新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

とある男の挑戦、日本最速縦断記録更新を狙う元番組プロデューサーが今日北海道をスタート!人生の選択でチャレンジャーとなることを選択した男は果たして記録を更新できるのか? アルーとD.マーティンがUAEチームエミレーツに移籍!ブエルタで躍動した遅咲きの元陸上選手ウッズはキャノンデールの新チームに残留決定 ツアー・オブ・ターキーで3連勝を含め6ステージ4勝!サム・ベネットが来シーズンへ向け大きなステップ!最強スプリンター争いに名乗りを上げる! アンチ・ドーピング団体関係者が語る、メカニカルドーピングがなぜ今起きているのか、技術革新に伴い増加するメカニカルドーピングへの対策は? カジュアルでおしゃれなVALETTEのウェアに新たにポケスエットが登場!サイクリストの象徴でもあるバックポケットがついったスエットでこれからの季節を満喫しよう! 「ウィギンスの記録や破れない記録ではない」トラック競技のスペシャリスト、ビュークボームが来年8月にアワーレコードへの挑戦を表明!ウィギンスの絶対と思われた記録は破られるのか? 「レースでのパワーメーター使用を中止すべき」コンタドールがレース中の使用がレースをつまらなくさせていると指摘、パワーメーターは果たしてレースにほんとうに必要か? サイクリングウェア ブランドナビ
2017/4/20 18:05

フレッシュ・ワロンヌ2017

フレッシュ・ワロンヌ2017:最強すぎる絶好調男!バルベルデがユイの壁で圧倒的加速で圧勝!これで今大会前人未到の4連覇で5勝目!Dマーティンが2位争いを制すも笑顔なし


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
ジルベールの未出走でその注目がアレハンドロ・バルベルデ(モビスター)の大会4連覇、通算5勝目に注目が集まる中、その渦中のバルベルデはライバル達の激しいマークを無に帰す圧倒的な走りをユイの壁で見せた。最後は余裕でガッツポーズ、自ら大会4連覇と5勝目を祝った。今シーズンすでにメジャーなステージレース3度総合優勝を果たしている36歳、来週37歳になるバルベルデはその勝利だけに飽き足らず、今度はクラシックのワンデイレースまで制してしまった。衰え知らずな男の快進撃はまだまだ続きそうだ。


『4連覇、通算5勝目 ©Tim D.Waele』

『狙ってのクラシック勝利、アッパレというほかない ©Tim D.Waele』
「自信と実力だよ。今日はチームメイトがスタートからこの勝利のために動いてくれた。あとは僕が自信を持って勝利をもぎ取るだけだったよ。レース前から勝つ自信があったし、このレースは僕の為にあったんだよ。」バルベルデはレース前から勝利を確信するほどに自信に満ち溢れていた。


『黄色が似合うのがロードレース ©Tim D.Waele』
アルデンヌクラシック第2戦、フレッシュ・ワロンヌはレースは序盤から動いた。例年ゴールのユイの壁勝負になっており、当然今年もその結末が予測される中でも、逃げは必然的に発生、6名が飛び出しレースのペースを作る。そのタイム差は6分にまで広がるが、やはりこの日の主役はモビスターだった。そして残り60辧▲罐い諒匹悗琉貪挂椶瞭容で一気にレースは動き出す。

逃げが残り3人となり、アレッサンドロ・デ・マルキ(BMC)がまずアタックを決めるが、これはまず潰される。しかし最後の一人の逃げが吸収されるとデ・マルキが再びアタック、今度は独走態勢へと持ち込んでいく。しかし集団はこれを20秒ほどのタイム差で泳がせる。


『ユンゲルスとデ・マルキが素晴らしい走りを見せた ©Tim D.Waele』
そして2度めのユイの壁では今度はボブ・ユンゲルス(クイックステップ・フロアーズ)が飛び出し、デ・マルキに合流、2人は協調するがやはりタイム差は広がらない。そして残り12kmではユンゲルスがデ・マルキを置き去りにし単独でゴールを狙う。独走力のあるユンゲルスはタイム差を広げ、追走のメイン集団とは50秒差まで広がる。

ユンゲルスの走りは絶好調、逃げ切りの可能性すら垣間見えるほどの素晴らしい走りを見せる。チームスカイやボーラ・ハンスグロエ、キャノンデールらが積極的な追走を始めると、徐々にその差は詰まっていいくが、残リ2劼任發泙25秒差のタイムアドバンテージがユンゲルスに残されていた。


『ユンゲルスの背後に迫る集団 ©Tim D.Waele』
そして始まったユイの壁の最終バトル、必死に逃げるユンゲルスだったが、残り1kmを切り勾配がきつくなると失速、するとメイン集団が波のようにそれを飲み込んでいく。ディエゴ・ローザ(チームスカイ)がエースのミカル・クウィアトコウスキー(チームスカイ)を引き連れぐんぐんとペースを上げ、それをバルベルデもマークする。他のライバル達は皆バルベルデ徹底マーク、その仕掛けを待っているが、これこそがライバル全員の敗因だった。


『素晴らしい加速で激坂を駆け上がる ©Tim D.Waele』

『振り返りその距離を確認 ©Tim D.Waele』
残り200m、勝負どころをわきまえたバルベルデが加速をすると、その圧倒的な加速の前にライバル達は一気に遅れてしまう。そのままバルベルデは後続との差を一気に広げ、ゴールでは余裕で弓矢を射るパフォーマンスを見せた。

その背後では伏兵のディラン・テウンス(BMC)が必死の追走を見せる。だがゴール手前でダニエル・マーティン(クイックステップ・フロアーズ)がそれをかわし2位、テウンスは3位に終わったが、誰も予想しなかった伏兵の表彰台獲得、今後が楽しみだ。


『勝利を射抜いたバルベルデ ©Tim D.Waele』
この大会を3連覇しているバルベルデをいかに止めるかということが、各チームに与えられた課題だった。しかし結局レースが始まる前から集団は蛇に睨まれた蛙状態、バルベルデの掌の上で踊らされていた。「もちろん来年大会5連覇を狙うよ。いっただr,このレースは僕のためにあるんだよ。」バルベルデは笑顔でそう答える中、2位のD.マーティンは「バルベルデが引退しないと勝てない。あの爆発力には誰も対応できないよ。」と半ば呆れ顔で語った。

フレッシュ・ワロンヌ2017
優勝 アレハンドロ・バルベルデ(モビスター)   5h15’37”
2位 ダニエル・マーティン(クイックステップ・フロアーズ)   +01”
3位 ディラン・テウンス(BMC)
4位 セルジオ・エナオ・モントーヤ(チームスカイ)
5位 ミカエル・アルバジーニ(オリカ・スコット)
6位 ワーレン・バーギル(チームサンウェブ)
7位 ミカル・クウィアトコウスキー(チームスカイ)
8位 ルディー・モラード(FDJ)
9位 ダビ・ガウドゥ(FDJ)
10位 ディエゴ・ウリッシ(UAEチームエミレーツ)

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. とある男の挑戦、日本最速縦断記録更新を狙う元番組プロデューサーが今日北海道をスタート!人生の選択でチャレンジャーとなることを選択した男は果たして記録を更新できるのか? 2. アルーとD.マーティンがUAEチームエミレーツに移籍!ブエルタで躍動した遅咲きの元陸上選手ウッズはキャノンデールの新チームに残留決定 3. ツアー・オブ・ターキーで3連勝を含め6ステージ4勝!サム・ベネットが来シーズンへ向け大きなステップ!最強スプリンター争いに名乗りを上げる! 4. アンチ・ドーピング団体関係者が語る、メカニカルドーピングがなぜ今起きているのか、技術革新に伴い増加するメカニカルドーピングへの対策は? 5. カジュアルでおしゃれなVALETTEのウェアに新たにポケスエットが登場!サイクリストの象徴でもあるバックポケットがついったスエットでこれからの季節を満喫しよう! 6. 「ウィギンスの記録や破れない記録ではない」トラック競技のスペシャリスト、ビュークボームが来年8月にアワーレコードへの挑戦を表明!ウィギンスの絶対と思われた記録は破られるのか? 7. 「レースでのパワーメーター使用を中止すべき」コンタドールがレース中の使用がレースをつまらなくさせていると指摘、パワーメーターは果たしてレースにほんとうに必要か? 8. サイクリングウェア ブランドナビ 9. VALETTEが大好評のポケTにカジュアルな無地タイプを追加!いつでもどこでも心地よい肌触りのポケTでさり気なく粋な大人のサイクリストアピール! 10. イル・ロンバルディア:今シーズングランツール無冠の男が意地の走り!独走勝利で2度めの落ち葉のクラシック制覇!アラフィリップが追走集団から飛び出し2位、お騒がせ中のモスコンが3位

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013