新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

コラム:シマノという巨人、ツールで機材バトルで圧勝、ツール全ステージDi2が勝利で見えてきたライバルコンポーネントメーカーとの力の差、スラムは北米と女子プロレースを中心に転換 シマノがロードレースでのディスクブレーキ普及への足固めか、RCSとニュートラルサポート契約で懸念払拭を狙う バレットから冬の定番パッカブルの新デザインが登場、普段使いからサイクリング、ゴルフ等様々なシーンを選ばず使える万能ウェアで冬の寒さの中でも楽しもう! アルベルト・コンタドール:王者であり続けたロードレース界のアイコン、パンターニに憧れた少年がパンターニ超えを目指し駆け抜けた現役生活 コラム:アジアバイクショーから思うこと、日本と同じ道を途中まで辿ってきた中国が向かう独自の歩み、OEM卒業ではなく続けながらの歩みを選択の理由とは コンタドールがコンチネンタルチームを始動!バッソとともにトレック・セガフレドの育成チームとなるポーラーテック・コメタが動き出す! ブラックフライデーセールがさらに加速!海外通販の激安月間、CRCの第2週のセール品をチェック!来シーズンへ向けて買い揃えるなら今がチャンス フルームを倒すための包囲網作戦?モビスターが来年のツール・ド・フランスではトリプルエースという対フルーム対策の可能性、フルームという時代の絶対王者の存在
2017/6/16 19:02

ツール・ド・スイス第5&6ステージ

ツール・ド・スイス第5&6ステージ:世界チャンピオン爆発!第5ステージはサガンがスプリント勝利!第6ステージはポッツォヴィーヴォが総合バトルを制し総合リーダーに!


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
スイスバトルがだんだんと激しくなる中、第5ステージも激しい力と力のぶつかり合いとなった。そんなパワースプリントバトルを制したのは現世界チャンピオンの怪童ピーター・サガン(ボーラ・ハンスグロエ)、先日マシューズに敗れた雪辱を晴らしてみせた。


『スプリントでは余裕で後続を確認 ©Tim D.Waele』
昨日のラリー・ウォーバス(アクアブルースポーツ)の勝利を目の当たりにした多くの選手達が、二匹目のドジョウを狙って積極的に逃げを試みたこのステージ、あまりにも収拾のつかないアタックの連続に逃げが決まったのはレースが70km程進んでからだった。しかしこの日はスプリンターチームが逃げ切りなど許さなかった。残り6kmで逃げを吸収すると一気にスプリントバトルへ向け展開していく。


『ゴールでフランダンス? ©Tim D.Waele』
この日積極的な動きを見せたのはクイックステップ・フロアーズ、すでにフィリップ・ジルベールでステージ勝利を挙げている余裕もあり、マッテオ・トレンティン(クイックステップ・フロアーズ)での勝負に持ち込みたい。それのトレック・セガフレドが加わり主導権を握る中、ボーラ・ハンスグロエとサガンはおとなしくそれを見守っていた。

そして突入したスプリント、残り400mでニキアス・アルント(チームサンウェブ)が動いたのをサガンは見逃さなかった。サガンは一気に加速しアルントを捉えると、アルントをリードアウトにするかのようにさらに加速、圧勝でステージを制した。

ミカエル・アルバジーニ(オリカ・スコット)がステージ2位、チームの献身的なアシスト実らずトレンティンは3位に終わった。


『サガンのフラワートス ©Tim D.Waele』
ツール・ド・スイス第5ステージ
1位 ピーター・サガン(ボーラ・ハンスグロエ)   5h15’50”
2位 ミカエル・アルバジーニ(オリカ・スコット)
3位 マッテオ・トレンティン(クイックステップ・フロアーズ)
4位 パトリック・べヴィン(キャノンデール・ドラパック)
5位 ニコロ・ボニファッツィオ(バーレーン・メリダ)

ツール・ド・スイス総合順位
1位 ダミアーノ・カルーソ(BMC)   17h24’24”
2位 スティーブン・クライズワイク(ロットNLジャンボ)   +16”
3位 ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(AG2R)   +25”
4位 サイモン・スピラック(カチューシャ・アルペシン)
5位 マルク・ソレル(モビスター)   +32”

第6ステージは総合優勝を目指すバトル、ダミアーノ・カルーソ(BMC)にとってはここをいかに乗り切るかという第一関門となったこのステージ、ステージを制したのは小柄なイタリアン、ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(AG2R)だった。今年のジロ・デ・イタリアでも総合6位に入った男が、2012年のジロ以来となる大きな勝利を手にした。そしてこれで同タイムながらもこのステージでの順位差で総合リーダージャージをカルーソから奪い取った。


『積極性がこの日の勝敗を分けた ©Tim D.Waele』

『34歳のベテランが味のある走り ©Tim D.Waele』
この日も激しく逃げを目指すバトルが勃発する中、10人の逃げが決まが、この日は逃げの日ではなかった。総合系選手たちはこの大会の主導権を握るベく激しいバトルを繰り広げる。攻撃は最大の防御とばかりに激しいつぶしあいが始まる。多くの選手に逆転の可能性があり、総合上位のチャンスを伺う選手たちが交互に攻撃を仕掛け、カルーソはその対応に追われる。

加速化したバトルはカルーソ、マルク・ソレル(モビスター)、スティーブン・クライズワイク(ロットNLジャンボ)、ポッツォヴィーヴォら一握りの選手に絞られる。そんな中でポッツォヴィーヴォが一発で集団から飛び出していく。カルーソら総合系の選手たちはそれを追走しなければならなのだが、誰が脚を使うかでお見合いとなってしまう。これがポッツォヴィーヴォにステージ優勝のチャンスと逆転のチャンスを与える結果となってしまった。


『雨のストレートを最後まで全力で駆け抜けた ©Tim D.Waele』
ルイ・コスタ(UAEチームエミレーツ)、ヨン・イザギーレ(バーレーン・メリダ)が追走するもマテアス・フランク(AG2R)きっちりアンカーとして二人をマーク、ポッツォヴィーヴォの勝利に貢献した。

総合上位勢はこれからもさらに遅れてのゴール、同タイム扱いながらステージ優勝を上げたポッツォヴィーヴォがボーナスタイムも獲得し、そのまま総合リーダーに躍り出る形となった。


『小柄なポッツォヴィーヴォが総合リーダーに ©Tim D.Waele』
ツール・ド・スイス第6ステージ
1位 ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(AG2R)   4h38’49”
2位 ルイ・コスタ(UAEチームエミレーツ)   04”
3位 ヨン・イザギーレ(バーレーン・メリダ)
4位 マテアス・フランク(AG2R)
5位 サイモン・スピラック(カチューシャ・アルペシン)   +12”

ツール・ド・スイス総合順位
1位 ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(AG2R)   22h03’28”
2位 ダミアーノ・カルーソ(BMC)
3位 スティーブン・クライズワイク(ロットNLジャンボ)   +13”
4位 サイモン・スピラック(カチューシャ・アルペシン)   +22”
5位 マテアス・フランク(AG2R)   +23”

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. コラム:シマノという巨人、ツールで機材バトルで圧勝、ツール全ステージDi2が勝利で見えてきたライバルコンポーネントメーカーとの力の差、スラムは北米と女子プロレースを中心に転換 2. シマノがロードレースでのディスクブレーキ普及への足固めか、RCSとニュートラルサポート契約で懸念払拭を狙う 3. バレットから冬の定番パッカブルの新デザインが登場、普段使いからサイクリング、ゴルフ等様々なシーンを選ばず使える万能ウェアで冬の寒さの中でも楽しもう! 4. アルベルト・コンタドール:王者であり続けたロードレース界のアイコン、パンターニに憧れた少年がパンターニ超えを目指し駆け抜けた現役生活 5. コラム:アジアバイクショーから思うこと、日本と同じ道を途中まで辿ってきた中国が向かう独自の歩み、OEM卒業ではなく続けながらの歩みを選択の理由とは 6. コンタドールがコンチネンタルチームを始動!バッソとともにトレック・セガフレドの育成チームとなるポーラーテック・コメタが動き出す! 7. ブラックフライデーセールがさらに加速!海外通販の激安月間、CRCの第2週のセール品をチェック!来シーズンへ向けて買い揃えるなら今がチャンス 8. フルームを倒すための包囲網作戦?モビスターが来年のツール・ド・フランスではトリプルエースという対フルーム対策の可能性、フルームという時代の絶対王者の存在 9. 東京五輪の自転車ロードレースのコース案が判明、調布スタートから、富士山麓、山中湖、そして富士スピードウェイでゴールの270km!女子はその一部を利用した140kmに 10. ブラックフライデーセールが始まる!海外通販の激安月間開幕!CRCの第一週のセール品をチェック!来シーズンへ向けて買い揃えるなら今がチャンス

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013