新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中
2017/7/14 10:04

ツール・ド・フランス第12ステージ選手コメント

ツール・ド・フランス第12ステージ選手コメント:「これでレースは一気に面白くなったんじゃないかな。」〜フルーム、「僕は39X28 だったけどこれが限界だったよ。」〜アルー


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

『バルデが3年連続のステージ優勝達成 ©Tim D Waele』
ロメイン・バルデ(AG2R) ステージ1位 総合3位
「これで3年連続でツールでステージ優勝を成し遂げることが出来たよ。先ずはのことをチームと分かち合って祝いたいね。これで残りの大会期間を心置きなく総合争いに専念できるよ!総合優勝が最大の目標だし、まだ勝負どころは残っているからね。」

「正直アスタナが集団のペースをコントロールしていくのかがわからないね。ここからは状況判断が重要になるね。ましてやチームスカイが戦力が整っているからね。」

「5月にここに下見に来たときはまるでゴーストタウンの様にシ〜ンとしていたけど、今日どこで仕掛けるべきかということを確認できたからね。とにかく今日勝ててよかったよ。」


『アルーが見事な走りで実力を示した ©Tim D Waele』

ファビオ・アルー(アスタナ) ステージ3位 総合1位
「これ以上ない最高の瞬間だったよ。正直ここで自力でマイヨ・ジョーヌを奪い取れるとは想像すらしていなかったよ。ステージはものすごくきつかったしね。このジャージを守りきることは容易では無いけど、チームの為にもこのジャージを守り抜きたいと思うよ。しかし最後の激坂はきつかったね。僕は39X28 だったけどこれが限界だったよ。」

クリス・フルーム(チームスカイ) ステージ7位 総合2位
「きつい一日だったよ。チームは素晴らしい仕事をしてくれたと思う。ただ僕の脚がついていかなかったんだよ。言い訳もないよ、唯自分の力不足だよ。ただバルデにおめでとうと言いたいだけだね。アルーにもマイヨ・ジョーヌ獲得をおめでとうと言いたいよ。でもこれでレースは一気に面白くなったんじゃないかな。」

ダニエル・マーティン(クイックステップ・フロアーズ) ステージ6位 総合5位
「あのポートと絡んでの落車で失ったタイム差がなければ、間違いなく僕は総合優勝の真っ只中にいたはずだよ。でもあれもまた現実であり、今はとにかく日々こなしていくだけだよ。ただ痛めた背中がきついし、精神的にもかなり参ってはいるけどね。ただ結果が出ているからそのまま突き進むよ。チームが今キッテルを中心に絶好調だから、雰囲気がいいんだよね。それが大きな助けになっているよ。アルプスではもっとアグレッシブに攻めていきたいね。」

スティーブ・カミングス(ディメンション・データ)
「逃げはアンダーコントロールだったんだけど、追走はアウト・オブ・コントロールだったからね。」

ベン・スイフト(UAEチームエミレーツ)
「きついステージに長い移動距離、こりゃ爆睡しかないでしょ。」

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 2. トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 3. サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 4. サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 5. 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 6. 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 7. メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 8. 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中 9. 人が自転車で上れる限界の勾配とは?人は一体どこまで己の力のみで坂を登っていけるのだろう 10. オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感!

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013