新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中
2017/7/13 23:15

ツール・ド・フランス第11ステージ選手コメント

ツール・ド・フランス第11ステージ選手コメント:「まだサガンから貰ったグミ食べてるから、ちょっとごめんね・・・(モグモグ)」〜ボドナール


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

『キッテルがポイント賞へまっしぐら ©Tim D Waele』
マルセル・キッテル(クイックステップ・フロアーズ) ステージ1位
「最高だね。絶好調なときってテトリスをやってる気分なんだよ。1つでも間違えれば詰まってしまう中で、全てのピースがうまくハマっていく気分なんだ。チームの為にも1つでも勝利を多く挙げたいと思っていたから最高の気分だよ。とにかくチームメイトのアシストが素晴らしいよ。ジルベールやバウアーのように彼ら自身が勝てる能力がある人間がアシストしてくれるんだから、負ける訳にいかないよね。」

エドヴァルド・ボアッソン・ハーゲン(ディメンション・データ)
「もうちょっと勝負できたら良かったんだけどね。チームはいい仕事をしてくれたよ。キッテルは間違いなく今ツールで最強だけど、少しその差をつめてきているよね。まあ実際には力量差はあるから近くはなっていないんだけどね。でもほんとうに強いよね。」

マチェイ・ボドナール(ボーラ・ハンスグロエ)
「まだサガンから貰ったグミ食べてるから、ちょっとごめんね・・・(モグモグ)」
「惜しかった・・・そりゃ残念だよ。でも内容には納得しているよ。今日の独走は見事だっただろ、個人TTのときよりいい感じで走れていたからね。まだステージも残っているし、もっと挑戦したいね。」

クリス・フルーム(チームスカイ) 総合1位
「昨日よりは神経質だったね。横風もあったけど、分断を引き起こすには不十分だったね。今日みたいな日は、常に集団前方にいなければいけないから神経質にならざるをえないんだよね。でもチームメイトのおかげで上手く走れたよ。」
あと2度頂上ゴールがあるけど、その一つが明日だろ、間違いなく総合勢は動くよね。まずは脱落した選手たちにカムバックをさせないことが先決だね。そんなスキは与えちゃいけないんだ。僕はまずとりあえずライバルたちの動向をチェックしながら、それに応じて対応するようにするよ。」


『アルー快走 ©Tim D Waele』
ファビオ・アルー(アスタナ) 総合2位
「レースを面白くしたいんだよ。だってそのほうが見ている人も盛り上がるだろ。ポートを含め多くの選手達が落車で怪我をしてしまっているのが残念だよ。でもやっぱりそれでもレースは盛り上がっているだろ。ピレネーではさらに盛り上げたいし、僕はフルームを恐れることなくアタックをするよ。」

アルベルト・コンタドール(トレック・セガフレド)
「白旗を揚げるつもりはまだない、もしそう思っている人間がいるとしたら、僕のことを何もわかっちゃいないよ。」

「体は痛いけど、無駄にタイムを失うような状況じゃなくてよかったよ。まだこれからだよ。」

「本音を言えば落車翌日に山岳は勘弁だよね。十分なリカバー時間がないからね。」

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:SIXTH_310x174_20150826(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 2. トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 3. サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 4. サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 5. 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 6. 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 7. メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 8. 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中 9. 人が自転車で上れる限界の勾配とは?人は一体どこまで己の力のみで坂を登っていけるのだろう 10. オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感!

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013