新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

UCIシクロクロス第4戦 ボヘンセ:強すぎるファン・デル・ポエル、UCIシリーズは全戦全勝の4連勝!世界チャンピオンのファン・アートは上り調子も全く歯が立たず コラム:シマノという巨人、ツールで機材バトルで圧勝、ツール全ステージDi2が勝利で見えてきたライバルコンポーネントメーカーとの力の差、スラムは北米と女子プロレースを中心に転換 シマノがロードレースでのディスクブレーキ普及への足固めか、RCSとニュートラルサポート契約で懸念払拭を狙う アルベルト・コンタドール:王者であり続けたロードレース界のアイコン、パンターニに憧れた少年がパンターニ超えを目指し駆け抜けた現役生活 コラム:アジアバイクショーから思うこと、日本と同じ道を途中まで辿ってきた中国が向かう独自の歩み、OEM卒業ではなく続けながらの歩みを選択の理由とは コンタドールがコンチネンタルチームを始動!バッソとともにトレック・セガフレドの育成チームとなるポーラーテック・コメタが動き出す! バレットから冬の定番パッカブルの新デザインが登場、普段使いからサイクリング、ゴルフ等様々なシーンを選ばず使える万能ウェアで冬の寒さの中でも楽しもう! ブラックフライデーセールがさらに加速!海外通販の激安月間、CRCの第2週のセール品をチェック!来シーズンへ向けて買い揃えるなら今がチャンス
2017/8/8 17:36

3度目の正直か?コンタドールが再び引退を宣言

3度目の正直か?コンタドールが再び引退を宣言、ブエルタが最後のレースになると公言、ツールでの結果に限界を感じて引退を決断へ


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
アルベルト・コンタドールが三度引退を表明した。以前は引退を撤回、チームを移籍してレースを続けたが、ツール・ド・フランスでの自らの走りで限界を感じたようだ。ツール開幕前は、2018年度の契約更新に関しての話も出ていただけでなく、来シーズンはツールではなくジロをターゲットにするという話も出ていたが、やはりツールでのフルーム、そして若手選手たちに対しての完敗は、元王者の心を折るには十分だったようだ。まだまだステージ勝利を狙えるだけのポテンシャルはあったにしても、グランツールライダーとしてはやはり総合優勝を狙えることこそがその役割であり、それが出来ない時点で自らに課せられた役割をこなしきれないと判断したようだ。


『3度目の正直か? ©Tim D Waele』
「皆さんに2つお知らせがあります。まず一つ目はブエルタ・ア・エスパーニャへ出場するということ、そしてもう一つはそのレースが僕にとって人生最後のレースとなることです。僕はこの発表ができることを嬉しく思います。一切の悲しみはありません。これはじっくり熟考した結果です。僕ん最大のレースで引退の花道を飾れることが一番の幸せだと思います。この最後の3週間は最高の時間になると思っています。」

まだ34歳、脂の乗り切った世代に思われるが、グランツールでの総合系とはそこまで肉体を酷使するものなのだろう。2003年にプロデビューしたが、その2年後にレース中に落車し痙攣、診察の結果脳海綿腫と診察され、手術を余儀なくされた。しかしそこから8ヶ月後には復帰、一気にスターダムへの道を歩み始めたのだ。そして2007年には移籍したディスカバリーチャンネルのエースとしてカデル・エヴァンスを23秒抑えてツール・ド・フランス初優勝を果たした。しかしその後移籍したアスタナがツールへの出場を禁止されてしまうが、それを見返してやるとばかりにジロ・デ・イタリアとブエルタ・ア・エスパーニャのダブルツールを達成するなどさらなる飛躍を遂げた。


『ツール初制覇でおなじみのポーズ ©Tim D Waele』
2009年には2度目のツール・ド・フランス制覇、アンディ・シュレクらと一時代を築いた。しかし本人が最後まで意図的な摂取を否定、食肉汚染による摂取だといい続けたクレンブテロール検出で2年間の出場停止(遡って戦歴抹消)となるなど、波乱を乗り越え、再びグランツールを制覇し、王者健在を見せつけた。しかしここからは優勝候補に挙げられるも結果が伴わず、最後のグランツール勝利は2015年のジロ・デ・イタリアまで遡らなければならない。そこからは若手の台頭やハイスピード化するレーススタイルへのアジャストに苦悩、、2015年、2016年と2度の引退宣言と撤回宣言を繰り返し、今回3度目の引退発表となった。

もし今年のブエルタで圧倒的な強さで総合優勝を飾れば、来シーズンも現役続行を三度宣言する可能性もあるが、今の現状を考えればそれはかなり非現実的になってきているのかもしれない。

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:SIXTH_310x174_20150826(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. UCIシクロクロス第4戦 ボヘンセ:強すぎるファン・デル・ポエル、UCIシリーズは全戦全勝の4連勝!世界チャンピオンのファン・アートは上り調子も全く歯が立たず 2. コラム:シマノという巨人、ツールで機材バトルで圧勝、ツール全ステージDi2が勝利で見えてきたライバルコンポーネントメーカーとの力の差、スラムは北米と女子プロレースを中心に転換 3. シマノがロードレースでのディスクブレーキ普及への足固めか、RCSとニュートラルサポート契約で懸念払拭を狙う 4. アルベルト・コンタドール:王者であり続けたロードレース界のアイコン、パンターニに憧れた少年がパンターニ超えを目指し駆け抜けた現役生活 5. コラム:アジアバイクショーから思うこと、日本と同じ道を途中まで辿ってきた中国が向かう独自の歩み、OEM卒業ではなく続けながらの歩みを選択の理由とは 6. コンタドールがコンチネンタルチームを始動!バッソとともにトレック・セガフレドの育成チームとなるポーラーテック・コメタが動き出す! 7. バレットから冬の定番パッカブルの新デザインが登場、普段使いからサイクリング、ゴルフ等様々なシーンを選ばず使える万能ウェアで冬の寒さの中でも楽しもう! 8. ブラックフライデーセールがさらに加速!海外通販の激安月間、CRCの第2週のセール品をチェック!来シーズンへ向けて買い揃えるなら今がチャンス 9. フルームを倒すための包囲網作戦?モビスターが来年のツール・ド・フランスではトリプルエースという対フルーム対策の可能性、フルームという時代の絶対王者の存在 10. 東京五輪の自転車ロードレースのコース案が判明、調布スタートから、富士山麓、山中湖、そして富士スピードウェイでゴールの270km!女子はその一部を利用した140kmに

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013