新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

揺らぐチームスカイ、”もう一人のエース”ゲラント・トーマスが移籍を示唆、問われているのはスキャンダル続きのチームスカイの倫理観 ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第5ステージ:オマーンでアスタナ躍動!アオガーベではクウィアトコウスキーが逆転で、デル・ソルがウェレンスが踏ん張り総合優勝 ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第4ステージ:クラシックライダーのウェレンスがステージ優勝と総合リーダーに、グローネウェーゲンもステージ勝利 フロントシングルで挑むアクアブルースポーツ、平坦から山岳まで早くも結果を出す!多段化へ一石を投じることになるか?ギア比の効率を考えれば11速でも戦えることを実証 コラム:果たしてハイエンドコンポーネントはレースで絶対なのか?プロレース現場とアマチュアの違い ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第3ステージ:デル・ソルではモドロが正真正銘の勝利、アルガーベでトーマスはTTで圧倒的存在感 ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第2ステージ:ハースがオマーンでステージ優勝!チームスカイはアルガーベとデル・ソルでステージ勝利と総合首位 クラシック前のステージレースが続々と開幕!ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第1ステージ:やらかした!モドロが早すぎるガッツポーズで勝利逃す
2017/6/7 18:27

クリテリウム・ド・ドーフィネ第3ステージ

クリテリウム・ド・ドーフィネ第3ステージ:これぞ逃げ切り!6人の逃げがそのままゴールスプリント、制したのは繰り下げで山岳賞ジャージを着るボウマン!


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
繰り下げではなくきっちりと山岳ジャージを奪い取る為にポイントを稼ぐ、それがコーエン・ボウマン(ロットNLジャンボ)の目的だった。総合リーダーのトーマス・デ・ヘント(ロット・ソウダル)が総合リーダージャージを守ることを優先しているため、山岳賞争いで2位につけるボウマンにとっては逆転へのチャンスを狙ってのアタックだった。そしてポイントを稼ぐだけでなく、逃げ切りが確定した6名によるスプリントでは誰も予想すらしなかった素晴らしい加速を披露、見事ステージ優勝を勝ち取ってみせた。


『会心の笑み ©Tim D.Waele』
「まさか勝てるとは思わなかったよ!彼女や友人、加速みんながテレビで見てくれているんだ、その前でプロ初勝利を飾れたなんて!しかもそれがドーフィネだよ!まだ信じられないよ!この大会での目標は、逃げに乗ることだったんだよ。正直山岳賞やスプリント賞を狙うと公言できるようなスペシャリストではないからね。でも今日の逃げのメンツは皆すごかった!逃げ切る気満々だったからね。」ボウマンは冗舌に語った。


『2チームが2人送り込んだのが大きかった。 ©Tim D.Waele』
この日はスタートから僅か2kmで逃げが発生、ボウマンを含む6名の逃げが決まる。ボウマン含むロットNLジャンボが2名、そしてデルコ・マルセイユプロヴィンスKTMが2名という構成となり、協調性はすんなりと得られる形となった。それにより一気に後続との間にタイム差を稼ぐことに成功、スタートから50km弱で7分近いアドバンテージを得る。


『逃げが協調し続けた ©Tim D.Waele』
しかし後続は順調にそこからその差をつめていく。残り50kmで3分、そして残り30kmで2分様で縮まっていくその差、しかしここでスプリンタチームを中心とした集団は追走の手を緩めてしまう。そしてそれが6人の逃げ切りのチャンスを感じさせる結果となってしまう。

この後続のスローダウンを知った6人はここで改めてスイッチが入る。ここで再びペースを上げたことで集団は6人の逃げを捉える機会を失ってしまった。残り15kmでもまだ2分弱、そして10kmでも1分、10km1分の追走と理屈では捉えられるのではと思われたが、6人の協調性の前にその差はあまりにも大きすぎた。


『ボウマン驚きのスプリント勝利 ©Tim D.Waele』

『デマールらは順位争いに終わる ©Tim D.Waele』
真っ向勝負の6人スプリント、ボウマンが誰も予想しなかった素晴らしい走りを見せれば、エヴァルダス・シスケヴィシウス(デルコ・マルセイユプロヴィンスKTM)が2位、,3位にはフレッドリック・バッカート(ワンティ・グループゴベール)とプロコンチネンタル勢が強さを見せた。

クリテリウム・ド・ドーフィネ第3ステージ
1位 コーエン・ボウマン(ロットNLジャンボ)   4h06’06”
2位 エヴァルダス・シスケヴィシウス(デルコ・マルセイユプロヴィンスKTM)
3位 フレッドリック・バッカート(ワンティ・グループゴベール)
4位 ブライアン・ナウルー(ダイレクトエナジー)
5位 アレクセイ・フェルミューレン(ロットNLジャンボ)
6位 クエンティン・パシャール(デルコ・マルセイユプロヴィンスKTM)
7位 アルノー・デマール(FDJ)   +11”
8位 ブライアン・コカード(ダイレクトエナジー)
9位 パスカル・アッカーマン(ボーラ・ハンスグロエ)
10位 フィル・バウハウス(チームサンウェブ)

クリテリウム・ド・ドーフィネ総合順位
1位 トーマス・デ・ヘント(ロット・ソウダル)   12h37’04”
2位 アクセル・ドモン(AG2R)   +48”
3位 ディエゴ・ウリッシ(UAEチームエミレーツ)   +1’03””
4位 ピエール・ロジャー・ラトゥール(AG2R)   +1’07”
5位 エマニュエル・ブッフマン(ボーラ・ハンスグロエ)
6位 ソニー・コルブレッリ(バーレーン・メリダ)   +1’09”
7位 ベン・スイフト(UAEチームエミレーツ)
8位 アレハンドロ・バルベルデ(モビスター)
9位 トニー・ギャロパン(トレック・セガフレド)
10位 ギヨーム・マルティン(ワンティ・グループ・ゴベール)

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:SIXTH_310x174_20150826(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. 揺らぐチームスカイ、”もう一人のエース”ゲラント・トーマスが移籍を示唆、問われているのはスキャンダル続きのチームスカイの倫理観 2. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第5ステージ:オマーンでアスタナ躍動!アオガーベではクウィアトコウスキーが逆転で、デル・ソルがウェレンスが踏ん張り総合優勝 3. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第4ステージ:クラシックライダーのウェレンスがステージ優勝と総合リーダーに、グローネウェーゲンもステージ勝利 4. フロントシングルで挑むアクアブルースポーツ、平坦から山岳まで早くも結果を出す!多段化へ一石を投じることになるか?ギア比の効率を考えれば11速でも戦えることを実証 5. コラム:果たしてハイエンドコンポーネントはレースで絶対なのか?プロレース現場とアマチュアの違い 6. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第3ステージ:デル・ソルではモドロが正真正銘の勝利、アルガーベでトーマスはTTで圧倒的存在感 7. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第2ステージ:ハースがオマーンでステージ優勝!チームスカイはアルガーベとデル・ソルでステージ勝利と総合首位 8. クラシック前のステージレースが続々と開幕!ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第1ステージ:やらかした!モドロが早すぎるガッツポーズで勝利逃す 9. オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感! 10. アジア選手権:山本大喜がU-23 ロードで金メダル獲得、別府文之はエリートロードで銀メダル!男子ジュニアロードは日野泰静が金、女子ジュニアは岩元杏奈が銀!

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013