新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

揺らぐチームスカイ、”もう一人のエース”ゲラント・トーマスが移籍を示唆、問われているのはスキャンダル続きのチームスカイの倫理観 ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第5ステージ:オマーンでアスタナ躍動!アオガーベではクウィアトコウスキーが逆転で、デル・ソルがウェレンスが踏ん張り総合優勝 ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第4ステージ:クラシックライダーのウェレンスがステージ優勝と総合リーダーに、グローネウェーゲンもステージ勝利 フロントシングルで挑むアクアブルースポーツ、平坦から山岳まで早くも結果を出す!多段化へ一石を投じることになるか?ギア比の効率を考えれば11速でも戦えることを実証 コラム:果たしてハイエンドコンポーネントはレースで絶対なのか?プロレース現場とアマチュアの違い ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第3ステージ:デル・ソルではモドロが正真正銘の勝利、アルガーベでトーマスはTTで圧倒的存在感 ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第2ステージ:ハースがオマーンでステージ優勝!チームスカイはアルガーベとデル・ソルでステージ勝利と総合首位 クラシック前のステージレースが続々と開幕!ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第1ステージ:やらかした!モドロが早すぎるガッツポーズで勝利逃す
2017/6/10 21:12

クリテリウム・ド・ドーフィネ第6ステージ

クリテリウム・ド・ドーフィネ第6ステージ:総合リーダーの座をポートが奪い取る!それに反応できたグランツール系はアルーとフルームのみ、コンタドールとバルベルデはタイムロス


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
グランツール総合型の動きが慌ただしくなってきた。山岳バトルがいよいよ勃発し、そうそうたるメンバーがバトルを繰り広げたことで、トーマス・デ・ヘント(ロット・ソウダル)の淡い期待は木っ端微塵に砕かれてしまった。そんなステージでは3人のグランツール総合系が最後の山岳からの下りで合流、先行していたファビオ・アルー(アスタナ)はチームメイトのヤコブ・フグルサング(アスタナ)も合流し、数的優位に立ったが、ステージを制したのはアシストのフグルサング、クリス・フルーム(チームスカイ)とリッチー・ポート(BMC)を抑えての勝利だった。総合ではそのポートがマイヨ・ジョーヌを獲得しリーダーとなった。


『アルーが積極性を見せ復活をアピール ©Tim D.Waele』
この日最後の山岳は超級山岳、まず仕掛けたのはアレハンドロ・バルベルデ(モビスター)だった。しかしこの動きが不発に終わると、次に動いたのはアルー、これが決定的な動きとなる。春先の怪我でジロをスキップしたアルーは順調な仕上がりを見せていることを見せた。そして超級山岳からの下りではフルームとポートが合流、さらにアルーの最強アシスト、フグルサングも加わり4人体制となる。この下りでの最高速度は90km超え、やはり昨今の高速化したレースでは下りの技術も大きく選曲を左右する。


『渾身のスプリントバトル ©Tim D.Waele』

『スプリントで決まった ©Tim D.Waele』
一旦はフルームが飛び出すが、結局残り3名は難なくそれを捉え、そしてそのまま迎えたゴール勝負、スプリント勝負でフルームはポートマークを徹底したことで、フグルサングにマークの目が行き届かなかった。アルーではなくフグルサングが素晴らしいスプリントを披露、お互いを膜していたフルームとポートはその間隙を縫われる形でステージ勝利をフグルサングに奪われる形となった。


『フグルサングがワールドツアー初勝利 ©Tim D.Waele』
「今年はチームが多くの不運に見舞われたよね。でもようやくチームがチームとして機能し始めたよ。ちょうどツール・ド・フランスに合わせるように調子が上がってきたのはラッキーだね。ツールで総合優勝を争うだろう2人に対して、あるーと僕の2枚が絡めたのは大きいね。それに僕自身初めてのワールドツアー勝利、これも嬉しいね。」以外なことにフグルサングにとってはこれがワールドツアー初勝利となった。


『ポートは総合リーダーの座を奪取 ©Tim D.Waele』
勝利こそ逃したがステージ2位に入ったポートはこれで総合リーダージャージを奪取、フルームやライバル達にアドバンテージを持ってさらなる山岳バトルに挑むこととなった。

「今日の勝因は落ち着いて勝負できたことだね。しかし今日の下りはクレイジーだったね。とりあえず今僕は絶好調だという実感があるよ。後2日、この2日がきついんだよね。僕はチームメイトとともに頑張るよ。」ポートは笑顔で語った。


『フルームも順調に見える ©Tim D.Waele』
バルベルデのみならず、引退を撤回して移籍してまでツール・ド・フランスを狙っているアルベルト・コンタドール(トレック・セガフレド)、そしてロメイン・バルデ(AG2R)は皆タイムロス、残り2日に逆転を賭けるには積極的に仕掛けるしかなくなった。

クリテリウム・ド・ドーフィネ第6ステージ
1位 ヤコブ・フグルサング(アスタナ)   3h41’48”
2位 リッチー・ポート(BMC)
3位 クリス・フルーム(チームスカイ)
4位 ファビオ・アルー(アスタナ)
5位 アレハンドロ・バルベルデ(モビスター)   +50”
6位 ダニエル・マーティン(クイックステップ・フロアーズ)
7位 ロメイン・バルデ(AG2R)
8位 オリビエ・ナエセン(AG2R)   +1’06”
9位 アルベルト・コンタドール(トレック・セガフレド)
10位 エマニュエル・ブッフマン(ボーラ・ハンスグロエ)   +1’14”

クリテリウム・ド・ドーフィネ総合順位
1位 リッチー・ポート(BMC)   20h52’34”
2位 クリス・フルーム(チームスカイ)   +39”
3位 ヤコブ・フグルサング(アスタナ)   +1’15”
4位 アレハンドロ・バルベルデ(モビスター)   +1’20”
5位 ファビオ・アルー(アスタナ)   +1’24”
6位 アルベルト・コンタドール(トレック・セガフレド)   +1’47”
7位 ダニエル・マーティン(クイックステップ・フロアーズ)   +2’14”
8位 エマニュエル・ブッフマン(ボーラ・ハンスグロエ)   +2’30”
9位 ロメイン・バルデ(AG2R)   +2’49”   
10位 ラファエル・ヴァルス(ロット・ソウダル)   +3’16”

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. 揺らぐチームスカイ、”もう一人のエース”ゲラント・トーマスが移籍を示唆、問われているのはスキャンダル続きのチームスカイの倫理観 2. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第5ステージ:オマーンでアスタナ躍動!アオガーベではクウィアトコウスキーが逆転で、デル・ソルがウェレンスが踏ん張り総合優勝 3. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第4ステージ:クラシックライダーのウェレンスがステージ優勝と総合リーダーに、グローネウェーゲンもステージ勝利 4. フロントシングルで挑むアクアブルースポーツ、平坦から山岳まで早くも結果を出す!多段化へ一石を投じることになるか?ギア比の効率を考えれば11速でも戦えることを実証 5. コラム:果たしてハイエンドコンポーネントはレースで絶対なのか?プロレース現場とアマチュアの違い 6. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第3ステージ:デル・ソルではモドロが正真正銘の勝利、アルガーベでトーマスはTTで圧倒的存在感 7. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第2ステージ:ハースがオマーンでステージ優勝!チームスカイはアルガーベとデル・ソルでステージ勝利と総合首位 8. クラシック前のステージレースが続々と開幕!ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第1ステージ:やらかした!モドロが早すぎるガッツポーズで勝利逃す 9. オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感! 10. アジア選手権:山本大喜がU-23 ロードで金メダル獲得、別府文之はエリートロードで銀メダル!男子ジュニアロードは日野泰静が金、女子ジュニアは岩元杏奈が銀!

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013