新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中
2017/8/15 17:29

移籍情報第2弾

移籍情報第2弾:総合有力系の移籍相次ぐ!ニエベ、メインチェス、ハートが移籍で新天地でエース格に!オリカ・スコットとアスタナは積極的補強


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シーズンがまだ続いているのに発表される移籍情報、チームによっては去る選手に冷たい処遇をすることもあると言われ、シーズンまっただ中での移籍を嫌う選手たちも多いが、逆に「今までよくチームの為に尽くしてくれた、新天地でも頑張れ」と送り出してくれるチームもいる。そんな移籍市場がだんだんと賑わってきており、来シーズンへ向けた各チームの方針やスタイルがだんだんと見え隠れしている。


『ニエベはお手本として求められた ©Tim D Waele 』
そんな中で総合系の選手の移籍も幾つかすでに決定、まずは噂されていた通りミケル・ニエベがチームスカイを去ることが確定、オリカ・スコット入が決まった。オリカ・スコットといえば若手の総合系、イェーツ兄弟とエステバン・チャベスがいるが、経験不足が否めないため、経験豊富なニエベに白羽の矢が立った。来シーズンはチームの総合系のエース格として、また時にはアシストとして大車輪の活躍が期待されている。ちょうどいま所属しているチームスカイのゲラント・トーマスのような立ち位置となりそうだ。


『メインチェスは生きがいのための移籍 ©Tim D Waele 』
そしてもうひとり、期待の若手総合系ルイス・メインチェスが争奪戦の末ディメンション・データへの移籍が確定した。今現在所属しているUAEチームエミレーツでも総合系のエースとして活躍、最近では安定して総合上位に走る強さを見せているが、もともとディメンション・データの前身であるMTNキュベカ出身であり、ある意味地元チームへの出戻りとなる。「またアフリカのチームの一員となれて嬉しいよ。僕にとってはホームへ帰ることに何の躊躇もなかったよ。僕は今でもチームの一員であるキュベカの活動(アフリカでの自転車普及)に賛同しており、経験を積んだ今ならより役に立てると思うんだ。たった5年でワールドツアーチームにまで上り詰めたこのチームをこれから支えていくよ。」メインチェスは選手としてのみならず、その先にあるチーム母体のチャリティー活動を支えるために古巣への復帰を決めた。


『ハートは一気にエース格に ©Tim D Waele 』
そしてもう一人総合系で移籍を決めたのがヤン・ハートだ。今シーズンはポーランドの名門プロコンチネンタルCCCポルコウィチェ・スプランディで走り、ジロ・デ・イタリアなどでも「あいつは誰だ?」とその山岳での走りで一躍名を挙げた男だ。アスタナはファビオ・アルーの移籍が噂されており、それを前提に総合系を戦える男としてハートの獲得を決めた。アルーが残れば最強アシストに、アルーが去ればエースにと言う立ち位置ではあるが、大きなチャンスを手に入れたことには変わりない。「今まで準備してきて、ついにワールドツアーチームで走れるチャンスが訪れたんだよ。それが最強チームの一角アスタナでデビューできるなんて最高だね。」ハートの活躍がおおいに期待される。


『トレンティンは飛躍のための移籍 ©Tim D Waele 』
それ以外の選手の移籍では、まずニエベを獲得したオリカ・スコットはスプリンターの補強も行った。最強のアシストでもありチームにはカレブ・イーワンと言う最強スプリンターがいるが、それ以外スプリンターがいない状況、またそのアシストも手薄であることから勝利になかなか繋げられていない状況があった。そこでクイックステップ・フロアーズの主力スプリンターでもありアシストもこなせるマッテオ・トレンティンを獲得した。オリカ・スコットはトレンティンをクラシックのエースに早くも指定するなど、期待は大きい。「クラシックを任せてもらえると聞いてサインしたんだよ。今のチームに長くいた(6年)ことを思うと、まったく異なる大陸のチームへと移籍することに不安はあるけど、今は一日も早く新しいチームで走ってみたいね。」キャリアと言う意味では大きなステップアップにトレンティンは早くも期待に胸を膨らませている。

またそれ以外の移籍では、モビスターからゴルカ・イザギーレがバーレーン・メリダへ移籍、これでイザギーレ兄弟が再びチームメイトとなることが決まった。またチームは同時にマテイ・モホリッチもUAEチームエミレーツから獲得、チームはさらに強化されている。

ハートを獲得したアスタナは、オマール・フライレをカハルーラル・セグロスRGAから獲得、さらにマグナス・コート・ニールセンもオリカ・スコットから獲得するなど積極的に選手の入れ替えを行っている。

またベテランのユルゲン・ルーランツがロット・ソウダルからBMCへと移籍、ネイサン・ハースはディメンション・データからカチューシャ・アルペシンへ、ジェローム・クザンはコフィディス・ソルーションクレジッツからダイレクトエナジーへ、またレイン・タラマエもカチューシャ・アルペシンからダイレクトエナジーへの移籍を決めている。

どんどんと熱くなる移籍市場、まだ残っている何人かの大物の移籍が気になるところだ。

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 2. トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 3. サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 4. サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 5. 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 6. 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 7. メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 8. 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中 9. オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感! 10. 人が自転車で上れる限界の勾配とは?人は一体どこまで己の力のみで坂を登っていけるのだろう

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013