新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中
2017/7/17 15:45

ツール・ド・フランス第15ステージ選手コメント

ツール・ド・フランス第15ステージ選手コメント:「新しいホイールを渡してケツをひっぱたいたら、それだけでフルームはスイッチが入ったね。」〜クウィアトコウスキー


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

『モレンマ抜群の笑顔 ©Tim D Waele』
バウク・モレンマ(トレック・セガフレド) ステージ1位
「今まで何度も惜しいことはあったけど、今年ほど勝利に飢えていた年はないよ。昨日の段階で、今日はチャンスが有ると思ってけど、皆考えていることは同じだったから色々と大変だったよ。ツールは僕にとってもっとも重要なレースであり続けてきたし、勝利することを夢見てきたんだ。それが今日ようやく叶ったよ。嬉しいね〜。」

ディエゴ・ウリッシ(UAEチームエミレーツ) ステージ2位
「今日の2位は価値ある2位だね。モレンマはこれ以上無いタイミングで仕掛けて、そのままさっさと行ってしまったね。追走の僕らは、疲れていてお互い譲り合いになってしまったんだ。最後は何とか気力を振り絞って2位に入れたね。先ずはモレンマにおめでとうと言いたいね。」

トニー・ギャロパン(ロット・ソウダル)   ステージ3位
「きつかったね。今日は全力を尽くしての3位、モレンマはすごいね。」


『フルームはピンチを逃げ切った ©Tim D Waele』
クリス・フルーム(チームスカイ) 総合1位
「正直言ってメカトラ発生したときは頭の中真っ白だったよ。そのまま集団へ復帰できるかもわからなかったからね。」

「AG2Rは攻めてきたね。その直前に僕のリアホイールにトラブルがあって、結局クウィアトコウスキーのホイールと交換したんだよ。チームカーが集団はるか後方で、上がってこれなかったからね。そこからはもう必死だったよ。とにかくチームメイトたちには感謝感謝だよ。ニエベとエナオは、集団へ追いつくのに全力を尽くしてくれたし、ランダも最後の上りでよくアシストをしてくれた。」

「ライバル達はそりゃ必死で攻撃してくるでしょ。TTの前になんとかタイム差をつけたいはずだしね。僕は今はジャージを守れたこと、そして明日が休息日であることに安堵しているよ。」

ダニエル・マーティン(クイックステップ・フロアーズ) 総合5位
「昨年は総合7位まで僅か数秒差で総合9位だったんだよ。だから1秒たりとも無駄にできないのはわかっているんだ。今日も誰もが限界までプッシュしていたし、明日が休息日ということでゆっくりできるのはありがたいね。」

「今週はきつかった。とにかく暑いし、落車も多いし、ライバル達も皆苦戦していたね。」

「あの落車がなければ総合リーダーだったかも知れないって?そうかもしれないけど、そうなっていたらきっとライバル達が僕に攻撃を仕掛け、もっと大量のタイム差をつけられていたかもしれないんだよね。だから”たられば”の話は必要なくて、現状がどうあるかが重要なんだよ。」


『TDF ©Tim D Waele』
ミケル・ランダ(チームスカイ) 総合6位
「フルームがメカトラに見舞われた時、あえて先頭集団に残ったんだよ。それで近づいてきたからアシストしたんだ。もしあの時点で僕まで下がっていたら、ライバル達は間違いなくさらに仕掛けていただろうし、僕らは共倒れになる可能性だってあったんだ。フルームと合流してからは、ライバル達にどう対処するかを話し合ったんだ。間違いなく攻めてくるだろうと思っていたからね。」

トニー・マルティン(カチューシャ・アルペシン) 
「チャンスはあったんだけどね。最後は寄ってたかって追いつめられたよ。ましてや山岳スペシャリトまでいたんだから敵わないよ。」

ミカル・クウィアトコウスキー(チームスカイ)
「新しいホイールを渡してケツをひっぱたいたら、それだけでフルームはスイッチが入ったね。」

サイモン・ゲシュケ(チームサンウェブ)
「せっかくだからチームとしてハットトリック(ステージ3勝目)を狙ったんだけど、ダメだったね〜。今日じゃないなら次の機会に狙うだけ〜。」

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 2. トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 3. サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 4. サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 5. 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 6. 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 7. メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 8. 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中 9. 人が自転車で上れる限界の勾配とは?人は一体どこまで己の力のみで坂を登っていけるのだろう 10. オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感!

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013