新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

ジロ・デ・イタリア第14ステージ:デュムランが会心の一撃でライバルたちを粉砕!キンターナやニーバリもその餌食に!マイペースで粘った末に攻撃、これがデュムランスタイル ジロ・デ・イタリア第16ステージ選手コメント:「ライバルのアクシデントでタイムが稼げても嬉しくないよ」〜デュムラン、 「ただ今年のジロが極めてレベルが高いってことだよ」〜ニーバリ ジロ・デ・イタリア第15ステージ:クラッシックレースさながらのステージは総合勢による少数スプリントに!制したのはユンゲルス!クイックステップはチーム5勝目!キンターナ2位、ピノー3位 ジロ・デ・イタリア第13ステージ選手コメント:「 ガヴィリアが頭の回転が速いからなんだよ。だからあんなややこしい中でもきっちりとゴールまでの進路を思い描けるんだよ」〜リケーゼ ツアー・オブ・カリフォルニア第6ステージ:TTで総合勢シャッフル!ベネットが総合リーダーに!ステージ優勝はジョナサン・ディベンが想定外の勝利! ジロ・デ・イタリア第13ステージ:スプリントステージを制したのはまたしてもがヴィリア!ステージ連勝で今大会早くも4勝目!冴えるリケーゼのアシストワーク!ベネットまた勝てず ジロ・デ・イタリア第12ステージコメント:「誰かステージスタートの会場まで乗せてくれない?チームバスは僕を置いていくことを決めて行ってしまったよ(笑)。」〜ゲシュケ ツアー・オブ・カリフォルニア第5ステージ:勝利がなかったキャノンデール・ドラパックにようやく美酒の味、タランスキーが山岳ステージ勝利で総合でもジャンプアップ!
2017/4/18 10:03

ジルベールが残りのアルデンヌクラシック欠場

ジルベールが腎臓損傷で残りのアルデンヌクラシック出場せず休養へ!落車で腎臓損傷しながらもアムステルを制したメンタルの強さ


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
まさかの展開が待っていた。完全復活、ツアー・オブ・フランダースとアムステルゴールドレースの2つのクラシックを制し、残りのアルデンヌクラシックでも圧倒的優勝候補に名前が上がっていたフィリップ・ジルベール(クイックステップ・フロアーズ)だったが、勝利したアムステルゴールドレース中の落車のダメージは想像以上に大きく、残りのアルデンヌクラシック出場をキャンセルせざるを得ない状況となった。

診断の結果は右腎臓の損傷、最低でも一週間の静養が必要なため、フレッシュ・ワロンヌとリエージュ・バストーニュ・リエージュへの出場は不可能となった。


『まさかの怪我で残りのアルデンヌクラシック欠場 ©Tim D.Waele』
「落車した時に、確かに痛かったんだよね。でもレース中だし、当然また自転車にまたがってレースを再開したんだよね。レース中は段々と痛みが引いていったんだけど、レースが終わった途端痛みがぶり返したんだよ。それでチームドクターに相談したら即病院送り、そしてその結果右腎臓に傷が入っていたんだよ。不幸中の幸いと言うか、一週間ほどの静養で練習が再開できるから落ち着いてはいるよ。」ジルベールは24時間の経過観察入院中の病院で語った。

「ここまでが順調すぎだったからね。北のクラシックとアルデンヌ、両方で勝利できたからね。最高のチームで最高の結果を残せているから、今回のことはしょうがないと割り切れるよ。絶好調だったから、2011年以来のアルデンヌクラシックスイープ(3連勝)を狙っていたんだけど、それが狙えなくなってしまったのは残念だね。でもチームは好調だから、僕の代わりに誰かが結果を残してくれると思うよ。」再び上昇カーブを描いている男のメンタルは強い。


『手負いでも勝利してしまう男 ©Tim D.Waele』
チームにとってはまさかの展開、選手層の分厚いチームだからこそ他の選手の奮起を呼び起こしそうだ。ただクイックステップ・フロアーズとしては、ボーネンの引退とジルベールの離脱に加え、パリ〜ルーベではチームに供給されていたスペシャライズドの試作品のパーツを使っていたルーベを使用してしまったニキ・テルプストラがその破損の影響で落車、2位に入ったゼネク・スティバーもスタジアムセクションで観客に腕を掴まれそうになりあわや落車、など主力が次々不運なトラブルに見舞われているだけに、結果を残していながらも関係者の表情は渋い。

残りのアルデンヌクラシックではジルベールの激走は見られなくなったが、復帰後のレースでまた大暴れしてくれるだろう。

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. ジロ・デ・イタリア第14ステージ:デュムランが会心の一撃でライバルたちを粉砕!キンターナやニーバリもその餌食に!マイペースで粘った末に攻撃、これがデュムランスタイル 2. ジロ・デ・イタリア第16ステージ選手コメント:「ライバルのアクシデントでタイムが稼げても嬉しくないよ」〜デュムラン、 「ただ今年のジロが極めてレベルが高いってことだよ」〜ニーバリ 3. ジロ・デ・イタリア第15ステージ:クラッシックレースさながらのステージは総合勢による少数スプリントに!制したのはユンゲルス!クイックステップはチーム5勝目!キンターナ2位、ピノー3位 4. ジロ・デ・イタリア第13ステージ選手コメント:「 ガヴィリアが頭の回転が速いからなんだよ。だからあんなややこしい中でもきっちりとゴールまでの進路を思い描けるんだよ」〜リケーゼ 5. ツアー・オブ・カリフォルニア第6ステージ:TTで総合勢シャッフル!ベネットが総合リーダーに!ステージ優勝はジョナサン・ディベンが想定外の勝利! 6. ジロ・デ・イタリア第13ステージ:スプリントステージを制したのはまたしてもがヴィリア!ステージ連勝で今大会早くも4勝目!冴えるリケーゼのアシストワーク!ベネットまた勝てず 7. ジロ・デ・イタリア第12ステージコメント:「誰かステージスタートの会場まで乗せてくれない?チームバスは僕を置いていくことを決めて行ってしまったよ(笑)。」〜ゲシュケ 8. ツアー・オブ・カリフォルニア第5ステージ:勝利がなかったキャノンデール・ドラパックにようやく美酒の味、タランスキーが山岳ステージ勝利で総合でもジャンプアップ! 9. ジロ・デ・イタリア第14ステージ選手コメント:「今日はデュムランのクライマーとしての資質を感じたよ。今日のところは僕の完敗だったよ。」〜キンターナ 10. ツアー・オブ・カリフォルニア第4ステージ:下克上達成!コンチネンタルチームのラリーレーシングがワールドツアーチーム相手に逃げ切りからのスプリントでワン・ツーフィニッシュの快挙!

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013