新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

いよいよROTORの油圧コンポUNOが2018年度はレースシーン挑戦へ!油圧軽量コンポに未来はあるのか? コラム:人はなぜ軽量化に魅せられるのか、0.1gを削ることに命をかけるという自転車の楽しみ方、乗るだけではない、ある一つの自転車の楽しみ方の形 鉄人46歳レベッリンがコンチネンタルチームで現役続行!ベルギーの新チームに加入で来シーズンも暴れまくり! 2年連続のダブルを狙う男、1年間(365日)以内に3大グランツールを狙う男、絶対王者フルームの光!それを阻止すべくジロで立ちはだかるのは昨年度王者デュムラン、ニーバリとアルーか? ロードのタイヤが太くなっていくことの意味はあるのか?現代に与えられた乗り方に合わせた多様性、あなたはどちらを選ぶ?自分自身とバイクを考えて適切なタイヤ幅選択を ジロ・デ・イタリア2018プレゼンテーション、混沌の地イスラエルスタート、「スポーツに国境はない」 はずが論議を呼び正式資料が2転3転、そしてついにフルームがジロ制覇へ向け参戦決定 ショップで買うべき?海外通販で買うべき?それぞれのメリット・デメリットとは?メーカーやショップの対応は?自分に適したスタイルでショッピングを楽しむ極意 ブラックフライデー最終週!海外の大セール期間で来年度用の機材をそろえろ!自分へのご褒美に、相方へのプレゼントに、今ならほしかった商品が安く買える大チャンス!
2017/4/18 10:03

ジルベールが残りのアルデンヌクラシック欠場

ジルベールが腎臓損傷で残りのアルデンヌクラシック出場せず休養へ!落車で腎臓損傷しながらもアムステルを制したメンタルの強さ


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
まさかの展開が待っていた。完全復活、ツアー・オブ・フランダースとアムステルゴールドレースの2つのクラシックを制し、残りのアルデンヌクラシックでも圧倒的優勝候補に名前が上がっていたフィリップ・ジルベール(クイックステップ・フロアーズ)だったが、勝利したアムステルゴールドレース中の落車のダメージは想像以上に大きく、残りのアルデンヌクラシック出場をキャンセルせざるを得ない状況となった。

診断の結果は右腎臓の損傷、最低でも一週間の静養が必要なため、フレッシュ・ワロンヌとリエージュ・バストーニュ・リエージュへの出場は不可能となった。


『まさかの怪我で残りのアルデンヌクラシック欠場 ©Tim D.Waele』
「落車した時に、確かに痛かったんだよね。でもレース中だし、当然また自転車にまたがってレースを再開したんだよね。レース中は段々と痛みが引いていったんだけど、レースが終わった途端痛みがぶり返したんだよ。それでチームドクターに相談したら即病院送り、そしてその結果右腎臓に傷が入っていたんだよ。不幸中の幸いと言うか、一週間ほどの静養で練習が再開できるから落ち着いてはいるよ。」ジルベールは24時間の経過観察入院中の病院で語った。

「ここまでが順調すぎだったからね。北のクラシックとアルデンヌ、両方で勝利できたからね。最高のチームで最高の結果を残せているから、今回のことはしょうがないと割り切れるよ。絶好調だったから、2011年以来のアルデンヌクラシックスイープ(3連勝)を狙っていたんだけど、それが狙えなくなってしまったのは残念だね。でもチームは好調だから、僕の代わりに誰かが結果を残してくれると思うよ。」再び上昇カーブを描いている男のメンタルは強い。


『手負いでも勝利してしまう男 ©Tim D.Waele』
チームにとってはまさかの展開、選手層の分厚いチームだからこそ他の選手の奮起を呼び起こしそうだ。ただクイックステップ・フロアーズとしては、ボーネンの引退とジルベールの離脱に加え、パリ〜ルーベではチームに供給されていたスペシャライズドの試作品のパーツを使っていたルーベを使用してしまったニキ・テルプストラがその破損の影響で落車、2位に入ったゼネク・スティバーもスタジアムセクションで観客に腕を掴まれそうになりあわや落車、など主力が次々不運なトラブルに見舞われているだけに、結果を残していながらも関係者の表情は渋い。

残りのアルデンヌクラシックではジルベールの激走は見られなくなったが、復帰後のレースでまた大暴れしてくれるだろう。

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:SIXTH_310x174_20150826(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. いよいよROTORの油圧コンポUNOが2018年度はレースシーン挑戦へ!油圧軽量コンポに未来はあるのか? 2. コラム:人はなぜ軽量化に魅せられるのか、0.1gを削ることに命をかけるという自転車の楽しみ方、乗るだけではない、ある一つの自転車の楽しみ方の形 3. 鉄人46歳レベッリンがコンチネンタルチームで現役続行!ベルギーの新チームに加入で来シーズンも暴れまくり! 4. 2年連続のダブルを狙う男、1年間(365日)以内に3大グランツールを狙う男、絶対王者フルームの光!それを阻止すべくジロで立ちはだかるのは昨年度王者デュムラン、ニーバリとアルーか? 5. ロードのタイヤが太くなっていくことの意味はあるのか?現代に与えられた乗り方に合わせた多様性、あなたはどちらを選ぶ?自分自身とバイクを考えて適切なタイヤ幅選択を 6. ジロ・デ・イタリア2018プレゼンテーション、混沌の地イスラエルスタート、「スポーツに国境はない」 はずが論議を呼び正式資料が2転3転、そしてついにフルームがジロ制覇へ向け参戦決定 7. ショップで買うべき?海外通販で買うべき?それぞれのメリット・デメリットとは?メーカーやショップの対応は?自分に適したスタイルでショッピングを楽しむ極意 8. ブラックフライデー最終週!海外の大セール期間で来年度用の機材をそろえろ!自分へのご褒美に、相方へのプレゼントに、今ならほしかった商品が安く買える大チャンス! 9. 冬の必需品、バレットのパッカブルに新デザイン登場!肌寒い時にもう一枚、簡単に羽織れ小さく畳める便利なウィンドブレーカーの決定版! 10. コラム:シマノという巨人、ツールで機材バトルで圧勝、ツール全ステージDi2が勝利で見えてきたライバルコンポーネントメーカーとの力の差、スラムは北米と女子プロレースを中心に転換

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013