新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中
2017/7/16 21:28

ツール・ド・フランス第14ステージ

ツール・ド・フランス第14ステージ:アルーに落とし穴、上りゴールの位置取りのミスでマイヨ・ジョーヌを失う!他の総合勢もタイムロス、ステージ勝利は”お待たせしました”のマシューズ!


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

『第14ステージ高低表 ©ASO』
昨日までの2ステージが総合を巡る激しいバトルとなった中で、この日のステージはそこで何一つ活躍できなかったスプリンター達が積極的に展開を面白くした。そしてゴールへ向かいアップダウンを繰り返しながらのスプリントステージを制したのはマイケル・マシューズ(チームサンウェブ)、キッテルに屈し続け、精神的に凹んでいた男がキッテル脱落を知ったことで水を得た魚のごとく躍動した。


『見よ、この低い姿勢でのスプリント! ©Tim D Waele』

『一気にそのまま先頭に ©Tim D Waele』
激しいレースの締めくくり、ようやく訪れた勝利のチャンスにチームサンウェブは貪欲だった。積極的に集団前方でレースの主導権を握り続けた。しかし残り600m、クラシックレースのようなゴール前で真っ先に動いたのはオリビエ・ナエセン(AG2R)だった。そしてさらにフリップ・ジルベール(クイックステップ・フロアーズ)、グレッグ・ヴァン・アーヴェルマート(BMC)とまさにクラシックさながらの面子がゴールへと進んでいく。そしてそこには待望の勝利めがけ爆進するマシューズの姿もあった。


『マシューズが力強く勝利 ©Tim D Waele』
圧倒的なパンチ力でライバルを圧倒したマシューズは、後続との距離を確認しながらガッツポーズ、ようやく笑顔でゴールを迎えた。これでチームサンウェブは昨日のワーレン・バルギルに続いてのステージ連勝となった。「前回ここでゴールを迎えたときは僕は肋骨を4本骨折、擦過傷だらけだったんだよね。ここを狙っていたのにそのざまだったんだ。でも今回は違う、今回はきっちりと勝利を奪い取れたよ。夢にまで見たこのステージでの勝利を2年越しで果たせたよ。」満面の笑みでマシューズは語った。


『まさかの棚ぼた的マイヨ・ジョーヌ奪還 ©Tim D Waele』

『アルー呆然 ©Tim D Waele』
しかしこの日のステージでは総合勢に大きな動きがあった。なんとマイヨ・ジョーヌのファビオ・アルー(アスタナ)がゴール前の上りを集団後方で迎えたことで25秒という大きくタイムを失う結果となったのだ。そしてきっちりとゴールを集団前方で迎えたのはクリス・フルーム(チームスカイ)、ダニエル・マーティン(クイックステップ・フロアーズ)、リゴベルト・ウラン(キャノンデール・ドラパック)の3人のみ、そのフルームがマイヨ・ジョーヌを奪還を果たすとともに、ロメイン・バルデ(AG2R)ら他の総合上位勢に対してタイム差を稼ぎ出した。せっかく昨日の山岳でタイムを奪い返した面々もあっさりとこのゴール前でタイムを失うなど、位置取りが大きな波乱を呼ぶこととなった。

最後まで気を抜かなかったフルーム、そしてそれをマークしていたマーティンとウランは流石と言えるだろう。ただ本人もマイヨ・ジョーヌをこのような形で奪還することまでは想定外だったらしく、ゴール後には「嬉しい誤算」と語った。


『ひまわり畑が今年は何度も登場 ©Tim D Waele』

『ヴォクレールの走りに沿道は盛り上がった ©Tim D Waele』
この日の逃げにはトーマス・デ・ヘント(ロット・ソウダル)とともにトマ・ヴォクレール(ダイレクトエナジー)が加わった5人、フランスは今大会が最後となるフランスの英雄ヴォクレールの姿に熱狂する。しかしこの日は集団の意識は常にスプリントモード、残り12kmで最後の逃げの1人デ・ヘントを捉えると、そのまま一気に激しい火花が飛び始める。クラシックさながらのコースに、普段はアシストを努めているクラシックスペシャリストはチャンスとばかりに積極的な動きを見せ続けたが、最後に笑ったのは今大会ここまでキッテルにやられ続けていた男だった。


『それぞれの観戦方法 ©Tim D Waele』
ツール・ド・フランス第14ステージ
1位 マイケル・マシューズ(チームサンウェブ)   4h21’56”
2位 グレッグ・ヴァン・アーヴェルマート(BMC)
3位 エドヴァルド・ボアッソン・ハーゲン(ディメンション・データ)   +01”
4位 フィリップ・ジルベール(クイックステップ・フロアーズ)
5位 ジェイ・マッカーシー(ボーラ・ハンスグロエ)
6位 ソニー・コルブレッリ(バーレーン・メリダ)
7位 クリス・フルーム(チームスカイ)
8位 ダニエル・マーティン(クイックステップ・フロアーズ)
9位 リゴベルト・ウラン(キャノンデール・ドラパック)
10位 ティス・べノート(ロット・ソウダル)   +05”

ツール・ド・フランス総合順位
1位 クリス・フルーム(チームスカイ)   59h52’09”
2位 ファビオ・アルー(アスタナ)   +18”
3位 ロメイン・バルデ(AG2R)   +23”
4位 リゴベルト・ウラン(キャノンデール・ドラパック)   +29”
5位 ミケル・ランダ(チームスカイ)   +1’17”
6位 ダニエル・マーティン(クイックステップ・フロアーズ)   +1’26”
7位 サイモン・イェーツ(オリカ・スコット)  +2’02”
8位 ナイロ・キンターナ(モビスター)   +2’22”
9位 ルイス・メインチェス(UAEチームエミレーツ)   +5’09”
10位 アルベルト・コンタドール(トレック・セガフレド)   +5’37”

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:SIXTH_310x174_20150826(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 2. トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 3. サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 4. サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 5. 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 6. 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 7. メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 8. 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中 9. 人が自転車で上れる限界の勾配とは?人は一体どこまで己の力のみで坂を登っていけるのだろう 10. オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感!

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013