新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

ジロ・デ・イタリア第14ステージ:デュムランが会心の一撃でライバルたちを粉砕!キンターナやニーバリもその餌食に!マイペースで粘った末に攻撃、これがデュムランスタイル ジロ・デ・イタリア第16ステージ選手コメント:「ライバルのアクシデントでタイムが稼げても嬉しくないよ」〜デュムラン、 「ただ今年のジロが極めてレベルが高いってことだよ」〜ニーバリ ジロ・デ・イタリア第15ステージ:クラッシックレースさながらのステージは総合勢による少数スプリントに!制したのはユンゲルス!クイックステップはチーム5勝目!キンターナ2位、ピノー3位 ジロ・デ・イタリア第13ステージ選手コメント:「 ガヴィリアが頭の回転が速いからなんだよ。だからあんなややこしい中でもきっちりとゴールまでの進路を思い描けるんだよ」〜リケーゼ ツアー・オブ・カリフォルニア第6ステージ:TTで総合勢シャッフル!ベネットが総合リーダーに!ステージ優勝はジョナサン・ディベンが想定外の勝利! ジロ・デ・イタリア第13ステージ:スプリントステージを制したのはまたしてもがヴィリア!ステージ連勝で今大会早くも4勝目!冴えるリケーゼのアシストワーク!ベネットまた勝てず ジロ・デ・イタリア第12ステージコメント:「誰かステージスタートの会場まで乗せてくれない?チームバスは僕を置いていくことを決めて行ってしまったよ(笑)。」〜ゲシュケ ツアー・オブ・カリフォルニア第5ステージ:勝利がなかったキャノンデール・ドラパックにようやく美酒の味、タランスキーが山岳ステージ勝利で総合でもジャンプアップ!
2017/5/17 16:35

ジロ・デ・イタリア第10ステージ選手コメント

ジロ・デ・イタリア第10ステージ選手コメント:「クライミングも段々と上達してきているんだよ」~デュムラン、「ただ戦い続けることしかできないんだ」〜Gトーマス、「デュムランはライバルになった」〜キンターナ


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

『狙っての勝利、デュムランのメンタルの強さ ©Tim D Waele 』
トム・デュムラン(チームサンウェブ) ステージ1位 総合1位
「結果見てどう思う?最高だろ。僕はライバル達とじゃなくて、自分自身と戦っていたよ。正直言って、速く走れているという実感がなかったんだ。前回TTを走ったときは、そのようなフィーリングがあって、当然負けたんだよ。だから今回は最後まで出来る限り踏み倒そうと思ったんだよ。」

「山岳ではあっという間に数分失うのは、ブエルタで経験済みだよ。ジロはまだまだこれからだよ。でもまあマリア・ローザを再び切れるというのは気持ちいいもんだね。前回と違うのは、今回は総合を狙っているということ。最後の最後まで戦い抜くよ。このタイム差がどこまでどのような価値を持つかをこれから味わうことになるだろうけど、少なくともマリア・ローザを着ていると言うのは最高の気分だね。」

「僕のTTはたしかに世界トップクラスだけど、僕のクライミングも段々と上達してきているんだよ。」

ゲラント・トーマス(チームスカイ) ステージ2位
「ただひたすら耐えしのぐ、それがTTだよね。それに痛みが脚にある方がまだマシで、腕に来たら最悪なんだよね(先日肩を脱臼しているため)。でもまあそれは感じられなかったし、この肩の状態でも残り8kmからはもがいたんだよ。でもそれはやるべきじゃなかったかも、違和感を感じたからね。明日以降に響かないといいな。でもまあこの結果は僕が好調であるということの証明になったんじゃないかな。まあこのまま怪我が回復して、ぜひともステージ勝利を狙いたいね。」

「総合上位勢にこれだけタイム差をつけられたということに関しては自信につながるよね。ただ先日のタイムロスが僕には大きなハンディキャップだよ。今でも精神的に立ち直れてはいないよ、だってもらい落車で総合表彰台のチャンスが大きく後退したんだからね。でもさ、そうはいってももう過ぎたことを言ってもしょうがないんだよ。ただ受け入れるしかないんだよ。ただ戦い続けることしかできないんだよ。」

ボブ・ユンゲルス(クイックステップ・フロアーズ) ステージ3位 総合6位
「結果には満足しているよ。TTで結果を残せたのは大きいね。でもデュムランは一人別次元だよ。でもこれでまだまだ昨年度の総合6位を上回れる可能性があるよね。」

ヴィンチェンツォ・ニーバリ(バーレーン・メリダ) ステージ6位 総合5位
「僕的には納得した走りだったよ。悪いタイムでもないと思う。ただ僕のサイコンがテレビのモトバイクの影響を受けてきちんと表示されなかったんだよ。だからケイデンスを100回転/分以下にならないようにだけ気をつけたんだよ。」

ナイロ・キンターナ(モビスター) 総合2位
「正直予想以上にタイムを失ったね。デュムランは速かったよ。かっ飛ばしていったね。これで彼も僕にとっては要注意のライバルになったよ。彼は山岳が登れないわけではないどころか、第9ステージではきっちりと”クライマー”だったし、それにまだもう一回TTがあるからね。自分的には今日はいい走りができたとは思うし、あれが僕のTTの限界だよ。」

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:SIXTH_310x174_20150826(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. ジロ・デ・イタリア第14ステージ:デュムランが会心の一撃でライバルたちを粉砕!キンターナやニーバリもその餌食に!マイペースで粘った末に攻撃、これがデュムランスタイル 2. ジロ・デ・イタリア第16ステージ選手コメント:「ライバルのアクシデントでタイムが稼げても嬉しくないよ」〜デュムラン、 「ただ今年のジロが極めてレベルが高いってことだよ」〜ニーバリ 3. ジロ・デ・イタリア第15ステージ:クラッシックレースさながらのステージは総合勢による少数スプリントに!制したのはユンゲルス!クイックステップはチーム5勝目!キンターナ2位、ピノー3位 4. ジロ・デ・イタリア第13ステージ選手コメント:「 ガヴィリアが頭の回転が速いからなんだよ。だからあんなややこしい中でもきっちりとゴールまでの進路を思い描けるんだよ」〜リケーゼ 5. ツアー・オブ・カリフォルニア第6ステージ:TTで総合勢シャッフル!ベネットが総合リーダーに!ステージ優勝はジョナサン・ディベンが想定外の勝利! 6. ジロ・デ・イタリア第13ステージ:スプリントステージを制したのはまたしてもがヴィリア!ステージ連勝で今大会早くも4勝目!冴えるリケーゼのアシストワーク!ベネットまた勝てず 7. ジロ・デ・イタリア第12ステージコメント:「誰かステージスタートの会場まで乗せてくれない?チームバスは僕を置いていくことを決めて行ってしまったよ(笑)。」〜ゲシュケ 8. ツアー・オブ・カリフォルニア第5ステージ:勝利がなかったキャノンデール・ドラパックにようやく美酒の味、タランスキーが山岳ステージ勝利で総合でもジャンプアップ! 9. SCIENCE:DHではどの姿勢が一番速いのか、フルーム、サガン、ニーバリ、パンターニらの特徴的なDHフォームを科学的に検証 10. ジロ・デ・イタリア第14ステージ選手コメント:「今日はデュムランのクライマーとしての資質を感じたよ。今日のところは僕の完敗だったよ。」〜キンターナ

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013