新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

揺らぐチームスカイ、”もう一人のエース”ゲラント・トーマスが移籍を示唆、問われているのはスキャンダル続きのチームスカイの倫理観 ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第5ステージ:オマーンでアスタナ躍動!アオガーベではクウィアトコウスキーが逆転で、デル・ソルがウェレンスが踏ん張り総合優勝 ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第4ステージ:クラシックライダーのウェレンスがステージ優勝と総合リーダーに、グローネウェーゲンもステージ勝利 フロントシングルで挑むアクアブルースポーツ、平坦から山岳まで早くも結果を出す!多段化へ一石を投じることになるか?ギア比の効率を考えれば11速でも戦えることを実証 コラム:果たしてハイエンドコンポーネントはレースで絶対なのか?プロレース現場とアマチュアの違い ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第3ステージ:デル・ソルではモドロが正真正銘の勝利、アルガーベでトーマスはTTで圧倒的存在感 ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第2ステージ:ハースがオマーンでステージ優勝!チームスカイはアルガーベとデル・ソルでステージ勝利と総合首位 クラシック前のステージレースが続々と開幕!ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第1ステージ:やらかした!モドロが早すぎるガッツポーズで勝利逃す
2017/6/8 17:30

クリテリウム・ド・ドーフィネ第4ステージ

クリテリウム・ド・ドーフィネ第4ステージ:個人TTでデ・ヘントが予想外の最高の走りで総合首位キープ!コンタドールとフルームは揃って伸びず、バルベルデ好調!ポートがステージ勝利


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
総合リーダージャージが与える恩恵は、とてつもなく大きいものだ。総合リーダージャージを身にまとったトーマス・デ・ヘント(ロット・ソウダル)、逃げるのは得意でも個人TTはまったく得意とは言えなかった。しかしこの第4ステージ、まったく誰も予想しなかった会心の走りを披露、なんとTTスペシャリスト、総合系を相手に総合リーダージャージを守リ抜いた。しかもステージ優勝で2位浮上のリッチー・ポート(BMC)とのタイム差はまだ27秒もあり、まだまだ快進撃は止まらない。


『TT強化が実を結んだか ©Tim D.Waele』
個人TTでは総合順位が大きくシャッフルされるのが常、そして総合系の選手にとってはこの個人TTの得意不得意が総合順位を大きく左右する分岐点でもある。そんなステージで輝きを放ったのがポートだった。BMCのエースとして2年目、まだ結果が残せていない男は素晴らしいTTでTTスペシャリストのトニー・マルティン(カチューシャ・アルペシン)を唯一上回りステージ優勝を果たした。またそれにより総合順位も一気に2位まで浮上させた。


『ポートがステージを制し総合2位に ©Tim D.Waele』
「正直ステージ優勝も、ここまでライバル相手に優位に立てるなんて予想もしなかったよ。でも今年はTTスキル向上をやってきた結果が出たんだと思うね。久しぶりのTT勝利だと思うよ。この結果は次につながっていくね。今年のツールでは僕が単独エース、結果を残したいね。」ポートは笑顔で語った。今シーズンツアー・ダウン・アンダーとツール・ド・ロマンディを制している男は絶好調だ。


『フルームは・・・精彩を欠いた ©Tim D.Waele』
今大会での総合優勝を考えれば、ここでの浮上が重要だったクリス・フルーム(チームスカイ)だが精彩を欠いた。中間計測でこそいいタイムだったがそこからポートラにタイムを失い、結局ステージ8位に終わった。またアルベルト・コンタドール(トレック・セガフレド)もステージ7位でフルームの一つ上の順位、ツール・ド・フランスで激突が予想されていた二人が揃って物足りない結果となっている。


『バルベルデは相変わらず好調をキープ ©Tim D.Waele』
それに対して今シーズンクラシックレースとステージレースで勝利を荒稼ぎしている男がここでも絶好調だ。37歳のアレハンドロ・バルベルデ(モビスター)がこの日のTTでもステージ3位、総合3位までジャンプアップを果たしている。

同じくツール・ド・フランスで激突するであろう他の総合勢は軒並みこのTTで苦戦、ファビオ・アルー(アスタナ)、アンドリュー・タランスキー(キャノンデール・ドラパック)、ロメイン・バルデ(AG2R)らは大きくタイムを失う結果となった。


『予想を上回る走りを披露した ©Tim D.Waele』

『マイヨ・ジョーヌをキープ! ©Tim D.Waele』
このステージ一番の驚きは総合リーダーのデ・ヘントの快走だった。間違いなくタイムを失うと思われたが、それを最小限にとどめただけでなくステージ9位、総合リーダージャージをきっちりと守り抜いた。「脚がよく回っていたんだよ。最初の中間計測で前にスタートしたアクセル・ドモン(AG2R)を捉えた時点で”走れている”って確信できたしね。ポートにまだ30秒弱も残せたのは大きいね。今日の結果には大大満足だよ!」デ・ヘントの目には自信が感じられた。

クリテリウム・ド・ドーフィネ第4ステージ
1位 リッチー・ポート(BMC)   28’07”
2位 トニー・マルティン(カチューシャ・アルペシン)   +12”
3位 アレハンドロ・バルベルデ(モビスター)   +24”
4位 ステフ・クレメント(ロットNLジャンボ)   +28”
5位 チャド・ハガ(チームサンウェブ)   +32”
6位 ジャシュア・スターリン(モビスター)
7位 アルベルト・コンタドール(トレック・セガフレド)   +35”
8位 クリス・フルーム(チームスカイ)   +37”
9位 トーマス・デ・ヘント(ロット・ソウダル)   +42”   
10位 ブレント・ブックウォルター(BMC)   +45”

クリテリウム・ド・ドーフィネ総合順位
1位 トーマス・デ・ヘント(ロット・ソウダル)   13h05’53”
2位 リッチー・ポート(BMC)   +27”
3位 アレハンドロ・バルベルデ(モビスター)   +51”
4位 ステフ・クレメント(ロットNLジャンボ)   +55”
5位 アルベルト・コンタドール(トレック・セガフレド)   +1’02”
6位 クリス・フルーム(チームスカイ)   +1’04”
7位 ブレント・ブックウォルター(BMC)   +1’12”
8位 ヘスス・エラダ(モビスター)   +1’15”
9位 サム・オーメン(チームサンウェブ)   +1’17”   
10位 ディエゴ・ウリッシ(UAEチームエミレーツ)   +1’22”

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. 揺らぐチームスカイ、”もう一人のエース”ゲラント・トーマスが移籍を示唆、問われているのはスキャンダル続きのチームスカイの倫理観 2. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第5ステージ:オマーンでアスタナ躍動!アオガーベではクウィアトコウスキーが逆転で、デル・ソルがウェレンスが踏ん張り総合優勝 3. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第4ステージ:クラシックライダーのウェレンスがステージ優勝と総合リーダーに、グローネウェーゲンもステージ勝利 4. フロントシングルで挑むアクアブルースポーツ、平坦から山岳まで早くも結果を出す!多段化へ一石を投じることになるか?ギア比の効率を考えれば11速でも戦えることを実証 5. コラム:果たしてハイエンドコンポーネントはレースで絶対なのか?プロレース現場とアマチュアの違い 6. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第3ステージ:デル・ソルではモドロが正真正銘の勝利、アルガーベでトーマスはTTで圧倒的存在感 7. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第2ステージ:ハースがオマーンでステージ優勝!チームスカイはアルガーベとデル・ソルでステージ勝利と総合首位 8. クラシック前のステージレースが続々と開幕!ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第1ステージ:やらかした!モドロが早すぎるガッツポーズで勝利逃す 9. オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感! 10. アジア選手権:山本大喜がU-23 ロードで金メダル獲得、別府文之はエリートロードで銀メダル!男子ジュニアロードは日野泰静が金、女子ジュニアは岩元杏奈が銀!

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013