新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

いよいよROTORの油圧コンポUNOが2018年度はレースシーン挑戦へ!油圧軽量コンポに未来はあるのか? コラム:人はなぜ軽量化に魅せられるのか、0.1gを削ることに命をかけるという自転車の楽しみ方、乗るだけではない、ある一つの自転車の楽しみ方の形 鉄人46歳レベッリンがコンチネンタルチームで現役続行!ベルギーの新チームに加入で来シーズンも暴れまくり! 2年連続のダブルを狙う男、1年間(365日)以内に3大グランツールを狙う男、絶対王者フルームの光!それを阻止すべくジロで立ちはだかるのは昨年度王者デュムラン、ニーバリとアルーか? ロードのタイヤが太くなっていくことの意味はあるのか?現代に与えられた乗り方に合わせた多様性、あなたはどちらを選ぶ?自分自身とバイクを考えて適切なタイヤ幅選択を ジロ・デ・イタリア2018プレゼンテーション、混沌の地イスラエルスタート、「スポーツに国境はない」 はずが論議を呼び正式資料が2転3転、そしてついにフルームがジロ制覇へ向け参戦決定 ショップで買うべき?海外通販で買うべき?それぞれのメリット・デメリットとは?メーカーやショップの対応は?自分に適したスタイルでショッピングを楽しむ極意 ブラックフライデー最終週!海外の大セール期間で来年度用の機材をそろえろ!自分へのご褒美に、相方へのプレゼントに、今ならほしかった商品が安く買える大チャンス!
2017/4/25 23:17

AXMANに新モデル登場!ENDURO C1

台湾第3のブランドAXMANに新モデル登場!油圧ディスクとリムブレーキが選択できるENDURO C1が登場


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
台湾第3のブランドAXMAN(アックスマン)から新モデルが登場だ。ENDURO C1(エンデューロC1)は、その名の通りロングライドなどにうってつけの一台だ。また昨今気になっている人もいるだろう油圧式のディスクブレーキも選択肢として用意されている。従来通りのリムブレーキを選択するもよし、ディスクモデルを選択するもよし、用途と走り方に合わせて選択ができるのはありがたい。またもう一つこのブランドの特徴は、アジア人の体型に合わせたアジアンフィットジオメトリーを採用するなど、日本人にとっては乗りやすい一台となっている。


『リムブレーキモデルは2カラー ©AXMAN』
プレスリリースより
この度、AXMANに新モデル ENDURO C1を追加致しましたのでお知らせ致します。ENDURO C1はリムブレーキ仕様と油圧ディスク、二種類の仕様をご用意しております。特に長距離のサイクリングに適したフレーム設計が為され、駆動系にはSHIMANO 105を採用しております。クランクセットやキャリパーまでSHIMANO製を採用しておりますので、安心感を求められるユーザーに最高のパーツアッセンブルです。フレームサイズは4種類ご用意しており、リムブレーキ仕様は2色、ディスクブレーキ仕様は1色のご用意がございます。

フレームジオメトリーはアジアンフィットを採用しておりますので、これからロードバイクを始められるユーザーの方にも安心してご乗車頂ける設計です。

数々の有名ブランドのOEMを引き受けてきた工場が本気で製作したカーボンロードバイクを是非ご体感下さい。


『油圧ディスクモデルも魅力的 ©AXMAN』
製品情報
AXMAN ENDURO C1、ENDURO C1 DISC
価格:ENDURO C1:190,000円(税別)、ENDURO C1 DISC:230,000円(税別)
カラー:ENDURO C1:UD/BRILLIANT BLACK/SKY BLUE、UD/LILAC GRAY/NEON YELLOW
ENDURO C1 DISC: UD/LILAC GRAY/NEON YELLOW
サイズ:45cm、48cm、51cm、54cm
5月1日発売

[お問い合わせ先]
合同会社NYC 担当 吉江
TEL:072-289-9886
Email:yoshie@rockbikes.jp
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:SIXTH_310x174_20150826(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. いよいよROTORの油圧コンポUNOが2018年度はレースシーン挑戦へ!油圧軽量コンポに未来はあるのか? 2. コラム:人はなぜ軽量化に魅せられるのか、0.1gを削ることに命をかけるという自転車の楽しみ方、乗るだけではない、ある一つの自転車の楽しみ方の形 3. 鉄人46歳レベッリンがコンチネンタルチームで現役続行!ベルギーの新チームに加入で来シーズンも暴れまくり! 4. 2年連続のダブルを狙う男、1年間(365日)以内に3大グランツールを狙う男、絶対王者フルームの光!それを阻止すべくジロで立ちはだかるのは昨年度王者デュムラン、ニーバリとアルーか? 5. ロードのタイヤが太くなっていくことの意味はあるのか?現代に与えられた乗り方に合わせた多様性、あなたはどちらを選ぶ?自分自身とバイクを考えて適切なタイヤ幅選択を 6. ジロ・デ・イタリア2018プレゼンテーション、混沌の地イスラエルスタート、「スポーツに国境はない」 はずが論議を呼び正式資料が2転3転、そしてついにフルームがジロ制覇へ向け参戦決定 7. ショップで買うべき?海外通販で買うべき?それぞれのメリット・デメリットとは?メーカーやショップの対応は?自分に適したスタイルでショッピングを楽しむ極意 8. ブラックフライデー最終週!海外の大セール期間で来年度用の機材をそろえろ!自分へのご褒美に、相方へのプレゼントに、今ならほしかった商品が安く買える大チャンス! 9. 冬の必需品、バレットのパッカブルに新デザイン登場!肌寒い時にもう一枚、簡単に羽織れ小さく畳める便利なウィンドブレーカーの決定版! 10. コラム:シマノという巨人、ツールで機材バトルで圧勝、ツール全ステージDi2が勝利で見えてきたライバルコンポーネントメーカーとの力の差、スラムは北米と女子プロレースを中心に転換

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013