新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう
2017/5/31 13:47

マッテオ・トレンティンがトレーニング中にクマと衝突!

マッテオ・トレンティンがトレーニング中にクマと衝突!双方に怪我なしで事なきを得る、「大自然は自転車のことをそこまで気遣ってくれなかった」


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
あまりにも珍しい”珍事”といえるだろう。アメリカでトレーニング中のマッテオ・トレンティン(クイックステップ・フロアーズ)は、サイクリストの速度を認識してくれないクマに遭遇、道路をゆうゆうと横断中のクマに思いっきり突っ込んでしまい中を舞う羽目となった。


『カリフォルニアでトレンティンが・・・ ©Tim D.Waele』
クマ、トレンティンの双方に怪我はなく、幸いにも突っ込まれたクマも”逆ギレ”することなく退散してくれたおかげで、被害は粉々になったトレンティンのヘルメットだけで済んだ。ダウンヒルでそこそこのスピードが出ていたためにブレーキをする暇さえなかったとトレンティンは状況を説明している。

「ふわふわした毛のテディーベアーではなかった。」とはトレンティン、散歩中のクマとまさかの事故、ヘルメットの重要性とともに、野生動物は自転車の速度を認識しない、ということを学んだと語っている。

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:SIXTH_310x174_20150826(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. コラム:紳士協定はもう存在しないのか?変わりゆくレースシーン、よりシビアに勝負に徹する展開が増えることに自転車OBたちは懸念、現役は「真剣勝負の場に情けが必要なのか?」の声も 2. 来シーズンからワールドツアーレースでの選手数削減へ、グランツールでは1チーム9人から8人、クラシックでは8人から7人へそれぞれ1人減の削減案が承認へ 3. 全日本選手権:個人TTは西薗良太が連覇!、ロードは畑中勇介が制す!女子は世界で走る與那嶺恵理が個人TTとロードで1人別次元の走り 4. カラーコーディネートという遊びができるハンドルバーがシックススコンポーネントから登場!国内外のプロレースでも使用される最強ハンドルバーが9色展開に 5. ツール・ド・スイス第9ステージ:最終ステージのTTもデニスが勝利、総合優勝はスピラックが2度目の栄冠!グランツールには自分の意志で出場してこなかったと告白 6. サイクリングウェア ブランドナビ 7. 人が自転車で上れる限界の勾配とは?人は一体どこまで己の力のみで坂を登っていけるのだろう 8. J-Builders 日本が誇る職人達 : CYCLINGTIME.com 9. ツール・ド・フランス2013 10. ツール・ド・スイス第7&8ステージ:第7ステージの頂上ゴールを独走で制したスピラックが一気に総合首位に!混沌とした第8ステージはサガンが見事今大会2勝目、またしても余裕の勝利

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013