新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中
2017/7/13 12:58

ツール・ド・フランス第11ステージ

ツール・ド・フランス第11ステージ:ゲルマン超特急まったく止まらず!キッテルが貫禄のステージ5勝目!ライバルも脱帽の”格の違い”で連勝!


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

『第11ステージ高低表 ©ASO』
あまりにも強すぎた。今大会の必勝パターンは、先行逃げ切りではなく、ライバル達に先にスプリンをさせて、その背後から力でねじ伏せるという圧倒的な”格の違い”を見せつける勝ち方、もうライバル達はもはや戦意喪失一歩手前まで追い詰められている。「キッテルがスプリントを始めたらもう勝ち目はない」と言わしめるほどに圧倒的なその速さは今大会でますます磨きがかかってきている。
これでキッテルは早くもマーク・カベンディッシュが記録している一大会中の最多勝記録に並んだ。まだ残り10ステージ、山岳ステージもあるがまだスプリントステージも複数残されており、記録更新は間違いなさそうだ。また総合勢でも明暗くっきり、アルベルト・コンタドール(トレック・セガフレド)はまたしても落車に巻き込まれるなど、王者と言われたことの貫禄はすっかりと影を潜めてしまっている。


『 ©Tim D Waele』
この日は逃げの最後の一人、マチェイ・ボドナール(ボーラ・ハンスグロエ)が驚異的な粘りを見せた。この日の逃げの一員だったボドナールは残り23kmで独走態勢へ持ち込むと、残り500mまで粘り続けた。そしてそれを飲み込んだ集団はまたしてもクイックステップ・フロアーズのアシストが牽引、そのままいつも通りキッテルはライバル達の背後に潜んでいる。


『仕掛けどころがライバル達にとっては驚異 ©Tim D Waele』

『あっさりと見えてしまうほどの完勝 ©Tim D Waele』
そしてエドヴァルド・ボアッソン・ハーゲン(ディメンション・データ)と、マイケル・マシューズ(チームサンウェブ)がコース右側を駆け上がる中、視野が広がるコース中央をキッテルは爆走、難なく勝利を奪い去った。そのキッテルをマークしていたディラン・グローネウェーゲン(ロットNLジャンボ)がステージ2位、ボアッソン・ハーゲンは3位に沈んだ。


『クイックステップ・フロアーズ強し! ©Tim D Waele』
「最高だね。絶好調なときってテトリスをやってる気分なんだよ。1つでも間違えれば詰まってしまう中で、全てのピースがうまくハマっていく気分なんだ。チームの為にも1つでも勝利を多く挙げたいと思っていたから最高の気分だよ。とにかくチームメイトのアシストが素晴らしいよ。ジルベールやバウアーのように彼ら自身が勝てる能力がある人間がアシストしてくれるんだから、負ける訳にいかないよね。」キッテルの言葉にはチームメイトへの感謝がふんだんに感じられた。


『コンタドールは痛恨の落車 ©Tim D Waele』
そして総合勢では総合3位につけているロメイン・バルデ(AG2R)が落車してしまう。なんとかチームメイトのアシストもあり復帰を果たしたが、これからのステージへの影響が懸念される。さらに深刻なのはコンタドールだ。山岳でも結果が残せずあがいている王者だが、「白旗を揚げるつもりはまだない、もしそう思っている人間がいるとしたら、僕のことを何もわかっちゃいないよ。」とまだまだモチベーションが衰えていないことを感じさせた。

サガンが失格となりしらけたムードがあったポイント賞争い、キッテルはそれを完全に吹き飛ばす勢いで勝利を量産、これからのステージに史上初という大きな歴史的快挙を期待させる結果を残している。今年のポイント賞争いもやはりまだまだ注目の的となりそうだ。


『これぞ、THEツール! ©Tim D Waele』

『ひまわりこそがツールの象徴 ©Tim D Waele』
ツール・ド・フランス第11ステージ
1位 マルセル・キッテル(クイックステップ・フロアーズ)   4h34’27”
2位 ディラン・グローネウェーゲン(ロットNLジャンボ)
3位 エドヴァルド・ボアッソン・ハーゲン(ディメンション・データ)
4位 マイケル・マシューズ(チームサンウェブ)
5位 ダニエル・マックレイ(チームフォーチュネオ・オスカロ)
6位 ダビデ・チモライ(FDJ)
7位 アンドレ・グライペル(ロット・ソウダル)
8位 ナセル・ブアニ(コフィディス・ソルーションクレジッツ)
9位 ベン・スイフト(UAEチームエミレーツ)
10位 ダニーロ・ワイス(BMC)

ツール・ド・フランス総合順位
1位 クリス・フルーム(チームスカイ)   47h01’55”
2位 ファビオ・アルー(アスタナ)   +18”
3位 ロメイン・バルデ(AG2R)   +51”
4位 リゴベルト・ウラン(キャノンデール・ドラパック)   +55”
5位 ヤコブ・フグルサング(アスタナ)   +1’37”
6位 ダニエル・マーティン(クイックステップ・フロアーズ)   +1’44”
7位 サイモン・イェーツ(オリカ・スコット)   +2’02”
8位 ナイロ・キンターナ(モビスター)   +2’13”
9位 ミケル・ランダ(チームスカイ)   +3’06”
10位 ジョージ・ベネット(ロットNLジャンボ)   +3’53”

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 2. トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 3. サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 4. サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 5. 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 6. 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 7. メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 8. 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中 9. 人が自転車で上れる限界の勾配とは?人は一体どこまで己の力のみで坂を登っていけるのだろう 10. オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感!

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013