新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中
2017/7/15 9:57

ツール・ド・フランス第13ステージ

ツール・ド・フランス第13ステージ:キンタとコンタが逃げてタイムを挽回!しかしステージ優勝は一緒に逃げた山岳賞のバルギル!総合勢はアタックの応酬も決定打なし


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

『第13ステージ高低表 ©ASO』
第13ステージ、1級山岳を3つ超えながらも距離的に短いステージは、ここまでタイムを失ってきたナイロ・キンターナ(モビスター)とアルベルト・コンタドール(トレック・セガフレド)にとってはまたとない挽回の場となった。しかしステージ優勝は山岳賞ジャージを身にまとったワーレン・バルギル(チームサンウェブ)、ジロを制したチームがツールでも存在感を見せた。


『コンタドールが攻め続けた ©Tim D Waele』
二つ目の山岳、飛び出していったのは昨日タイムを失った優勝候補の二人だった。キンターナはまだかろうじて総合上位争いに踏みとどまっているが、コンタドールはすでに総合を狙わずステージ優勝争いに絞ると公言、そんな二人がこの日のステージを面白くした。積極的に動いたのはコンタドール、ステージ優勝を狙いぐんぐんと加速する。そこへ合流したランダは当初はただそれをマークしていたが、途中から積極的に自らもペースアップ、協調体制が出来上がる。


『キンターナも逆襲 ©Tim D Waele』
そこへキンターナ、山岳賞狙いのバルギル、さらにミカル・クウィアトコウスキー(チームスカイ)が追走をする展開となる。しかしクウィアトコウスキーはチームからのオーダーで後退、総合勢で構成された追走集団にいるクリス・フルーム(チームスカイ)のアシストを務めることとなる。


『総合上位勢は駆け引きを続けた ©Tim D Waele』
バルギルとキンターナが先行していた二人に合流、コンタドールにランダとの強力な4人は後続との差を2分さほどに保ち続ける。その後方では昨日同様に総合勢のみに絞られたメンバーの中では激しい駆け引きが始まる。前とのタイム差を気にしながらも、何とか同じ集団内のライバルを蹴落とせないかとダニエル・マーティン(クイックステップ・フロアーズ)、フルーム、ロメイン・バルデ(AG2R)、そしてファビオ・アルー(アスタナ)がジャブの応酬を続けた。


『バルギルが見事な勝利 ©Tim D Waele』
先行する4人は最後まで力を緩めることなく協調、1級山岳からの下りをゴールまで一気に駆け抜けた。最後は残り150mで、先に仕掛けたコンタドールを捉えたバルギルが力強いスプリントで勝利、フランス革命記念日のツールでフランス人がステージ優勝を上げた。コンタドールは届かず2位も何とか自らの走りがまだトップクラスであることを示した。3位に入ったキンターナはタイムを挽回、総合上位争いに踏みとどまった。4位でステージを終えたランダは一時はバーチャルリーダーになるなど存在感を見せ、そのまま総合で5位までジャンプアップ、表彰台が手の届くところまで来ている。

「気分は最高だね。最後も勝てる自信があったんだよ。コンタドールが先に仕掛けたけど、その外側から被せる形でうまく仕掛けられたね。あの中では僕が一番速いと確信していたからね。」バルギルは自信満々に語った。


『マーティンが積極的だった ©Tim D Waele』

『フルームとアルーは譲らすもアシストはスカイ有利 ©Tim D Waele』
その背後では最後の最後までお互いを牽制しながらのアタック合戦が繰り広げられた。そして一度は上りで遅れながらも下りで合流したマーティンが再び飛び出すが、ライバル達は動かない。だが常に視野の先に捉える程度の距離しかリードを与えずにそのままゴール、総合上位勢の中では大きな波乱なくステージを終えたが、アルーとのダブルエースで挑んだヤコブ・フグルサング(アスタナ)がリタイア、アルーにとってはアシストがほぼいない状況でのきついステージをこれから向かえることとなりそうだ。

ツール・ド・フランス13ステージ
1位 ワーレン・バーギル(チームサンウェブ)   2h36’29”
2位 ナイロ・キンターナ(モビスター)
3位 アルベルト・コンタドール(トレック・セガフレド)
4位 ミケル・ランダ(チームスカイ)   +2”
5位 サイモン・イェーツ(オリカ・スコット)   +1’39”
6位 ダニエル・マーティン(クイックステップ・フロアーズ)
7位 ミカル・クウィアトコウスキー(チームスカイ)   +1’48”
8位 クリス・フルーム(チームスカイ)
9位 ファビオ・アルー(アスタナ)
10位 リゴベルト・ウラン(キャノンデール・ドラパック)

ツール・ド・フランス総合順位
1位 ファビオ・アルー(アスタナ)   55h30’06”
2位 クリス・フルーム(チームスカイ)   +06”
3位 ロメイン・バルデ(AG2R)   +25”
4位 リゴベルト・ウラン(キャノンデール・ドラパック)   +35”
5位 ミケル・ランダ(チームスカイ)   +1’09”
6位 ダニエル・マーティン(クイックステップ・フロアーズ)   +1’32”
7位 サイモン・イェーツ(オリカ・スコット)  +2’04”
8位 ナイロ・キンターナ(モビスター)   +2’07”
9位 ルイス・メインチェス(UAEチームエミレーツ)   +4’51”
10位 アルベルト・コンタドール(トレック・セガフレド)   +5’22”

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:SIXTH_310x174_20150826(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 2. トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 3. サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 4. サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 5. 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 6. 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 7. メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 8. 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中 9. 人が自転車で上れる限界の勾配とは?人は一体どこまで己の力のみで坂を登っていけるのだろう 10. オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感!

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013