新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

いよいよROTORの油圧コンポUNOが2018年度はレースシーン挑戦へ!油圧軽量コンポに未来はあるのか? コラム:人はなぜ軽量化に魅せられるのか、0.1gを削ることに命をかけるという自転車の楽しみ方、乗るだけではない、ある一つの自転車の楽しみ方の形 鉄人46歳レベッリンがコンチネンタルチームで現役続行!ベルギーの新チームに加入で来シーズンも暴れまくり! 2年連続のダブルを狙う男、1年間(365日)以内に3大グランツールを狙う男、絶対王者フルームの光!それを阻止すべくジロで立ちはだかるのは昨年度王者デュムラン、ニーバリとアルーか? ロードのタイヤが太くなっていくことの意味はあるのか?現代に与えられた乗り方に合わせた多様性、あなたはどちらを選ぶ?自分自身とバイクを考えて適切なタイヤ幅選択を ジロ・デ・イタリア2018プレゼンテーション、混沌の地イスラエルスタート、「スポーツに国境はない」 はずが論議を呼び正式資料が2転3転、そしてついにフルームがジロ制覇へ向け参戦決定 ショップで買うべき?海外通販で買うべき?それぞれのメリット・デメリットとは?メーカーやショップの対応は?自分に適したスタイルでショッピングを楽しむ極意 ブラックフライデー最終週!海外の大セール期間で来年度用の機材をそろえろ!自分へのご褒美に、相方へのプレゼントに、今ならほしかった商品が安く買える大チャンス!
2017/8/7 15:10

自転車ヨーロッパ選手権エリート男子ロード

自転車ヨーロッパ選手権:移籍確定のクリストフが念願のビッグタイトル獲得!僅差の写真判定はわずか数cm差の激戦!


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
自転車界ではまだ新しいタイトルとも言えるヨーロッパ選手権、時期的にグランツールの間で行われ、また他のレースとスケジュールが重なることもあり、あまり多くの主力選手が出場しているとはいえなかった。でもだからこそ「そのようなシーンではしっかりと勝ちきらねばならない」、そう常づね口にする男がきっちりとヨーロッパチャンピオンジャージを獲得してみせた。先日UAEチームエミレーツへの移籍を発表したばかりのアレクサンダー・クリストフ(ノルウェイ)が見事にスプリント勝負を制してみせた。


『移籍を前にビッグタイトル獲得 ©Kristoff』
勝負は僅差だった。最後は写真判定にも連れたが、ゴール手前1mほどでクリストフが逆転、僅か数cmの差でエリア・ヴィヴィアーニ(イタリア)を抑えての勝利となった。ゴール直後にヴィヴィアーニは進路を塞がれたとして手を挙げその後ビデオ判定になったが、斜行や進路妨害には当たらないとしてクリストフの勝利が確定した。

「本当に勝てて嬉しいよ。こんな僅差で勝てるなんてスリリングだろ。でもそれは勝てたから言えるんだけどね。とにかくイタリアがいい面子を揃えてヴィヴィアーニをサポートしていたから、だから少し早めに仕掛けたんだよ。僕は進路を塞いだつもりはなかったけど、彼が針穴を通すような感じで狭い右側をこじ開けてきたんだよ。でもあの隙間は体を振ってスプリントするには十分じゃないからね。僕もあれ以上彼にスペースは与えなかったんだよ。僕はあくまでも直線的にスプリントをしていたから問題なかっただろ。」クリストフは勝利を喜んだ。


『際どい勝負となったがクリストフに軍配 ©Eurosport』
今シーズンここまで結果が残せていなかったクリストフ、クラシックとツール・ド・フランスで結果が残せないでいたが、ツール後のレースで勝利を収めると、その勢いのままヨーロッパチャンピオンにまで上り詰めた。今年は世界選手権を狙うと公言しており、それに合わせてきっちりと調子を上げてきているのは流石と言えるだろう。

ワールドツアーレースと違い、駆け引きというよりはお互い国同士での力の応酬が繰り返されるレースとなった。そして残り7kmを切るとハイペースで常に誰かが先頭に少しだけ飛び出しているような状態が繰り返される。イタリアとフランスの意地の張り合いに、ノルウェイも加わり、残り1kmではエドヴァルド・ボアッソン・ハーゲン(ノルウェイ)ガ果敢にアタックを仕掛ける。しかし後続がそれを許すはずもなく残り1kmで捉えると、そのままスプリントへとなだれ込んで行く。そしてクリストフは同胞の意志を受け継ぐかのごとくスパート、そのままビッグタイトルを手にしてみせた。

これでこれからの一年間、ヨーロッパチャンピオンジャージでクリストフは走ることになる。この勝利は新チーム移籍へ向け、最高の手土産となった。

ヨーロッパチャンピオンシップ ロード男子
1位 アレクサンダー・クリストフ(ノルウェイ)   5h41’10”
2位 エリア・ヴィヴィアーニ(イタリア)
3位 モレーノ・ホフランド(オランダ)
4位 パスカル・アッカーマン(ドイツ)
5位 ルーカ・メズゲック(スロヴェニア)
6位 エドワード・ソーンズ(ベルギー)
7位 アクセル・ノメーラ(エストニア)
8位 イヴァン・ガルシア(スペイン)
9位 パウェル・フランチャック(ポーランド)
10位 ミカル・コラー(スロヴァキア)

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:SIXTH_310x174_20150826(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. いよいよROTORの油圧コンポUNOが2018年度はレースシーン挑戦へ!油圧軽量コンポに未来はあるのか? 2. コラム:人はなぜ軽量化に魅せられるのか、0.1gを削ることに命をかけるという自転車の楽しみ方、乗るだけではない、ある一つの自転車の楽しみ方の形 3. 鉄人46歳レベッリンがコンチネンタルチームで現役続行!ベルギーの新チームに加入で来シーズンも暴れまくり! 4. 2年連続のダブルを狙う男、1年間(365日)以内に3大グランツールを狙う男、絶対王者フルームの光!それを阻止すべくジロで立ちはだかるのは昨年度王者デュムラン、ニーバリとアルーか? 5. ロードのタイヤが太くなっていくことの意味はあるのか?現代に与えられた乗り方に合わせた多様性、あなたはどちらを選ぶ?自分自身とバイクを考えて適切なタイヤ幅選択を 6. ジロ・デ・イタリア2018プレゼンテーション、混沌の地イスラエルスタート、「スポーツに国境はない」 はずが論議を呼び正式資料が2転3転、そしてついにフルームがジロ制覇へ向け参戦決定 7. ショップで買うべき?海外通販で買うべき?それぞれのメリット・デメリットとは?メーカーやショップの対応は?自分に適したスタイルでショッピングを楽しむ極意 8. ブラックフライデー最終週!海外の大セール期間で来年度用の機材をそろえろ!自分へのご褒美に、相方へのプレゼントに、今ならほしかった商品が安く買える大チャンス! 9. コラム:シマノという巨人、ツールで機材バトルで圧勝、ツール全ステージDi2が勝利で見えてきたライバルコンポーネントメーカーとの力の差、スラムは北米と女子プロレースを中心に転換 10. 冬の必需品、バレットのパッカブルに新デザイン登場!肌寒い時にもう一枚、簡単に羽織れ小さく畳める便利なウィンドブレーカーの決定版!

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013