新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

とある男の挑戦、日本最速縦断記録更新を狙う元番組プロデューサーが今日北海道をスタート!人生の選択でチャレンジャーとなることを選択した男は果たして記録を更新できるのか? ツアー・オブ・ターキーで3連勝を含め6ステージ4勝!サム・ベネットが来シーズンへ向け大きなステップ!最強スプリンター争いに名乗りを上げる! 「ウィギンスの記録や破れない記録ではない」トラック競技のスペシャリスト、ビュークボームが来年8月にアワーレコードへの挑戦を表明!ウィギンスの絶対と思われた記録は破られるのか? アンチ・ドーピング団体関係者が語る、メカニカルドーピングがなぜ今起きているのか、技術革新に伴い増加するメカニカルドーピングへの対策は? 「レースでのパワーメーター使用を中止すべき」コンタドールがレース中の使用がレースをつまらなくさせていると指摘、パワーメーターは果たしてレースにほんとうに必要か? パリ〜トゥール:クイックステップでの有終の美!オリカ・スコットに移籍するトレンティンが大躍進の年を締めくくるスプリント勝利!グライペルはまたしても勝てず、アシストの足りなさを痛感 イル・ロンバルディア:今シーズングランツール無冠の男が意地の走り!独走勝利で2度めの落ち葉のクラシック制覇!アラフィリップが追走集団から飛び出し2位、お騒がせ中のモスコンが3位 サイクリングウェア ブランドナビ
2017/8/7 15:10

自転車ヨーロッパ選手権エリート男子ロード

自転車ヨーロッパ選手権:移籍確定のクリストフが念願のビッグタイトル獲得!僅差の写真判定はわずか数cm差の激戦!


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
自転車界ではまだ新しいタイトルとも言えるヨーロッパ選手権、時期的にグランツールの間で行われ、また他のレースとスケジュールが重なることもあり、あまり多くの主力選手が出場しているとはいえなかった。でもだからこそ「そのようなシーンではしっかりと勝ちきらねばならない」、そう常づね口にする男がきっちりとヨーロッパチャンピオンジャージを獲得してみせた。先日UAEチームエミレーツへの移籍を発表したばかりのアレクサンダー・クリストフ(ノルウェイ)が見事にスプリント勝負を制してみせた。


『移籍を前にビッグタイトル獲得 ©Kristoff』
勝負は僅差だった。最後は写真判定にも連れたが、ゴール手前1mほどでクリストフが逆転、僅か数cmの差でエリア・ヴィヴィアーニ(イタリア)を抑えての勝利となった。ゴール直後にヴィヴィアーニは進路を塞がれたとして手を挙げその後ビデオ判定になったが、斜行や進路妨害には当たらないとしてクリストフの勝利が確定した。

「本当に勝てて嬉しいよ。こんな僅差で勝てるなんてスリリングだろ。でもそれは勝てたから言えるんだけどね。とにかくイタリアがいい面子を揃えてヴィヴィアーニをサポートしていたから、だから少し早めに仕掛けたんだよ。僕は進路を塞いだつもりはなかったけど、彼が針穴を通すような感じで狭い右側をこじ開けてきたんだよ。でもあの隙間は体を振ってスプリントするには十分じゃないからね。僕もあれ以上彼にスペースは与えなかったんだよ。僕はあくまでも直線的にスプリントをしていたから問題なかっただろ。」クリストフは勝利を喜んだ。


『際どい勝負となったがクリストフに軍配 ©Eurosport』
今シーズンここまで結果が残せていなかったクリストフ、クラシックとツール・ド・フランスで結果が残せないでいたが、ツール後のレースで勝利を収めると、その勢いのままヨーロッパチャンピオンにまで上り詰めた。今年は世界選手権を狙うと公言しており、それに合わせてきっちりと調子を上げてきているのは流石と言えるだろう。

ワールドツアーレースと違い、駆け引きというよりはお互い国同士での力の応酬が繰り返されるレースとなった。そして残り7kmを切るとハイペースで常に誰かが先頭に少しだけ飛び出しているような状態が繰り返される。イタリアとフランスの意地の張り合いに、ノルウェイも加わり、残り1kmではエドヴァルド・ボアッソン・ハーゲン(ノルウェイ)ガ果敢にアタックを仕掛ける。しかし後続がそれを許すはずもなく残り1kmで捉えると、そのままスプリントへとなだれ込んで行く。そしてクリストフは同胞の意志を受け継ぐかのごとくスパート、そのままビッグタイトルを手にしてみせた。

これでこれからの一年間、ヨーロッパチャンピオンジャージでクリストフは走ることになる。この勝利は新チーム移籍へ向け、最高の手土産となった。

ヨーロッパチャンピオンシップ ロード男子
1位 アレクサンダー・クリストフ(ノルウェイ)   5h41’10”
2位 エリア・ヴィヴィアーニ(イタリア)
3位 モレーノ・ホフランド(オランダ)
4位 パスカル・アッカーマン(ドイツ)
5位 ルーカ・メズゲック(スロヴェニア)
6位 エドワード・ソーンズ(ベルギー)
7位 アクセル・ノメーラ(エストニア)
8位 イヴァン・ガルシア(スペイン)
9位 パウェル・フランチャック(ポーランド)
10位 ミカル・コラー(スロヴァキア)

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:SIXTH_310x174_20150826(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. とある男の挑戦、日本最速縦断記録更新を狙う元番組プロデューサーが今日北海道をスタート!人生の選択でチャレンジャーとなることを選択した男は果たして記録を更新できるのか? 2. ツアー・オブ・ターキーで3連勝を含め6ステージ4勝!サム・ベネットが来シーズンへ向け大きなステップ!最強スプリンター争いに名乗りを上げる! 3. 「ウィギンスの記録や破れない記録ではない」トラック競技のスペシャリスト、ビュークボームが来年8月にアワーレコードへの挑戦を表明!ウィギンスの絶対と思われた記録は破られるのか? 4. アンチ・ドーピング団体関係者が語る、メカニカルドーピングがなぜ今起きているのか、技術革新に伴い増加するメカニカルドーピングへの対策は? 5. 「レースでのパワーメーター使用を中止すべき」コンタドールがレース中の使用がレースをつまらなくさせていると指摘、パワーメーターは果たしてレースにほんとうに必要か? 6. パリ〜トゥール:クイックステップでの有終の美!オリカ・スコットに移籍するトレンティンが大躍進の年を締めくくるスプリント勝利!グライペルはまたしても勝てず、アシストの足りなさを痛感 7. イル・ロンバルディア:今シーズングランツール無冠の男が意地の走り!独走勝利で2度めの落ち葉のクラシック制覇!アラフィリップが追走集団から飛び出し2位、お騒がせ中のモスコンが3位 8. サイクリングウェア ブランドナビ 9. VALETTEが大好評のポケTにカジュアルな無地タイプを追加!いつでもどこでも心地よい肌触りのポケTでさり気なく粋な大人のサイクリストアピール! 10. フランスの下部レースでベテラン選手のメカニカルドーピング発覚!フランス警察とフランスアンチドーピング協会、ドーピングを拒みレース界を追われたバッソンスが先導してレース界を正す

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013