新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中
2017/7/15 18:12

ツール・ド・フランス第13ステージ選手コメント

ツール・ド・フランス第13ステージ選手コメント:「彼はもちろん総合争いという意味では驚異だし、それこそが僕らの最大の武器でもあるんだよ。」〜フルーム


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

『バーギル満面の笑み ©Tim D Waele』
ワーレン・バーギル(チームサンウェブ) ステージ1位
「気分は最高だね。最後も勝てる自信があったんだよ。コンタドールが先に仕掛けたけど、その外側から被せる形でうまく仕掛けられたね。あの中では僕が一番速いと確信していたからね。」

ナイロ・キンターナ(モビスター) ステージ2位 総合8位
「足がある限り挑むでしょ。とにかくベストを尽くして天命を待つ、だよ。今日はメインのライバル達と対等に戦えたのは収穫だったね。自身は失っていないし、このままいけるといいな。」

アルベルト・コンタドール(トレック・セガフレド) ステージ3位 総合10位
「今日はいい日だったよ。難しいステージでもあったんだけどね。実は僕も最後の上りではホント苦しかったよ。もう僕は総合では蚊帳の外だから、いい意味で失うものがないんだよね。でも今日もスカイがどういうような対応をしてくるかが読めなかったからね。ただ彼らはランダがいい順位につけて最高の手札が揃ったよね。僕は僕で、多くの人のサポートがあってここにいるんだから、きちんとそれに報いるだけの活躍をしないとね。」

ミケル・ランダ(チームスカイ) ステージ4位、総合5位
「今日は満足だよ。僕が前にいることで、ライバルチームは脚を使わせることが出来たしね。今日はタイムなのかステージ狙いで行くのかどちらかがわからなかったからね。」
「僕がリーダーかって?そうではないよ。もちろん脚もあるし勝てるかもしれないけど、僕はあくまでもアシストであるという役割を理解しているからね。そりゃ総合優勝は夢ではあるけど今の僕に与えられた役割ではないんだよ。誰が勝つかって?そりゃフルームでしょ。もし彼が勝てない場合は僕でありたいけどね。」

サイモン・イェーツ(オリカ・スコット) ステージ5位 総合7位
「最後の一級山岳の上りでマーティンがいいペースで仕掛けてくれたから、これはチャンスだと思ったんだけど、僕に脚がなかったよ。最後は何とか集団から飛び出してわずかにタイムを稼いだけど、こういうのが後で物を言うことがあるからね。個人的には今日の様はショートで全開で行けるステージが好きだね。昨日のようにサバイバルになるのは苦手なんだよ。」


『今年のチームカー ©Tim D Waele』
ダニエル・マーティン(クイックステップ・フロアーズ) ステージ6位 総合6位
「チャンスを狙っていたんだけど、一気の加速が苦手なんでペースを上げる作戦にでたんだよ。そうすればライバル達もアタックを仕掛けにくいしね。まあ今日のところは作戦通りだったね。とりあえずミッションはこなしたよ。」

クリス・フルーム(チームスカイ) ステージ8位 総合2位
「昨日の調子を見れば、僕らがランダという攻撃のカードを切るのは当然だろ。もちろん僕らは彼に全幅の信頼を寄せているんだよ。それでも彼はもちろん総合争いという意味では驚異だし、それこそが僕らの最大の武器でもあるんだよ。総合リーダーチームのアスタナには今はそういったカードを切る余裕が無いわけだからね。我々はこれでライバル達に対してこれからの山岳で優位に立ってカードを切ることができる、これは願ってもない状況だよ。」

ファビオ・アルー(アスタナ) ステージ9位 総合1位
「観客にとっては今日はものすごく興奮するステージだったよね。でも僕はあのアタックの応酬の中でも冷静でいたよ。チームメイト達が手負いなんで1人にはなってしまったけど、それでもこれからの数日できちんと回復してくれるんじゃないかな。でもフグルサングがリタイアになったのは痛いな~・・・」

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 2. トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 3. サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 4. サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 5. 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 6. 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 7. メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 8. 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中 9. 人が自転車で上れる限界の勾配とは?人は一体どこまで己の力のみで坂を登っていけるのだろう 10. オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感!

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013