新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

いよいよROTORの油圧コンポUNOが2018年度はレースシーン挑戦へ!油圧軽量コンポに未来はあるのか? コラム:人はなぜ軽量化に魅せられるのか、0.1gを削ることに命をかけるという自転車の楽しみ方、乗るだけではない、ある一つの自転車の楽しみ方の形 鉄人46歳レベッリンがコンチネンタルチームで現役続行!ベルギーの新チームに加入で来シーズンも暴れまくり! 2年連続のダブルを狙う男、1年間(365日)以内に3大グランツールを狙う男、絶対王者フルームの光!それを阻止すべくジロで立ちはだかるのは昨年度王者デュムラン、ニーバリとアルーか? ロードのタイヤが太くなっていくことの意味はあるのか?現代に与えられた乗り方に合わせた多様性、あなたはどちらを選ぶ?自分自身とバイクを考えて適切なタイヤ幅選択を ジロ・デ・イタリア2018プレゼンテーション、混沌の地イスラエルスタート、「スポーツに国境はない」 はずが論議を呼び正式資料が2転3転、そしてついにフルームがジロ制覇へ向け参戦決定 ショップで買うべき?海外通販で買うべき?それぞれのメリット・デメリットとは?メーカーやショップの対応は?自分に適したスタイルでショッピングを楽しむ極意 ブラックフライデー最終週!海外の大セール期間で来年度用の機材をそろえろ!自分へのご褒美に、相方へのプレゼントに、今ならほしかった商品が安く買える大チャンス!
2017/5/17 16:35

ジロ・デ・イタリア第10ステージ選手コメント

ジロ・デ・イタリア第10ステージ選手コメント:「クライミングも段々と上達してきているんだよ」~デュムラン、「ただ戦い続けることしかできないんだ」〜Gトーマス、「デュムランはライバルになった」〜キンターナ


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

『狙っての勝利、デュムランのメンタルの強さ ©Tim D Waele 』
トム・デュムラン(チームサンウェブ) ステージ1位 総合1位
「結果見てどう思う?最高だろ。僕はライバル達とじゃなくて、自分自身と戦っていたよ。正直言って、速く走れているという実感がなかったんだ。前回TTを走ったときは、そのようなフィーリングがあって、当然負けたんだよ。だから今回は最後まで出来る限り踏み倒そうと思ったんだよ。」

「山岳ではあっという間に数分失うのは、ブエルタで経験済みだよ。ジロはまだまだこれからだよ。でもまあマリア・ローザを再び切れるというのは気持ちいいもんだね。前回と違うのは、今回は総合を狙っているということ。最後の最後まで戦い抜くよ。このタイム差がどこまでどのような価値を持つかをこれから味わうことになるだろうけど、少なくともマリア・ローザを着ていると言うのは最高の気分だね。」

「僕のTTはたしかに世界トップクラスだけど、僕のクライミングも段々と上達してきているんだよ。」

ゲラント・トーマス(チームスカイ) ステージ2位
「ただひたすら耐えしのぐ、それがTTだよね。それに痛みが脚にある方がまだマシで、腕に来たら最悪なんだよね(先日肩を脱臼しているため)。でもまあそれは感じられなかったし、この肩の状態でも残り8kmからはもがいたんだよ。でもそれはやるべきじゃなかったかも、違和感を感じたからね。明日以降に響かないといいな。でもまあこの結果は僕が好調であるということの証明になったんじゃないかな。まあこのまま怪我が回復して、ぜひともステージ勝利を狙いたいね。」

「総合上位勢にこれだけタイム差をつけられたということに関しては自信につながるよね。ただ先日のタイムロスが僕には大きなハンディキャップだよ。今でも精神的に立ち直れてはいないよ、だってもらい落車で総合表彰台のチャンスが大きく後退したんだからね。でもさ、そうはいってももう過ぎたことを言ってもしょうがないんだよ。ただ受け入れるしかないんだよ。ただ戦い続けることしかできないんだよ。」

ボブ・ユンゲルス(クイックステップ・フロアーズ) ステージ3位 総合6位
「結果には満足しているよ。TTで結果を残せたのは大きいね。でもデュムランは一人別次元だよ。でもこれでまだまだ昨年度の総合6位を上回れる可能性があるよね。」

ヴィンチェンツォ・ニーバリ(バーレーン・メリダ) ステージ6位 総合5位
「僕的には納得した走りだったよ。悪いタイムでもないと思う。ただ僕のサイコンがテレビのモトバイクの影響を受けてきちんと表示されなかったんだよ。だからケイデンスを100回転/分以下にならないようにだけ気をつけたんだよ。」

ナイロ・キンターナ(モビスター) 総合2位
「正直予想以上にタイムを失ったね。デュムランは速かったよ。かっ飛ばしていったね。これで彼も僕にとっては要注意のライバルになったよ。彼は山岳が登れないわけではないどころか、第9ステージではきっちりと”クライマー”だったし、それにまだもう一回TTがあるからね。自分的には今日はいい走りができたとは思うし、あれが僕のTTの限界だよ。」

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. いよいよROTORの油圧コンポUNOが2018年度はレースシーン挑戦へ!油圧軽量コンポに未来はあるのか? 2. コラム:人はなぜ軽量化に魅せられるのか、0.1gを削ることに命をかけるという自転車の楽しみ方、乗るだけではない、ある一つの自転車の楽しみ方の形 3. 鉄人46歳レベッリンがコンチネンタルチームで現役続行!ベルギーの新チームに加入で来シーズンも暴れまくり! 4. 2年連続のダブルを狙う男、1年間(365日)以内に3大グランツールを狙う男、絶対王者フルームの光!それを阻止すべくジロで立ちはだかるのは昨年度王者デュムラン、ニーバリとアルーか? 5. ロードのタイヤが太くなっていくことの意味はあるのか?現代に与えられた乗り方に合わせた多様性、あなたはどちらを選ぶ?自分自身とバイクを考えて適切なタイヤ幅選択を 6. ジロ・デ・イタリア2018プレゼンテーション、混沌の地イスラエルスタート、「スポーツに国境はない」 はずが論議を呼び正式資料が2転3転、そしてついにフルームがジロ制覇へ向け参戦決定 7. ショップで買うべき?海外通販で買うべき?それぞれのメリット・デメリットとは?メーカーやショップの対応は?自分に適したスタイルでショッピングを楽しむ極意 8. ブラックフライデー最終週!海外の大セール期間で来年度用の機材をそろえろ!自分へのご褒美に、相方へのプレゼントに、今ならほしかった商品が安く買える大チャンス! 9. 冬の必需品、バレットのパッカブルに新デザイン登場!肌寒い時にもう一枚、簡単に羽織れ小さく畳める便利なウィンドブレーカーの決定版! 10. コラム:シマノという巨人、ツールで機材バトルで圧勝、ツール全ステージDi2が勝利で見えてきたライバルコンポーネントメーカーとの力の差、スラムは北米と女子プロレースを中心に転換

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013