新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中
2017/7/16 22:33

ツール・ド・フランス第14ステージ選手コメント

ツール・ド・フランス第14ステージ選手コメント:「前回ここでゴールを迎えたときは僕は肋骨を4本骨折、擦過傷だらけだった、今回はきっちりと勝利を奪い取れたよ。」〜マシューズ


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

『狙っていたステージでの勝利はあっぱれ ©Tim D Waele』
マイケル・マシューズ(チームサンウェブ) ステージ1位
「今日は予定通り一日中チームが主導権争いをして、逃げを手の届く範囲においておいてくれたんだ。でもそれでチームメイトが疲弊していたんで、最後のスプリントであまりアシストが期待できないことは承知していたらからね。でもそれでも3人のアシストが最後まで僕をサポートしてくれたんだ。”完璧な一日”だったよ。」

「前回ここでゴールを迎えたときは僕は肋骨を4本骨折、擦過傷だらけだったんだよね。ここを狙っていたのにそのざまだったんだ。でも今回は違う、今回はきっちりと勝利を奪い取れたよ。夢にまで見たこのステージでの勝利を2年越しで果たせたよ。」

グレッグ・ヴァン・アーヴェルマート(BMC) ステージ2位
「ポートがリタイアしてしまったからチーム方針としては僕がステージ優勝を狙うことになっているんだよ。結果2位だったけど、これが次への自信に繋がったよ。まだまだ残りステージがあるから狙っていくよ。」

「マシューズ速かったね〜。勝者にふさわしい走りだったよ。」

エドヴァルド・ボアッソン・ハーゲン(ディメンション・データ) ステージ3位
「マシューズがかったのは驚きではないよ。今日の僕のイチオシだったからね。だから彼をマークしていたんだよ。」


『チームスカイのチーム力の差が出た ©Tim D Waele』
クリス・フルーム(チームスカイ) ステージ7位 総合1位
「最高のサプライズだったね。まさか今日ジャージを取り返すとは思わなかったよ。でもこれも皆チームメイトのおかげだよ。クウィアトコウスキーが素晴らしいアシストをしてくれたからね。このステージで20秒を稼ぎ出せたのは大きいよ。今年は接戦で秒差の勝負をしているんだから、直接対決ではないステージでのこのようなタイム差は極めて貴重だよ。」

「2年前もここを走ったからコースを知ってはいたんだよ。でも今日はとにかくチームがきっちりと僕をタイムロスがないポジションにおいてくれていたことが大きいね。あれがなければ僕自身もタイムロスをしていたかもしれないからね。無線で”アルーとの差がついているから行け〜!”って聞こえてきたんだよ。正直それを聞いたときは驚いたけどね。」

ファビオ・アルー(アスタナ) 総合2位
「残り1kmであまりにも後ろにいすぎたよ。そこから必死で前へ上がろうとしたんだけど、ダメだったね。今日僕に起きたことは誰にでも起きうることだよ。これもまたレースだし、まだまだこれから再逆転のチャンスは有るからね。まだ全てを失ったわけじゃないんだから、悲観的になる必要はないからね。」

ミカエル・ヴァルグレン(アスタナ)
「アルーを前線まで引き連れていこうとしたんだけど、気がついたらいなかったんだよ。僕らマイヨ・ジョーヌを失ったのかな?」


『デ・ヘントが逃げ男の本領発揮 ©Tim D Waele』
トーマス・デ・ヘント(ロット・ソウダル)
「今日は逃げにチャンスが有るのは分かっていたんだよ。今日は別にダラダラと逃げを狙っていたわけではなかったから、積極的に仕掛けたんだよね。本当はチームメイトがそれで逃げを敢行する予定だったんだよ。でも結局僕が逃げに乗ってしまう形になったんだよ。」

ミケル・ランダ(チームスカイ)
「フルームに影響がないのであれば、僕も表彰台を狙うよ。」

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:SIXTH_310x174_20150826(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 2. トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 3. サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 4. サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 5. 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 6. 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 7. メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 8. 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中 9. 人が自転車で上れる限界の勾配とは?人は一体どこまで己の力のみで坂を登っていけるのだろう 10. オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感!

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013