)
7位 ロレンツォ・マンチン(FDJ)
8位 ソレン・アンデルセン(チームサンウェブ)
9位 ユセフ・レグイグイ(ディメンション・データ)
10位 ジェッツ・ボル(マンザナ・ポストボン)

ブエルタ・ア・エスパーニャ総合順位
1位 クリス・フルーム(チームスカイ)   13h37’41”
2位 ダビ・デ・ラ・クルス(クイックステップ・フロアーズ)   +02”
3位 ニコラス・ロッシュ(BMC)
4位 ティージェイ・ヴァン・ガーデレン(BMC)
5位 ヴィンチェンツォ・ニーバリ(バーレーン・メリダ)   +10”
6位 エステバン・チャベス(オリカ・スコット)   +11”
7位 ファビオ・アルー(アスタナ)   +38”
8位 アダム・イェーツ(オリカ・スコット)   +39”
9位 ロメイン・バルデ(AG2R)   +48”
10位 サイモン・イェーツ(オリカ・スコット)

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. 世界選手権個人TT:ジロ覇者のデュムランがチームTTとの2冠!先に出走のフルームにあわや追いつく快走!元スキージャンプ金メダリストのログリッチが銀メダル!フルーム銅 2. どうなるUCI改革?UCI会長選挙でラパルシェン新会長誕生、ASOらフレンチ・コネクションがクックソンの再選を阻む!早くも世界選手権のチームTT削減を宣言、その手腕は果たして… 3. ブエルタで存在感を示したプロコンチネンタルのアクアブルースポーツが来シーズン1Xとディスクブレーキ採用の3Tストラーダの使用を決定!新時代バイクがワールドツアーレース投入へ 4. 世界選手権2017チームTT:ジロを制したトム・デュムランを筆頭に、今シーズン大躍進のチームサンウェブが男女チームTTを制覇!BMCは銀メダルフルーム出走のチームスカイは銅メダル! 5. ASIA BIKE SHOW REPORT Vol.3:垣間見た自転車界の未来図、成熟途中の中国自転車界で感じたその可能性の先にあるのは?台頭する中国スポーツバイクブランド〜其の二 6. ASIA BIKE SHOW REPORT Vol.2:垣間見た自転車界の未来図、成熟途中の中国自転車界で感じたその可能性の先にあるのは?台頭する中国スポーツバイクブランド〜其の一 7. サイクリングウェア ブランドナビ 8. 世代最強の王者クリス・フルームがダブルツールを達成出来た理由はチーム力!チームスカイの綿密な戦略が可能にした勝利 9. ASIA BIKE SHOW REPORT Vol.1:コミュニティーシェアバイクがスポーツ自転車界に与えた影響、そしてこれからの展望とは 10. SIXTH COMPONENTS X SUNRISE CYCLES:究極のコラボレーションバイクが誕生!スピードを追い求めた最強の軽量ロードミニヴェロが最強MIDGET WORKSを履き颯爽と降臨

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013